ITmedia NEWS >
レビュー
» 2007年03月28日 08時41分 公開

レビュー:「テレビをiPod化する」Apple TVがわが家にやってきた (2/5)

[松尾公也,ITmedia]

 Apple TVはiPodのように同期するアイテムを細かく設定できる。初回はiTunes側が勝手に設定して同期を始めるが、その途中でも設定変更は可能だ。例えばムービーは「最新5個のムービー」がデフォルトだが、その数は1/3/5/10と変更可能だし、「最新」ではなく「未再生の」にすることもできる。

 これに「選択したムービー/プレイリストの」をあわせてチェックすることも可能。ムービーに関するスマートプレイリストを作っておけば、「ジャンルがSFのムービーを7個同期させる」といったこともできるのだ。テレビ番組も同じように最新エピソード、未再生エピソード、選択したテレビ番組/プレイリストを同期できる。Podcastは、すべてのPodcast、選択したPodcastが指定できる。

photophoto

 次にミュージック。音楽を同期するというチェックボックスの中には「すべての曲とプレイリスト」と「選択したプレイリスト」のいずれかを選ぶようになっている。そしてもう1項目、「ミュージックビデオを含める」というものがある。これにチェックを入れておけばiTunes Storeで購入したミュージックビデオや自分が持っているお宝映像を大画面で見ることができるというわけだ。

 Podcastはムービー、テレビ番組と同様に最新、未再生の指定する数のエピソードを、すべてのポッドキャストまたは選択したポッドキャストから同期できる。

photo ミュージックの同期設定

 そして写真。これは、MacであればiPhotoのライブラリ、WindowsであればAdobe Photoshop Elementsのライブラリの中の指定したアルバムを同期させることができる。写真はストリーミングで表示させることはできず、同期したものしかApple TVで表示させることができない。

 同期の順番としてはムービー、テレビ番組、音楽、写真。その順番で容量が埋まっていくので、グラフを見ながら同期するアイテムを調整していくといいだろう。

 なお、ミュージックビデオ、オーディオブックの独立項目はない。ミュージックの項目でスマートプレイリストを設定するなりして対応しなければならない。ミュージックだからといって、その中で動画やオーディオブックが再生できない、というわけではないのだ。

 なお、同期するマシンを変更するのも簡単だ。その際にはApple TVのハードディスク中身は新たに同期するマシンに準じた新しいライブラリで上書きされることになる。

ライセンスが5台までって本当?

 Apple TVの同期に関しては1つ、はっきりしておかねばならないことがある。それは、iTunes Storeで購入したDRM付き楽曲/動画のライセンスについてだ。

 AppleによるApple TVの位置づけは「テレビ用iPod」ということなので、個人的には認証でひっかかることはないと踏んでいたのだが、一部報道によれば、Apple TVがFairPlayの5台ライセンスのうちの1つにカウントされるというのだ。

 もしそうだとしたら、わが家でApple TVは受け入れがたいことになる。うちは5人家族で、既にiTunes Storeの台数制限いっぱい(5台分のマシン)を使い切っている。もしもApple TVがもう1台分のライセンスを必要とするのなら、家族の誰かが追い出されてしまう。きびしい選択肢だ。

 実際に試してみたのだが、Apple TVでは転送された楽曲や動画コンテンツが認証不可になるシステムは用意されておらず、扱いとしてはiPodと同様。まさしく「据置き型iPod」のように使うことができる。つまり、DRMの「5台制限」にApple TVはカウントされない、というわけだ。

 もっとも、別の「5台制限」はある。それは、ストリーミング接続できるiTunes搭載マシンの接続数で、これは同期マシンも含めて最大で5台だが、これはこれで十分だろう。実際、これ以上ストリーミングソースの数が増えても、いちいち切り替えなくてはならないので、使い勝手はよくならない。

 転送にかかる時間はほぼネットワーク経由でのファイルコピーにかかる時間と考えていい。その途中経過はApple TVの「同期∞」をクリックすると「koya@MacBook Proを同機中 413/4526をコピー中:Here Comes The Sun」といった具合に確認できる。同期されるiTunesの側でも同じように確認が可能だ。

photo 転送中の様子。画面上には同期の状態が表示される。また、Apple TVで再生できない形式のファイルが含まれているとエラーメッセージがでる

 転送中の項目のところでは、アイコンがぐるぐる回っており、それより上のところは再生ができる。だから、それほど「待たされた感」はないはずだ。

 ではいよいよApple TVの再生環境を探っていくとしよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.