ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年04月19日 22時50分 公開

アイリバー、5色の多機能プレーヤー「iFP-800」シリーズ

アイリバー・ジャパンは4月19日、フラッシュメモリ内蔵のポータブルオーディオプレーヤー「iFP-800」シリーズを発表した。内蔵メモリの容量とボディカラーの違いにより、5モデルをラインアップ。5月上旬から順次発売する。

[ITmedia]

 アイリバー・ジャパンは4月19日、フラッシュメモリ内蔵のポータブルオーディオプレーヤー「iFP-800」シリーズを発表した。内蔵メモリの容量とボディカラーの違いにより、5モデルをラインアップ。5月上旬から順次発売する。

photo 内蔵メモリとカラーによって5製品をラインアップ。基本機能は同じ。
機種名 iFP-880 iFP-890 iFP-890 iFP-895 iFP-899
メモリ 128Mバイト 256Mバイト 256Mバイト 512Mバイト 1Gバイト
カラー ブルー パールホワイト メタリックレッド シャンパーニュ ルビーレッド
実売予想価格 1万9800円 2万5800円 2万5800円 3万6800円 5万7800円
発売時期 5月上旬 5月中旬
実売予想価格はいずれも税込み

 本体サイズは、いずれも88.5(縦)×36.2(横)×27.3(奥行き)ミリ。重量は約60グラム(電池込み)。液晶画面には、ブルーのバックライト付き4ライングラフィックLCDを採用しており、日本語表示はもちろん、40カ国語を表示できる。

 対応フォーマットはMP3/WMA/OGG/ASFの4種類。単3アルカリ乾電池1本で最大40時間の連続再生が可能だ(バックライトなしで128Kbps MP3、ボリューム20のとき)。パソコンとのインタフェースはUSB2.0で、近日公開のファームウェアにより、USBマスストレージクラスにも対応するという。このほか、FMチューナー、内蔵マイクを使ったボイスレコーディング機能、CDプレーヤーなどのオーディオ機器から直接音楽を取り込める「ダイレクトエンコーディング」といった機能を搭載した。

 アイリバーでは、「iFP-880」(128Mバイト、ブルー)と「iFP-890」(256Mバイト、パールホワイト)を5月上旬に、続いて5月中旬から「iFP-890」(256Mバイト、メタリックレッド)、「iFP-895」(512Mバイト、シャンパーニュ)、「iFP-899」(1Gバイト、ルビーレッド)の3モデルを発売する予定だ。価格はいずれもオープンプライス(実売予想価格は上表を参照)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.