ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年01月18日 22時28分 公開

シャープ、「手書きパッド」搭載の高校生向け電子辞書

シャープは電子辞書“Papyrus”に高校生の学習に役立つ新モデルを追加した。手書きパッドや音声読み上げ機能を搭載。

[ITmedia]

 シャープは1月18日、高校生の学習に役立つコンテンツを搭載した電子辞書2機種を発表した。「手書きパッド」や「TTS」(Text-to-Speech、音声読み上げ機能)を搭載する上位モデル「PW-GT550」およびベーシックモデル「PW-G500」をラインアップ。どちらも1月25日に発売する予定だ。

photo 左からPW-GT550-W(ホワイト)、PW-G500、PW-GT550-P(ピンク)
型番 PW-GT550 PW-G500
本体色 ホワイト、ピンク ホワイト
価格 5万6700円 4万4100円
発売日 1月25日

 PW-GT550には約23×27ミリの手書きパッドを搭載。読み方のわからない漢字を書いて調べたり、収録コンテンツのテスト問題に手書きで回答することができる。

 また、「ジーニアス英和辞典」の主な英単語や英語長文など22コンテンツにネイティブ音声を収録。これにTTS機能を組み合わせ、英単語や例文を抑揚のついた合成音声で読み上げることがきでる。このほか、MP3プレーヤー機能なども搭載している。高校生必携の5教科9科目を含む約60コンテンツを収録した。

 一方のPW-G500は、ネイティブ音声やMP3プレーヤー機能を備えたベーシックモデルだ。5教科9科目を含む32コンテンツを収録している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.