ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年04月17日 20時02分 公開

TDK、使い分けができる5色レーベル面の「超硬」DVD-R

TDKは「DURABIS 1」を採用した5色カラーバリエーションのDVD-R「ニューUVガードDVD-R『超硬』(カラーミックス)」を発売する。

[ITmedia]

 TDKは4月17日、同社の特殊ハードコーティング技術DURABIS 1(デュラビス 1)を採用し、5色のカラーバリエーションを持つDVD-R「ニューUVガードDVD-R『超硬』(カラーミックス)」を発表した。データ用の「DVD-R47HCM」と録画用の「DVD-R120HCM」の2製品で、5月1日に発売。価格はオープンだが、店頭予想価格はDVD-R47HCMの5枚パックが900円前後、10枚パックが1700円前後。DVD-R120HCMの5枚パックが1000円前後、10枚パックが1800円前後となっている。

photo 記録用の「DVD-R47HCM」(上)、録画用の「DVD-R120HCM」(下)。カラーはピンク、ブルー、オレンジ、グリーン。グレイの5色

 同社の特殊ハードコーティング技術DURABIS 1および、UVプロテクト基板を採用したUVガードDVD-R「超硬」シリーズの新製品。8倍速記録に対応し、データ用のDVD-R47HCMは片面4.7Gバイトの記憶容量、録画用のDVD-R120HCMは片面120分の記録時間を持つ。収録内容が分かりやすいよう、5色のレーベル面を採用した。

 DURABIS 1をコートしたディスク記録面は、一般のDVD-Rに比べ指紋などの汚れに対して10倍以上強くなっており、汚れの拭き取りがスムーズに行える。また、キズに対して約100倍の強さを持つほか、帯電位半減時間が約1/18と短いため、チリやホコリが付着しにくい。さらに、UVプロテクト基板により、一般DVDと比較して約3倍の対光性を備えるなど、信頼性や保存性が向上しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.