クラウドストライクが新アップグレード「Raptor」を発表 Falconプラットフォームの進化とは

クラウドストライクがFalconプラットフォームの新しいアップグレード「Raptor」を発表した。何が変わるのだろうか。

» 2023年09月26日 11時15分 公開
[後藤大地有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 クラウドストライクは2023年9月25日、「CrowdStrike Falconプラットフォーム」(以下、Falconプラットフォーム)の新たなアップグレード「Raptor」を発表した。

クラウドストライクが「Raptor」を発表(出典:PR TIMES)

RaptorでFalconプラットフォームがどう変わる

 Raptorによって、ユーザーは「CrowdStrike Falcon LogScale」と同じ技術が利用できるようになる。具体的にはペタバイト規模の超高速データ収集や検索、ストレージ機能、「Charlotte AI Investigator」を活用した生成AI(人工知能)ベースの調査などだ。

 Raptorに含まれる機能は以下の通りだ。

  • Charlotte AI Investigatorを搭載したAIベースインシデントクリエイタ: インシデント資料の作成や調査をAIで自動化し、高速化と効率化を実現。Charlotte AI Investigatorが収集したデータに基づいて、関連するデータを自動でまとめ、大規模言語モデル(LLM)で誰もが理解しやすいインシデントサマリーにまとめる
  • 拡張検出とXDRの提供: 「CrowdStrike EDR」を利用している全てのユーザーが、ネイティブXDRを使用でき、エンドポイントやID、クラウド、データ保護に関するテレメトリーを活用できる
  • XDR Incident Workbench: EDR/XDR向けに再設計された超高速なユーザーエクスペリエンスによって、インシデント調査と対応時間の短縮化を実現
  • 協働型インシデントコマンドセンター: 信頼できる一元的な情報源に基づいて、時間や場所に制約されることなくセキュリティアナリストとリアルタイムに協力したインシデント対応を実現
  • 超高速検索: 膨大な量のデータに対して検索を行い、1秒未満で結果を得られる

 Raptorへのアップグレードは、2023年9月下旬から2024年度にかけて、Falconプラットフォームを使用している全てのユーザーに提供される予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR