ITmedia NEWS >
レビュー
» 2005年09月22日 21時17分 公開

レビュー:ワイヤレスを手に入れたデジカメの快適さ――ニコン「COOLPIX P1」 (3/6)

[小山安博,ITmedia]

効果的なシーンモード

 モードダイヤルをPにあわせたときは、基本的にそのまま撮影すればいいが、プログラムシフトが使える点は特徴だ。プログラムシフトは、同じ露出で、シャッタースピードと絞りの組み合わせを変更するものだ。

 撮影時にマルチセレクターの右を押し露出補正メニューを出した後、左右キーでプログラムシフトを行う。基本的に変更されるのは絞り値で、絞り値に従って、露出が変わらないようにシャッタースピードが変更される。

 絞り優先モードは、設定項目はPモードと変わらない。露出補正メニューを出し、左右キーで絞り値を変更できる操作性も同様だ。左右で絞り値変更、上下で露出補正という操作性はなかなかいい。ただ、ワイド端でF2.7〜F7.6という絞りは物足りない印象だが、このクラスでそこまで求めるのは筋違いというものか。

 シーンモードはそれなりに多く、顔認識ポートレート/ポートレート/パーティー/夜景ポートレート/風景/パノラマアシスト/夜景/海・雪/夕焼け/トワイライト/打ち上げ花火/逆光/クローズアップ/ミュージアム/モノクロコピー/スポーツの16種類を用意。そのうちの11種類には、さらに標準/効果1/効果2と3種類の設定がある。

 例えば夜景では、効果1がくっきりとした夜景、効果2が街灯などの点状の明かりを放射状に光らせる(=絞りを絞る)といったように、それぞれ処理が異なっているようだ。これはちょっと面白い。また、シーンモード選択時にズームボタンのテレ側を押すとヘルプが表示されるのも便利だ。

photo アイコン表示したシーンモード選択画面。アイコン左上にある三角形の青いマークは、さらに標準/効果1/効果2の設定が用意されたモード。カーソル位置のアイコンに「1」と表示されているのが、現在選択中の効果で、写真は効果1が選ばれている
photo ヘルプ表示。シーン選択画面などでその機能の説明を表示してくれる

使い勝手のいい再生機能

 再生はマルチセレクター下にある再生ボタンを押す。電源がオフの状態でも、再生ボタンを長押しすれば、再生画面で起動する。2.5インチ大画面を生かし、サムネイル表示は16コマまで可能。9コマ/4コマ表示も選べる。

photo 16コマのサムネイル画面。ざっと被写体を把握するのに向いている

 1コマ表示中にOKボタンを押すと、ヒストグラムやハイライト警告、シャッタースピード、絞り値などが表示される。コンパクトデジカメだとこのあたりの表示がほとんどない場合もあるので好印象だ。

photo 1コマ再生。この状態だとそれほど情報量は多くない
photo 主要な撮影情報が表示される詳細画面。ヒストグラムも表示されて便利

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.