ITmedia NEWS >
レビュー
» 2006年09月27日 13時23分 公開

レビュー:スカパー!初のHDD内蔵STB「スカパー!DVR」を試す (3/5)

[坪山博貴,ITmedia]

「シリーズ」「おまかせ」の2つの自動録画機能

 注目の録画機能は4通りをサポートする。ひとつは視聴中の番組を録画ボタンで録画する一般的な手動録画。もうひとつは電子番組表からの録画予約で、この2点に関しては特に説明はいらないだろう。

 電子番組表からの予約録画では番組追従機能も備えており、スポーツ中継延長などによる番組放送時間のズレにも対応する。スカパー!の場合スポーツ中継の延長自体がレアケースなのだが、搭載されているに越したことはない。放送中の番組を録画予約するとすぐに録画を開始し、残っている放送時間分だけでも録画できる。

 なお電子番組表からの録画予約には設定項目が何も無く、毎日、毎週といった繰り返しの録画予約もできない。もちろんこれは自動録画機能の1つである「シリーズ録画」がその役目を担っているからであって、機能不足という訳ではない。

photo これは録画予約済みの番組を選択した所。このように「取消し」「番組説明」しか機能を選択できず、修正するできる部分が無い事が分かる

 自動録画機能は「シリーズ録画」「おまかせ録画」の2つを備える。どちらもキーワードを登録し、電子番組表からキーワードにマッチした番組を自動録画する、という点は共通だ。

 もちろん存在意義は異なっており、「シリーズ録画」は毎日/毎週放送されるようなシリーズ番組を録画する機能に位置づけられる。キーワードとして番組名(一部でも可能)を登録しておくと、電子番組表から番組名で検索し、キーワードとマッチした番組を自動録画してくれる。

 一般的なDVDレコーダーの自動録画機能と異なるのは、スカパー!の放送体系も意識している事だ。専門チャンネルの場合、毎日放送されるシリーズ番組は同じ話数を1日2回、毎週放送なら1週間に2回以上放送される方が一般的だ。そこで本製品は電子番組表上で番組名がまったく同じ番組は重複して録画しない仕組みになっており、HDDを無駄に消費する事を防ぐほか、予約録画が重複する事を最小限に留めるようになっている。

 電子番組表での番組名にはほとんどの場合サブタイトルや話数が含まれるので、シリーズ番組で異なる話数を録画しそこなう事もまず無い。実はこれ、「スカパー!コクーン」に実装されていた「シリーズ録画」機能そのものだ。

photo これは「シリーズ録画」の設定画面。ようするに「番組名」を登録すれば良い。登録後に登録位置、つまり優先順位を変更する事もできる
photo これは「シリーズ予約」で実際に予約された一覧。「ふたりはプリキュア」や「伝説巨人イデオン」は1日2回同じ話数が放送されているが、1回分しか予約されていない。また話数が異なれば同一日の放送でもしっかり2話分予約されている。

 「おまかせ録画」はシリーズ録画のように特定の番組を狙って録画するというよりは、録画しておけば見るかもしれない、電子番組表で見落とすかもしれない、といった番組を自動録画しておく“自動録画機能”といった感じだ。

 「シリーズ録画」と異なる番組ジャンルを指定して検索を絞り込めるほか、キーワードの検索範囲を調整する事で自動録画の頻度を調整する事もできる。最も録画頻度を高く設定すると、番組情報までキーワード検索対象にする事も可能で、特定の俳優やアーティストが出演する番組を自動録画させるという使い方もできる。

 ただし録画の優先順位は低く、番組表からの録画予約や「シリーズ録画」の方が優先され、電源OFF状態でないと機能しないようになっている点には注意が必要だ。

 「シリーズ録画」「おまかせ録画」ともに最大25のキーワードを登録可能で、登録番号の若い順に優先して録画される。登録番号は後から任意に入れ替える事が可能で、登録順という事ではなく優先順位は事実上、任意設定できるといえる。25という登録数もシングルチューナーである事を考慮すれば十分だろう。コクーンやスゴ録で自動録画機能には習熟したソニー製ならではという印象だ。

 毎日、毎週放送される番組の録画に関しては確かに時間や曜日指定で繰り返し録画を行わせるよりは「シリーズ録画」を利用した方が確実に録画できそうだ。「キーワードの文字入力が面倒なんじゃないか」と思う人も多いと思うが、電子番組表の番組名や番組情報から文字列を抽出して登録し、キーワード設定時に登録した文字列を引用可能とする事で文字入力の面倒さを回避できる。というか、この方法を利用した方がキーワードの設定ミスも減るだろうから、わざわざリモコンからちまちま入力することもないだろう。

photo このように番組説明画面から文字列を範囲示指定して登録する事ができる。この方がリモコンから文字入力するよりも間違いも少ないだろう
photo 「シリーズ録画」「おまかせ録画」ではキーワード登録時にこのようにキーワード一覧を呼び出し、一覧からキーワードを選択して登録できる

しかしながら、「番組表を呼び出して文字列を登録。今度は録画予約一覧から「シリーズ録画」の設定を呼び出して一覧から登録した文字列を引用」――という手順は手間がかかる。

 登録した文字列は番組検索などへの流用も考慮されていると思うのだが、文字列の登録時に「シリーズ録画」「おまかせ録画」のキーワードにダイレクトに登録させてくれればいいのにと何度も思ってしまった。厳しい事を言うならば、電子番組表から番組を選択、そこから何らかの形でもっと簡単に「シリーズ予約」に移行する手順を加えてくれないと、使いこなせない人も多いのではと思う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.