ITmedia NEWS >
レビュー
» 2005年08月01日 06時27分 公開

16:9&広角28ミリの“ワイドな楽しさ”――新LUMIX「DMC-LX1」レビュー(5/5 ページ)

[永山昌克,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

作例

photo フルオートモードで撮影。フルオートモードでは、露出補正やホワイトバランスの設定はできず、感度はオート固定になる。しかし、「逆光補正」機能が使えるのは何かと便利だ
photo オートISOは最低感度のISO80になったが、拡大すると青空の部分にはざらつきが見られる。ただし、逆光によるフレアやゴーストは少なく、色や明るさは狙い通りのイメージになった
photo 薄暗い室内だったので、ISO200でシャッター速度は1/15秒になった。手ブレ補正がオンの場合、ズームのワイド側でこの速度なら、まず手ブレの不安はなく、安心して撮影できる
photo さらに暗く、ISO400でシャッター速度1/10秒という条件だったが、手ブレはない。自分にとっての手ブレしない限界値を把握しておくといいだろう。私の場合、1/4秒を下回るあたりからブレが多発する
photo ハイライト部の表現はあまりきれいではないが、暗部の階調表現は悪くない。また、金網など細かい部分までくっきりと描写している
photo やや逆光気味だったが、鳥居や緑が鮮やかな色で再現された。鳥居や葉っぱの強い光が当たった部分のエッジには、紫の色ズレが生じている
photo 焦点距離が112ミリ相当になるズームのテレ側で撮影。オートブラケット機能を利用して、露出をずらしながら撮り、+0.3のカットを掲載した
photo AFモードは、測距点とスピードの違いよって、1点、高速1点、高速3点、9点、スポットの5モードに別れている。高速モードでは液晶の表示が一瞬フリーズするが、こうしたスナップを素早く撮るには高速モードが使いやすい
photo このカットのみ、アスペクト比3:2を使用した。マニュアル露出モードを選び、シャッター速度を4秒にセット。歩道橋の欄干の上にカメラを置いて撮影した
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.