ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年04月01日 16時11分 公開

ゲオBBがVoDサービスを今夏にも開始、無料体験モニターを募集

ゲオ・ビービー(以下ゲオBB)は4月1日、オンラインレンタルビデオサービス「GEO@チャンネル」を今夏にも本格展開すると発表した。あわせてゲオ北新宿店で無料体験モニターを募集する。

[ITmedia]

 ゲオ・ビービー(以下ゲオBB)は4月1日、オンラインレンタルビデオサービス「GEO@チャンネル」を今夏にも本格展開すると発表した。あわせてゲオ北新宿店で無料体験モニターを募集する。

 ゲオBBは、ビデオ/DVDレンタルのゲオとインデックスの合弁会社。同社が提供する「ゲオ@チャンネル」は、全国に600店舗以上あるゲオショップの会員に向けたVoDサービスで、専用STBをテレビとインターネットに接続し、自宅で映画やドラマをレンタルできるようになる。

 無料体験モニターの募集期間は4月1日から15日まで。北新宿店を利用できる満15歳以上のゲオ会員が対象となる。また、現在OCNのADSLもしくは光回線を利用していて、4Mbps以上の通信速度を確保できていることも条件。体験期間は4月1日から25日までの予定で、洋画、邦画、アニメなどの人気タイトル6作品を無料で視聴できる。ラインアップは「デイ・アフター・トゥモロー」「JSA」「失楽園」など。なお、モニターは体験版キットに含まれるアンケートに回答する必要がある。

 VoDサービスのシステムは、インデックスの子会社であるネオ・インデックスの「Nextensive VOD」を採用する。ネオ・インデックスは既に、ISPやホテル、カラオケボックスなどにVoDシステムを提供中。ワーナー・ブラザースやソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、ブエナ ビスタ インターナショナルなどのハリウッドメジャースタジオや国内配給会社からコンテンツの供給を受け、2005年3月末現在で3000タイトルを揃えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.