ITmedia NEWS >
連載
» 2006年05月18日 03時00分 公開

今日から始めるデジカメ撮影術:第47回 ペットと飼い主の関係〜犬編 (2/3)

[荻窪圭,ITmedia]

やはり犬は外で撮るのが楽しい

 晴れた日はお外で散歩。屋外だと明るくて多少動いててもブレないし、室内より広いバリエーションで撮れるからよい。いろんな角度から遊びながら撮ってみよう。

上から
横から
下から

 上から横から下からと撮りわけてみた。どう撮ってもいいが、低い位置から撮った方が顔の形がしっかりでるし、背景がちゃんと入るのでお勧め。

 上から撮るならいっそのこと真上から狙ってみよう。そうするとちょっと面白い写真になる。

 もうひとつは距離。

近距離から広角側のマクロで
ちょっと離れて望遠で

 広角側で近寄ると鼻がアップになってちょっとコミカル。逆に望遠で撮ると遠近感がなくなって可愛くなるし背景もボケる。

 ただ、自分で散歩に連れて行って自分で撮ると、あまり離れて撮れないんだよね。放しちゃうわけにもいかないし。もっともこの写真では放しちゃってる。田舎の河原なのでその辺はおおらか。

 撮るときは犬のクセや個性を捉えるのも大事。たとえば、うちの犬はベンチが好き。まあ短足で背が低いってのもあるんだろうけど、ベンチがあるとすぐに飛び乗る。

 でもこれじゃあ確かにベンチに飛び乗ってるけど、「ふーん」って感じ。

 ではちょっとしゃがんで目の高さで撮ってみた。これだとベンチに乗っかってる感がちょっと出る。

 逆に背もたれ側から撮ってみた。そしたら立ち上がって身を乗り出してくる。ベンチで撮っているということは分かりづらくなったが、ベンチに乗っかってさらに身を乗り出すことで、飼い主に近づこうとしてるの分かる。

 なぜベンチに飛び乗るかというと、飼い主がよくベンチで休むため、ベンチに乗るとより飼い主の顔に近づけるからで、だったらその雰囲気を出してあげたいわけだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.