ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年04月04日 18時28分 公開

“録れるテレビ”が進化――新プラズマ/液晶「Wooo」 (2/2)

[西坂真人,ITmedia]
前のページへ 1|2       

新パネルは「目の覚めるような“純赤”」

 新搭載のパネルで注目は、「37V/42V型プラズマテレビでは世界最高解像度」(同社)という「1080ALISパネル」だ。垂直解像度をハイビジョン放送と同じ1080ピクセルにして、画素変換せずに高精細なハイビジョン視聴を可能にした。「高精細に有利なALIS方式だからこそ実現できたパネル」(同社)。ただし、水平解像度は1024ピクセルなので、フルHD(1920×1080)対応はうたえない。

photo 「1080ALISパネル」を搭載したプラズマテレビ「W42P-H9000」
photo 会場では来年夏頃に発売予定のフルHD(1920×1080)対応55V/42V型プラズマテレビも参考出展

 解像度だけなく、色再現性も大幅に改善。新開発の蛍光体「高純度赤蛍光体」を採用することで、「目の覚めるような“純赤”を再現できる」(同社)という。

photo 左が従来機(8000シリーズ)、中央が新しい9000シリーズ、右が他社製45V型液晶テレビ。赤の色再現性が大幅に高まっている

 液晶テレビに搭載した「IPSαパネル」は自社開発の広視野角「IPS方式」をさらに進化させたパネル。上下左右178度と広い視野角に加え、受信画像のフレーム間に黒い画面の映像を入れる「倍速スーパーインパルス表示技術」を採用することで動画応答性をさらに高めた。輝度は500ミリカンデラ/平方メートル。

photo 会場では、32V型液晶テレビ「W32L-HR9000」(左)と他社製液晶テレビ(右)とを並べて動画応答性を比較
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.