ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年02月03日 20時11分 公開

オプトウエアなど6社が「HVDアライアンス」設立

オプトウエアなど6社は2月3日、HVD(Holographic Versatile Disc)の標準化と商品化促進のため、「HVDアライアンス」を設立すると発表した。

[ITmedia]

 オプトウエアなど6社は2月3日、HVD(Holographic Versatile Disc)の標準化と商品化促進のため、「HVDアライアンス」を設立すると発表した。

 参加企業は、オプトウエア、CMCマグネティックス、東亞合成、日本ペイント、パルステック工業、富士写真フイルムの6社。今春の正式発足に向け、会員規約の制定、組織体制の整備等活動に向けての準備を進めるという。

 HVDは、オプトウエアの独自技術「コリニア方式」を用いて、最大1Tバイトの記憶容量と1Gbpsの転送速度を実現する反射型ホログラム光ディスクだ。まず、容量200Gバイトの「記録用HVDカートリッジ」、100Gバイトの「読み取り専用HVD」、30Gバイトの「HVC」、「読み取り専用HVD用ケース」という4項目について、3月からEcmaインターナショナルで標準化に向けた技術的検討が始まる予定。2006年末までに検討を行い、世界標準化に向けてISO(国際標準化機構)へ提案するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.