ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年04月11日 19時19分 公開

ロジテック、対応機器の操作が可能なBluetoothヘッドセット

ロジテックがBluetoothヘッドセット「LBT-HS200C2」を発売。A2DPとAVRCPに対応しており、対応機器の操作も可能。ヘッドフォンは交換できる。

[ITmedia]
photo 「LBT-HS200C2」

 ロジテックは4月11日、クリップタイプのコントローラーが付属したBluetoothヘッドセット「LBT-HS200C2」を4月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は7800円。

 A2DPとAVRCPの各Bluetoothのプロファイルに対応しており音楽の再生が行えるほか、対応機器と接続した際に再生/停止やスキップなど基本的な操作も付属コントローラーから行える。そのほか、HSP/HFPの携帯電話用プロファイルにも対応する。

 2つのBluetooth機器とのペアリングが可能(同一プロファイルの同時ペアリングは不可)。音楽再生機能付き携帯電話とペアリングすれば、音楽再生中に着信しても本製品のボタンで音楽一時停止/通話を行い、通話終了時にはそのまま音楽再生を再開できる。

 コントローラーは10グラムと軽量なほか、Bluetoothやマイクなどすべての機能はコントローラーに搭載されているため、イヤフォンの交換も行える。イヤフォン端子は3.5ミリステレオミニ。コントローラーのサイズは21(幅)×46(高さ)×16(厚さ)ミリ。リチウムポリマー充電池で音楽再生時で約4時間、通話時で約5時間の連続利用が行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.