ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「【改訂版】初歩のUML」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「【改訂版】初歩のUML」に関する情報が集まったページです。

【改訂版】初歩のUML:
第5回 少しだけ高度なモデリング技術(その2)クラスの依存関係と実現関係
 今回も「第4回 少しだけ高度なモデリング技術(その1)」に引き続き、高度なモデリングの考え方についてクラス図を取り上げて説明していきます。今回取り上げるのはクラスの依存関係と実現関係です。(2012/10/1)

【改訂版】初歩のUML(13):
UMLモデリングのノウハウ、最後の秘訣(UMLモデリングの開発過程 開発編その2)
(2004/1/10)

【改訂版】初歩のUML(12):
UMLモデリングの開発過程 開発編
(2003/12/20)

【改訂版】初歩のUML:
第11回 UMLモデリングの開発過程(ビジネスモデリング編)
(2003/11/15)

【改訂版】初歩のUML:
第10回 開発プロセスの上手な組み合わせ
(2003/10/8)

【改訂版】初歩のUML:
第9回 UMLベース開発プロセスの流れ
(2003/8/19)

【改訂版】初歩のUML:
第8回 顧客の要求をユースケースに反映させる
(2003/7/5)

【改訂版】初歩のUML:
オブジェクトの動的側面を見極める
今回は、前回の店舗と売り上げのモデルを例に、オブジェクトの動的側面を観察するためのモデリングについて説明していきます。(2003/6/5)

【改訂版】初歩のUML:
第6回 「関連」の理解をさらに深める
 第5回「クラスの依存関係と実現関係」までクラス図におけるさまざまな「関連」を説明してきました。では実際に、これらをどのように使ってモデリングするのでしょうか?今回は、店舗の売り上げを例に、関連の理解をさらに深めていきましょう。(2003/5/2)

【改訂版】初歩のUML:
第4回 少しだけ高度なモデリング技術(その1)関連クラスと集約、コンポジション
 今回と次回はクラス図を中心に、少しだけ高度なモデリングの考え方について取り上げていきます。今回のメインテーマは、関連クラスと集約、コンポジションについてです。そして裏のテーマは、「モデルはモデリングの目的を明確にすることによって初めて価値が生まれることを知る」です。それってどんな事って? それは本号をじっくり読みながら、じんわり味わってください。(2003/3/4)

【改訂版】初歩のUML:
第3回 モデリングにおける「汎化」と「特化」
 今回もクラス図を中心に説明していきます。ユースケース図などの話が聞きたい方、もう少々お待ちくださいね。今回は、「汎化-特化」の関係(generalization-specialization)について説明をします。(2003/2/18)

【改訂版】初歩のUML:
第2回 クラス図の詳細化とその目的
(2003/2/11)

【改訂版】初歩のUML:
第1回 まずはUMLのクラス図を書いてみよう
(2003/2/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。