ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年07月27日 22時56分 公開

ケータイから「DIGA」に写真を保存、ナノ・メディアの「写ポン」

ナノ・メディアは、松下電器産業のDVDレコーダー「DIGA」シリーズのHDDを利用した写真データの保存・閲覧サービスを7月28日から提供する。名称は「写真ポケットサービス」(写ポン)。

[ITmedia]

 ナノ・メディアは、松下電器産業のDVDレコーダー「DIGA」シリーズのHDDを利用した写真データの保存・閲覧サービスを7月28日から提供する。名称は「写真ポケットサービス」(写ポン)。

 写ポンは、携帯電話やデジカメで撮った写真データを指定のメールアドレスに送信すると、自宅のDIGAのハードディスクに保存されるというもの。保存された写真は、DIGAで閲覧できるほか、携帯電話やパソコンを通じて外出先から見ることも可能だ。なお、送信できる画像は最大200Kバイトまでとなる。

photo 写真ポケットサービスの利用イメージ(クリックで拡大)

 対応機種は、DIGA「DMR-E95H」とブロードバンドレシーバー「DY-NET2」の組み合わせ。ADSLなどの常時接続環境も必要だ。

 写ポンは、松下電器産業のプラットフォームサービス「DIMORA」で展開中のEPG配信サービス「TVnano/番組サーチ」の中で提供する。TVnanoのサービス料金は、月額200円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.