ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年07月06日 21時05分 公開

DVDプレーヤー販売ランキング(2004年6月21日〜2004年6月27日):DVDプレーヤーも人気は“VHS一体型”

GfK Japan提供のDVDプレーヤー売れ筋ランキング。6月第4週は“VHS一体型”がトップ10のうち4機種もランクインするなどDVDレコーダーと同様の動きを見せた。まだまだVHSデッキのニーズは高い。

[西坂真人,ITmedia]
順位 前回 メーカ名 型番 発売年月日 標準価格
1  1 三菱電機 DJ-P230 2004/3/26 オープン
2  4 東芝 SD-V300 2003/10/1 オープン
3  3 ソニー SLV-D373P 2004/5/1 オープン
4  5 パイオニア DV-474 2004/5/1 オープン
5  9 メムテック MDP2020 2003/11/1 オープン
6  6 ソニー DVP-NS575P 2004/5/1 オープン
7  2 松下電器産業 DVD-S37 2004/4/20 オープン
8  8 松下電器産業 NV-VP31 2003/10/10 オープン
9  12 三菱電機 DJ-VG130 2004/4/26 オープン
10  10 東芝 SD-P1400 2004/4/1 オープン

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています

 GfK Japanが全国家電量販店の販売データを集計したDVDプレーヤー売れ筋ランキング。6月第4週は、前週に引き続き三菱電機のスリムな据置型「DJ-P230」がトップの座を射止めた。実売が1万円を切る低価格にもかかわらず、CPRMディスク再生対応、192KHz/24ビットD/Aコンバータ搭載、プログレッシブ対応という基本性能の高さが人気の秘密だ。

 2位以降を見ると、型番に「V」の字が並ぶ機種が多い。そう、これはVHS(VTR)の「V」、つまりVHS一体型DVDプレーヤーを表している。2位の東芝「SD-V300」、3位のソニー「SLV-D373P」、8位の松下電器産業「NV-VP31」、9位の三菱電機「DJ-VG130」と、トップ10のうち4機種もVHS一体型DVDプレーヤーがランクインしているのだ。VHS一体型が4割を占めるという結果は、同期間に集計したDVDレコーダーのランキングと同じだ。

 VHS一体型4機種の実売はいずれも2万〜2万5000円前後と、プラス1万円でVHSデッキがついてくるなど価格面でのアピール度も高い。逆に“VHSデッキにDVDプレーヤーがついてくる”と考えるユーザーも少なくないだろう。まだまだVHSデッキのニーズは高いというわけだ。

 このほかにも5月末に発売した日立製作所「DV-PF7」、6月1日発売の三洋電機「VZ-DV3G」、6月10日発売のビクター「HR-DV4」と新製品が次々と市場に投入されており、気が付けば大手家電メーカーのほとんどがVHS一体型DVDプレーヤーをラインアップしている。この傾向もDVDレコーダーと似ている。

 どうしても手放せないVHSのテープライブラリー。“VHS一体型”となって過去の遺産との互換性を図る役目を担うのは、DVDプレーヤーか、それともDVDレコーダーか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.