ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年12月01日 15時38分 公開

JBL、“半円”デザインのアクティブ2.1chスピーカーユニット

ハーマンインターナショナルはJBLの2.1chアクティブスピーカーユニット「JBL spyro」(スパイロ)と「JBL spot」(スポット)を発売する。半円を基調とした特徴あるデザイン。

[ITmedia]
photo 「JBL spyro」(ブラック)

 ハーマンインターナショナルはJBLの2.1chアクティブスピーカーユニット「JBL spyro」(スパイロ)と「JBL spot」(スポット)を12月上旬より販売開始すると発表した。価格はいずれもオープン。

 JBL spyroは半円形のサブウーファーと四つ葉のクローバーのようなユニークなサテライトスピーカーが特徴。出力はサブウーファーが24ワット、サテライトスピーカーが6ワット×2。JBL spotはサテライトスピーカーのデザインが異なる。

 いずれもサブウーファーには新開発のネオジウムドライバー「Atras」を利用した75ミリ径ユニット、サテライトスピーカーにはネオジウムドライバー「Odyssey」を利用した25ミリ径ユニットを搭載する。サテライトスピーカーはアルミコーンが使用されており、ワイドレンジサウンドを再生する。

photophoto 「JBL spot」(スポット)

 入力端子は汎用性の高い3.5ミリステレオピンジャック。コンピューターやデジタル機器の独特なサウンドをナチュラルなサウンドで再生する独自の設計方法「COE」が導入されているほか、音量をアップ時の瞬間的なひずみを抑える「OCT」、小型スピーカー特有のゆがみを抑える「MAPS」といった独自技術も多く盛り込まれている。

 サイズはサブウーファが200(直径)×140(高さ)ミリ。(スパイロ/スポットとも)。サテライトスピーカーはスパイロが90(幅)×90(高さ)×90(奥行き)ミリ、スポットが90(直径)×90(高さ)ミリ。カラーはホワイトとブラックの2色が用意される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.