ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年10月03日 14時44分 公開

CEATEC JAPAN 2006:東芝、国内年末商戦向け廉価版HD DVDプレーヤー2モデル展示

CEATEC東芝ブースでは、国内の年末商戦向けHD DVDプレーヤー2モデルを参考展示している。

[西坂真人,ITmedia]

 東芝CEATECブースでは、「国内の年末商戦向け」(同社)というHD DVDプレーヤー2モデルを参考展示している。

 

photophoto 国内の年末商戦向けHD DVDプレーヤー2モデルを参考展示する東芝CEATECブース
photophoto 上位モデル(左)と、下位モデル(右)
photo 左が上位モデル、右が下位モデルのリモコン

 同社は今年3月に初のHD DVDプレーヤー「HD-XA1」を発表。北米では、廉価版の「HD-A1」(実売499.99ドル)もリリースされていたが、日本での発売は見送られいた。

 両モデルとも型番は未定で、黒いボディの方が上位モデル、シルバーボディが下位モデルとなる。両モデルとも基本スペックはほぼ同等で、上位モデルには1080p出力に対応(下位モデルは1080i)するほか、HD-XA1と同等品と思われる高級感のあるリモコンが上位モデルにはセットになっているのに対し、下位モデルは簡易タイプのリモコンになっているといった違いがある。

 「今回の廉価版は、機能面ではHD-XA1とほぼ変わらない。チップの集積化などでコストダウンをはかった。価格は未定だが、実売で10万円は切りたい」(ブース担当者)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.