ITmedia NEWS >
レビュー
» 2006年07月06日 13時57分 公開

レビュー:グッドバランスのメモリプレーヤー「CREATIVE ZEN V」 (1/3)

iPod nanoの独走に待ったをかけられるか? 高機能と低価格を兼ね備えた同社入魂のメモリプレーヤーを取りあげる。

[渡邊宏,ITmedia]
photo CREATIVE ZEN V

 クリエイティブメディアから登場した「CREATIVE ZEN V」は、40グラム弱という軽量なボディに1.5インチの有機ELディスプレイを搭載したフラッシュメモリプレーヤーだ。純粋な新製品としては2005年12月発売の「ZEN VISION:M」以来となる、ひさびさの新「ZEN」をレビューでチェックしてみよう。

 同社のポータブルプレーヤーは「MuVo」と「ZEN」の2シリーズが展開されており、本製品は名前のとおり「ZEN」シリーズに属する。カラー液晶を搭載するという点では「Vision:M」「Micro/Micro Photo」に類似しているが、ストレージにフラッシュメモリを採用することで、これらに比べて大幅な小型軽量化を実現している。

 サイズは約43.5(幅)×67.5(高さ)×15.9(奥行き)ミリ、43.5グラム。アップルコンピュータの「iPod nano」や松下電器産業の“D-Snap Audio”「SV-SD710/770V」のようなカードタイプに比べるとやや厚みはあるが、手のひらにすっぽりと収まるコンパクトなボディサイズといえる。

 ボディはカドの落とされた滑らかなフォルムとなっており、フィット感も上々だ。今回はブラック/グリーンの「CREATIVE ZEN V 2GB ブラック」(ZN-V2G-BG)を試用したが、ポップなカラーリングは他社製品と一線を画した印象を与える。なお、カラーリングはこのほかにもホワイト/グリーン、ブラック/オレンジ、ホワイト/オレンジが用意される(ブラック/オレンジ、ホワイト/オレンジは1Gバイト版のみに設定)。

 前面には1.5インチ(128×128ピクセル)のJPEG画像の表示可能なカラー有機ELディスプレイを搭載し、すぐ下には「5ウェイナビゲーションジョイスティック」(以下 5ウェイスティック)と名付けられた操作インタフェースと、再生/一時停止ボタン、戻る/オプション呼び出しボタンが設けられている。5ウェイナビゲーションジョイスティックは項目選択のほか、押し込むことで「決定」のアクションが割り振られている。

photophoto 1.5インチのカラー有機ELディスプレイ(左)、「5ウェイナビゲーションジョイスティック」と名付けられた操作インタフェース

 本体左側面には操作ロックボタンを兼ねる電源ボタン、右側面には音量調節ボタンと録音ボタン、上側面にはUSB端子、ヘッドフォン端子、ライン入力端子を備える。各ボタンはストロークも十分に確保されており、押しにくさを感じることはないが、ナビゲーションジョイスティックはあまりスティックの長さがなく、操作に慣れるまで多少の時間がかかるかも知れない。

photophotophoto 左側面(左)と右側面(中)、上側面(右)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.