ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年01月24日 14時58分 公開

ネットKADEN大賞、iTMSやRDシリーズ、ロケフリなどが入賞

経済産業省は優れた情報家電機器やサービスを表彰する「ネットKADEN大賞」の入賞機器/サービスを発表した。iPod nano&iTMSや東芝RDシリーズ、ロケーションフリーテレビなどが入賞した。

[ITmedia]

 経済産業省は1月24日、昨年11月から一般応募を受け付けていた優れた情報家電機器やサービスを表彰する「ネットKADEN大賞」の入賞機器/サービスを発表した。

 同省ではコンシューマ向け情報機器およびサービス(情報家電)を、国内経済を牽引する重要産業と位置づけており、この分野を発展させていくために「ネットKADEN大賞」を創設した。賞を通じて、情報家電のブランド価値向上や認知拡大、関連する市場の拡大などを狙う。

 昨年11月には「ネットKADEN2005」審査委員会での一次審査を経た20の優秀事例が発表。次いで行われた一般投票を含む二次審査の結果、次の6つが入賞機器/サービスとして選出された。

ネットKADEN2005 入賞機器/サービス

  • iPod nano & iTMS(アップルコンピュータ)
  • HDD&DVD ビデオレコーダー RDシリーズ(東芝)
  • ココセコム(セコム)
  • Hondaインターナビ・プレミアムクラブ(本田技研工業)
  • みまもりほっとライン(象印マホービン)
  • ロケーションフリーベースステーションパック(ソニー)

 2月1日から行われる情報システム・ネットワークに関する総合展示会「NET&COM 2006」の会場にて、これら機器/サービスの展示が行われ、2月3日には大賞及び各賞の発表が行われる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.