連載
» 2003年02月04日 12時00分 公開

【改訂版】初歩のUML:第1回 まずはUMLのクラス図を書いてみよう

[萩本順三,株式会社豆蔵]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

読者のみなさま


 ずっとストップしていました「初歩のUML」。第4回をお待ちになっていた方々には、大変ご迷惑をおかけしました。このたび@IT編集局と協議した結果、「初歩のUML」を12回程度の本格的な連載にすることになりました。そこで、第1回〜第3回の改訂したものを2月中にリリースし、第4回を3月初旬にリリースすることにしました。

 第4回では、モデルのJavaによる実装についてお話する予定でしたが、連載改訂案ではまず、言語から離れた形でモデリングの本質を理解していただき、その後UMLとJavaのマッピングについても取り上げるように考えております。

 本連載では、UMLの表記法を説明するというよりも、モデリングの本質的な目的と意義・効果を通して、必要性を理解していただくことを目標とします。どうぞこれからも初歩のUMLをお楽しみください。


萩本順三



  UML(Unified Modeling Language:統一モデリング言語)は、フローを書くとソースコードのほとんどを自動生成してしまうような旧来の似非CASEツールの一部のように思っている方も多いようです。UMLは、そのようなものではありません。

 「UMLはオブジェクト指向を使ってモデリングする際に使われる統一的な言語なのです」といっても、何のことかよく分からないですよね。最近書店に行くとUMLコーナーができるくらい、ものすごい人気。過剰ともいえる盛り上がりを見せています。現在はソフトウェア技術者だけがUMLユーザーとなっていますが、今後何年かの間に普通のビジネスマンがUMLを使用することになるでしょう。ビジネスの構造をとらえる手法(ビジネスモデリング)としてUMLはすでに使われはじめているからです。このことは、オブジェクト指向という考え方がビジネスをモデリングする際にも有効であるということを意味しているのです。このように大人気のUMLの正体とは、いったいどんなものなのでしょうか?

 そのことを知るには、まずモデリングとは何かということを考える必要があります。モデリングとは「対象問題について深い理解を得るために、その対象をある目的または観点から眺め、細かくて余計な部分を取り除くことで、本質的な部分だけを浮かび上がらせる方法」なのです。

 UMLは、オブジェクト指向をベースとするソフトウェアの構造をソースコードよりも抽象化した形で構造的かつ形式的に表記する言語を提供します。UMLというモデリング言語を使って頭の中でソフトウェアの構造を整理することが「モデリング」という行為そのものであり、その結果作成された成果が「モデル」です。

 UMLによるモデリングを学んでいくことで、ソフトウェアの構造を、少ない情報量で多くの知識をほかの人に伝えることができるようになります。

なぜUMLを使うのか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -