ITmedia NEWS >
レビュー
» 2005年07月28日 22時23分 公開

レビュー:片手操作で“快適/快速”――コニカミノルタ「DiMAGE X60」 (2/5)

[小山安博,ITmedia]

 背面のボタンは、ズームレバー、再生ボタン、モニタの表示切り替えボタン、メニューボタン、十字キーが並び、本体上部にはシャッターボタンとモード切り替えスイッチが用意されている。

photo このクラスとしては平均的なボタンの数

 ボタンは小さいが、それぞれ間隔が空いており、適度なクリック感もあって押しやすい。右手で構えながら親指で操作する分には特に問題ない操作性だと感じた。片手だと、本体上部のモード切り替えボタンを操作するのが辛いが、フルオートで手軽に撮影するカメラなので、モード切り替えボタンはあまり使わないと考えれば、それほど支障はない。

 独立した再生ボタンは撮影画像をすぐに確認でき、分かりやすくていい。ただ、再生画面からシャッターボタン半押しで撮影モードに移行できると良かった。X60は再生中、もう一度再生ボタンを押すことで撮影モードに復帰できる。この操作性はそれほど悪くはないのだが、シャッターボタン半押しで撮影モードに移行できるカメラは多く、その方が直感的だ。

 表示切り替えボタンは、情報全表示と非表示の2種類の選択しかできない。液晶が大きく、情報量もそれほど多くないため、あまり全表示と非表示の差は感じなかった。

 メニューはタブ形式で3画面に分割されている。タブごとに1画面に収まるようになっているので、メニューの視認性はよい。設定できる項目はこのクラスとしては過不足のない印象。

photo メニュー画面はタブ形式で区切られており、3ページに分かれている。設定できる項目はそれほど多くはない

 少し気になったのが、画像サイズ/画質/ホワイトバランスと、ISO感度/測光モード/露出補正という撮影に関わる項目が2つのタブにまたがっているところ。個人的にはホワイトバランス/ISO感度/露出補正は1つのタブに収まっていた方が便利なように感じた。

 メニュー画面からさらに「SETUP」を選択すると、カメラの基本設定に関する項目が設定できる。なお、メニュー画面は背景としてレンズに映った被写体が透過されており、設定中でもチャンスがあったらすばやくシャッターボタン半押しで撮影に復帰できる点はいい。

 撮影中の十字キーは、上ボタンにフラッシュ、下ボタンにセルフタイマー/連写が割り当てられており、中央ボタンは長押しでAFモード(5点マルチワイドAF/スポットAF)の切り替えが可能。左右ボタンはメニューからカスタマイズでき、露出補正/ホワイトバランス/ISO感度/カラーモードが設定できるので、よく使う機能を設定指定おくといいだろう。

photo 十字キーの左右には4種類の機能から割り当て可能。露出補正とホワイトバランス、ISO感度は、どれを割り当てるか悩む。使用頻度や状況に応じて使い分けたい

快適レスポンス、無駄のない機能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.