ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年04月03日 13時19分 公開

ハーマン、AKGブランドのオープンイヤーヘッドフォン新製品

ハーマンインターナショナルは、オープンイヤーダイナミックヘッドフォンの「K701」と「K601」を4月上旬に発売する。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは4月3日、AKG Acousticsのオープンイヤーダイナミックヘッドフォン「K701」「K601」を発表した。4月上旬の発売で、価格はオープン。店頭予想価格はK701が8万3000円前後、K601が4万7000円前後。

photo 「K701」(左)、「K601」(左)、

 どちらも「2レイヤーダイアフラム」を搭載したオープンイヤーダイナミックヘッドフォン。振動板の動きを最適化する層と、ダイヤフラムの不要振動を押さえる層の2層構造の振動版により、入力信号に対する正確なレスポンスと歪みの低さを実現した。また、振動板は重低域から超高域までを再生するサウンドゾーンと、それを支えるムーブメントゾーンの2つからなる「バリモーションシステム」を採用し、忠実なワイドレンジ再生と立体感のあるサウンド再生を可能にしたという。

 K701は、コイル同士の接触面が大きくパワーハンドリングに優れている「フラットワイヤーボイスコイル」を搭載。高い感度が得られ、切れの良い再生音が望めるという。また、ネオジウム磁石を使用した磁気回路により、10Hz〜39.8kHzというワイドレンジ再生を実現している。直接耳にあたらず、圧迫感を排除したデザインの「3Dフォームイヤパッド」を採用している。

 K601は機械的なストレスに強いエラスティックシース・ケーブルを採用。イヤーパッドは耳に直接当たらないデザインで、ベロア製となっている。

 ともに、ヘッドバンドは良質の本革製で、装着するだけで位置を調整できる「セルフアジャスト機能」を持つ。ケーブル長は3メートル、本体のみ重さは235グラム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.