ITmedia NEWS >
レビュー
» 2007年04月27日 14時11分 公開

レビュー:カメラ好きにはたまらないハイエンド広角デジカメ――リコー「Caplio GX100」 (6/6)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       
ワイコンを付けてマクロモードで撮影。シバザクラの遠近感が広角ならでは。1/620秒F4.1 ISO80
チューリップとシバザクラの花畑をテレ端で。1/250秒F7.1
GR Digitalの電子ダイヤルを1センチギリギリまで近寄って撮影。24ミリならではのワイド感と超強力マクロの近さ。GX100でしか撮れない絵である。1/20秒 F2.5 ISO100
招き猫群をテレ端で。1/30秒だったが手ブレ補正が効いた。全体に白が多いのでプラスの補正をかけてある。1/30秒 F4.4 +0.7 ISO154
招き猫群を上からワイド端でスクエア撮影。正方形フォーマットはなかなか面白い。1/60秒F2.5 +0.7 ISO100
ワイド端で並んだ猫を撮影。1/160秒 F2.9 +0.3 ISO100
同じくワイド端で猫を撮影。動きを止めるためISO400で。増感した分ちょっとノイズが。1/400 F4.6 +0.3 ISO400
ワイド端のマクロ。ワイド端ならではの遠近感が面白い。1/160秒 F3.6 +0.3 ISO100
テレ端でのマクロもかなり寄れるのでマクロ撮影にはもってこい。1/125秒 F5.0 +0.3 ISO100
ISO200/400/800/1600と、感度を上げながら撮影。ISO800時に急に彩度が上がったのはなぜだろう。ISO1600ではかなり素直にノイズが乗ってくる
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.