ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年02月02日 18時10分 公開

NTTBPとNTT Com、都営地下鉄の全駅で公衆無線LANサービスを開始

NTTBPとNTT Comは、都営地下鉄構内における無線LANの設置を発表した。来年3月末までには4路線・全106駅ある都営地下鉄のホーム及びコンコース、改札などで無線LANサービスが利用できる。

[ITmedia]

 エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)とエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(NTT Com)は、都営地下鉄構内における無線LANの設置を発表した。来年3月末までに都営地下鉄新宿線・浅草線・三田線・大江戸線の全106駅のホームやコンコース、改札付近にて公衆無線LANサービスが利用できるようになる。

 設置される無線LAN設備は複数の通信事業者が利用できる仕組みになっており、今年3月末から順次、各駅でNTTBPの「無線LAN倶楽部」、NTT Comの「ホットスポット」、NTT東日本の「フレッツ・スポット」「Mフレッツメイト フレッツ・スポット併用タイプ」、NTTドコモの「Mzone」が利用可能になる。

今年3月末以降に提供される予定のエリア

新宿線 新宿三丁目駅・曙橋駅・市ヶ谷駅・九段下駅・神保町駅・小川町駅・岩本町駅・馬喰横山駅・浜町駅
浅草線 西馬込駅・馬込駅・中延駅・戸越駅・五反田駅・高輪台駅・泉岳寺駅・三田駅・大門駅・新橋駅・東銀座駅

来年3月末までに提供開始される予定のエリア

新宿線 全21駅
浅草線 全20駅
三田線 全27駅
大江戸線 全38駅

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.