ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年05月26日 20時35分 公開

アイリバー、ペンダント型オーディオプレーヤーの新製品

アイリバー・ジャパンは、ペンダント型オーディオプレーヤーの新製品「N12」を6月3日に発売する。1Gバイトと2Gバイトのモデル。

[ITmedia]

 アイリバー・ジャパンは5月26日、ペンダント型オーディオプレーヤーの新製品「N12」を発表した。内蔵メモリが1Gバイトと2Gバイトの2モデルで、カラーはブラックとレッド。6月3日の発売で、東京渋谷のアイリバー直販店「アイリバー・プラザ」のほか、同社直販サイト「iriver e・store」で販売される。直販サイトでの価格は1Gバイトモデルが1万6980円、2Gバイトモデルが2万1980円。

photophoto 「N12」

 サイズが27.2(幅)×13.3(奥行き)×49.8(高さ)ミリ、重さ約22グラムと軽量コンパクトなペンダント型オーディオプレーヤー。付属するヘッドフォン一体型のネックストラップをつけても、重さはわずか約42グラムで、首かけスタイルでも快適に使用できる。

 対応する音声形式はMP3(8kbps〜320kbps)/WMA(8kbps〜320kbps)/OGG。「SRS WOW」をサポートしており、重低音とサラウンド効果をいかしたサウンドを、好みの音質で楽しめる。また、10種類のプリセットイコライザと、周波数領域を自由に調節できるカスタムイコライザも搭載した。

photophoto

 海外でも利用できるFMチューナーを内蔵しており、ラジオを聞きながらの録音や予約録音も可能。また、高感度マイクによるボイスレコーディングにも対応する。早送り/巻き戻し速度の設定が行え、区間繰り返しや再生速度調節などの機能により語学学習にも向いているという。

 電源は内蔵リチウムポリマーバッテリーで、連続再生時間は最長約13時間。4行表示が可能な16階調有機ELディスプレイを搭載しており、曲情報や設定などを表示できるほか、一定時間操作をしないとアニメーションが表示される「スクリーンセーバー」が4種類用意されている。

 ヘッドフォン内蔵ネックストラップと、ボールチェーンやレザーストラップなどを装着できるBタイプキャップ、コンテンツ管理ソフト「river plus 2」などが収録されたインストールCDが付属する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.