ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年10月26日 14時23分 公開

東北パイオニア、サラウンド機能つきノイズキャンセリングヘッドフォン

東北パイオニアはノイズキャンセリングヘッドフォン「SE-MJ7NS」を発売する。フィードフォワード方式で、騒音を1/5に低減するほか、サラウンド機能も搭載した。

[ITmedia]

 東北パイオニアは10月26日、ノイズキャンセリングヘッドフォン「SE-MJ7NS」を12月中旬より販売開始すると発表した。価格は8800円。

photo SE-MJ7NS

 新製品は周囲の騒音と逆位相の音を発生させることでノイズを低減するアクティブノイズキャンセリングタイプの密閉型ヘッドフォン。ハウジング内側に搭載されたマイクで補正する「フィードフォワード」方式を採用することで、騒音を1/5に低減するという。また、同種製品では業界初(同社)というバーチャルサラウンド機能(SRS HEADPHONE)も搭載した。

photophoto

 ハウジングにノイズキャンセリング ON/OFF、サラウンド ON/OFFのスイッチを備え、利用シーンにあわせて切り替えが可能。電源には単四形乾電池×2を使用し、電源OFF時でも通常のヘッドフォンとして利用できる。

 ドライバユニットは口径40ミリ。ヘッドバンドとイヤーパッドにはソフトな装着感のレザーパッドを使用。折りたたみも可能となっており、旅行の際などにも携帯しやすくなっている。パッケージには収納ポーチのほか、航空機用プラグも付属。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.