連載
» 2007年08月30日 12時00分 公開

第1回 失敗しないビジネスブログの始め方ビジネスブログはじめの一歩(2/2 ページ)

[中山順司,シックス・アパート株式会社]
前のページへ 1|2       

物足りない企業の情報発信

 もう1つ、ブロガーの特徴として「人一倍強い情報への飢餓感」が挙げられます。ブロガーはITリテラシーが比較的高く、インターネットを使った情報収集力にはたけています。そんなブロガーが、「企業の発信する情報では満足できない。本当に知りたい情報が探しても見つからない」と訴えています。検索エンジンで情報を瞬時に見つけることができる時代であるにもかかわらず情報に飢えている理由は、単純に「インターネット上に情報がない」からです。検索エンジンの精度がいくら向上しようとも、存在しない情報はヒットしないのは当然です。インターネット上に消費者が求めない情報があふれ、逆に消費者が望む情報はまったく不十分であるという、情報の需要と供給のミスマッチが起きているのです。

ブログで得られた満足感

 例えば転職活動中の人は、入社を検討する企業を見極めるために、会社資料や公式ウェブサイトにくまなく目を通すでしょう。ですが、そこにあるのは表面的かつ公な情報でしかなく、質量共に十分とはいえません。

 「もっと突っ込んだ情報、客観的な情報、信用できる情報を手に入れたい」となれば自分で探すしかありません。そこで過去の報道記事や各種掲示板の履歴を調べるため、情報源を検索エンジンに求めるわけです。

 私もシックス・アパートへ転職するとき、同じことをしました。

 入社前の当時、シックス・アパートと別のもう1社から同時に内定をいただき、判断に迷った私は検索エンジンに情報を求めました。調べた結果、2社の情報量の差は歴然としていました。シックス・アパートはブログの企業なので当たり前なのですが、会社のブログ記事はもちろん、社員のブログ記事が読み切れないほど簡単に見つかったのです。

 社員のブログから社内の雰囲気や仕事のスタイルを知り、上司となるであろう方のブログから価値観や最近興味があることを知り、会社設立の背景やプライベートな趣味を語っている社長のインタビューをポッドキャスティングで聞くなど、さまざまな角度と視点から会社のリアルな肉声に触れることができ、私は探していた以上の情報が得られたような満足感を味わいました。

ブロガーの声に耳を澄ませよう

 これはあくまで個人的な一例ですが、ブログがなければ決して得られなかった大量かつオープンな情報発信を通じてシックス・アパートについて理解を深め、やがて信頼感が芽生えたのです。そしていま、このようにシックス・アパートの一員となっているわけです。

 今回の締めくくりとして、覚えていただきたいのは次の3点です。

  1. ブロガーはインターネットユーザーの4人に1人(推測値)
  2. ブロガーは企業との積極的なコミュニケーションを望む
  3. ブロガーは情報に貪欲

 コミュニケーションという言葉は、ラテン語で「分かち合うこと」を意味するように、一方通行なものではなく、双方向で受発信し合って成立するものです。ブロガーへ向けて語ると同時に、ブロガーの声に耳を澄ませてみましょう。ブロガーは、きっとあなたからの「声掛け」を待っています。

 次回からは事例紹介を交えつつ、実際のブログ導入に向けた準備および注意事項について、具体的に掘り下げていこうと思います。

筆者プロフィール

中山 順司(なかやま じゅんじ)

シックス・アパート株式会社 マーケティング シニアマネジャー

愛知県出身。携帯電話キャリア、ITベンチャーを経て、現在はブログ・ソフトウェアベンダーのシックス・アパートでマーケティングに従事。これまで一貫してマーケティング業務に携わっている。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ