ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年04月19日 18時00分 公開

東芝、8V型液晶とメモリーカードスロットを装備した新型「ポータロウ」

東芝は、8V型ワイド液晶ディスプレイとメモリーカードスロットを搭載したポータブルDVDプレーヤー“ポータロウ”「SD-P1850」を5月中旬に発売する。

[ITmedia]

 東芝は4月19日、8V型ワイド液晶ディスプレイを搭載したポータブルDVDプレーヤー“ポータロウ”「SD-P1850」を発表した。5月中旬の発売で、価格はオープン。店頭予想価格は4万5000円前後。

photo 「SD-P1850」

 「SD-P1800」の後継機。480×234ピクセルの8V型ワイド液晶パネルを搭載する。DVDビデオ、DVD-R(ビデオモード)、DVD-RW(VR/ビデオモード)、音楽CD、ビデオCD、CD-R/RW(音楽CD/JPEG/MP3/WMA)の再生に対応し、同梱のテレビチューナーキットによって地上アナログ放送とFMラジオ放送が楽しめる。

 8V型液晶を搭載したポータロウとして、初めてメモリーカードスロットを装備した。SDメモリーカード/MMC/xDピクチャーカード/メモリースティックに対応し、JPEG画像の表示や、MP3/WMAファイルの再生が行える。

 ACアダプタ、バッテリー、カーアダプタの3電源に対応し、バッテリー使用時の連続再生時間は約4時間。入出力端子として、音声入力端子×1、映像/音声出力端子×1、光デジタル音声出力端子×1、ヘッドフォン端子×2を備える。

 突起部を除くサイズは230(幅)×31.8(高さ)×155(奥行き)ミリ。バッテリーを除く重さは850グラム。ACアダプタ、カーアダプターコード、リモコン、映像/音声接続コード、耳掛け式ヘッドフォン、専用キャリングバッグなどが付属する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.