ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年01月23日 20時19分 公開

タカラトミーTOYフォーラム2007:世界最小ヒューマノイド「i-SOBOT」登場

タカラトミーが低価格のホビーロボット「Omnibot 2007 i-SOBOT」を発表した。身長わずか16.5センチの「世界最小ヒューマノイド」(同社)。2万9800円で7月に発売する予定だ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 タカラトミーは1月23日、低価格ロボット「Omnibot 2007 i-SOBOT」(オムニボット2007 アイソボット)を発表した。身長わずか16.5センチの「世界最小ヒューマノイド」(同社)。独自開発した小型サーボモータにより小型/軽量化が可能になったという。価格は2万9800円(予価)。7月に発売する予定だ。

photophoto 「Omnibot 2007 i-SOBOT」は高さ16.5センチ。リカちゃんと並ぶと、そのサイズがよくわかる

 全身に17個のサーボモータとジャイロセンサーを搭載。自動的にバランスをとりながら多彩なアクションを実行する本格的な二足歩行ロボットだ。ただし、内蔵のスピーカーで言葉や効果音を発しつつ、コミカルな動作を見せるあたりが玩具メーカーらしい。

 付属のリモコンは液晶モニター付きで、リモート操作にくわえプログラミングにも対応する。動作を組み合わせて一連のアクションプログラムを作成し、リモコンにメモリーしておくと(最大3つ)、次回からはリモコンのメモリーボタンを押すだけでアクションを実行できる。

photophoto ピンクバージョン(左)とコントローラ

 このほか、約10種類の言葉を認識できるボイスコントロール機能や“エアドラム”などの8種類のプリセットアクション、音楽や拍手など外部の音に合わせてダンスを踊る「ダンスモード」などを備えた。「ボイスコントロールやダンス機能は、他社の二足歩行ホビーロボットにはない独自のもの。玩具メーカーならではのオリジナリティといえる」(同社)。

photophoto エアドラムのデモ(左)とロボットのデモンストレーションでは定番となった「コマネチ」

 本体サイズは96(幅)×165(高さ)×67(奥行き)ミリ。重量はバッテリー込みで約350グラム。ロボット本体は単四形ニッケル水素充電池×3本(付属)、コントローラは単四形1次電池×3本(別売)で動作する。対象年齢は15歳以上。

 また同時に、i-SOBOTの頭部にカメラを搭載した「Omnibot2007 i-SOBOT CAM version」も公開された。頭部は左右に60度ずつ回転可能。カメラが捉えた映像は無線LANを介してパソコンや携帯電話を使って閲覧できる。「ホームセキュリティ、あるいは子どもやペットの状況監視など幅広い用途に適応できる」(同社)。CAM versionの価格は、通常版よりも1万円高い3万9800円(予価)。発売は10月を予定している。

photo 「Omnibot2007 i-SOBOT CAM version」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.