ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年11月30日 19時28分 公開

ソニー、フラッシュメモリタイプのプレーヤーもMP3に対応

MP3対応HDDウォークマンと同時に発表された、フラッシュメモリプレーヤー「NW-E95」もMP3に対応する。ただし、MP3の転送には専用アプリを使用する。

[ITmedia]

 ソニーマーケティングは、MP3の再生に対応したフラッシュメモリのポータブルオーディオプレーヤー「NW-E99」を発表、12月10日から発売する。価格はオープンで、実売想定価格は3万円前後。

photo NW-E99

 既に欧州では11月末から発売されることが発表されており(参考記事)、同時に発表されたMP3対応HDDウォークマン「NW-HD3」とあわせて、日本国内でもアナウンスされた格好だ。

 角形のフォルムは発売されている「NW-E95/75」と同様で、本体サイズは56(幅)×37(高さ)×15(奥行き)×ミリ・40グラム。1Gバイトのフラッシュメモリを搭載する。ATRAC3/ATRAC3plusおよびMP3の再生に対応し、最大で約680曲の収録が可能(ATRAC3plus/48kbps、1曲4分で計算)。電源は単4アルカリ乾電池1本を利用し、約70時間の連続再生が可能。を本体カラーはシルバーのみが用意される。

 MP3ファイルについては、添付されているジュークボックスソフト「SonicStage 2.3」を利用してATRAC3/ATRAC3plusに変換した後に利用することができるが、添付される「MP3 FileManager」を利用することによって、ATRAC3/ATRAC3plusへの変換なしに転送することもできる。

 「MP3 FileManager」は、PCへSonicStage 2.3をインストールした後に本製品を接続すると本体内にインストールされる。MP3ファイルを転送する場合には「マイコンピュータ」-「リムーバブルディスク」(本製品)とたどり、本体内にインストールされたMP3 FileManagerをクリックし、開いたウィンドウへPCからMP3ファイルをドラッグ&ドロップすればよい。

 SonicStageを利用する転送とは異なり、チェックイン/アウトの概念がないために本体内のMP3ファイルを消す場合には「消去」を行うことになり、また、SonicStageで転送した音楽ファイルをMP3 FileManagerで確認することも、その逆もできない。本製品にATRAC3/ATRAC3plusとMP3、両方の形式のファイルを転送することはできるが、一覧としてすべてのファイルを確認することはできない。

コーデック ビットレート 最大記録時間
MP3 132kbps 16時間
ATRAC3plus 256kbps 8時間
ATRAC3plus 64kbps 34時間20分
ATRAC3plus 48kbps 46時間40分
ATRAC3 132kbps 16時間40分
ATRAC3 105kbps 21時間
ATRAC3 66kbps 33時間40分

 そのほか、高低音のバランスを8段階(-4〜+3)で調節できる「Digital Sound Preset」や語学学習に便利なセンテンスリピート機能なども備える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.