ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年04月27日 18時07分 公開

IPGが新「Gガイド」サービスを開始写真も入ります

インタラクティブ・プログラム・ガイド(IPG)は4月27日、地上デジタル放送向けの新しい「Gガイド」サービスを開始した。対応テレビの第1弾は、パナソニックのプラズマビエラ「PZ700」シリーズ。

[ITmedia]

 インタラクティブ・プログラム・ガイド(IPG)は4月27日、地上デジタル放送向けの新しい「Gガイド」サービスを開始した。対応第1弾として、パナソニックのプラズマビエラ「PZ700」シリーズが同日発売されている。

photo 新しい「Gガイド」

 主な新機能は下記の通り。

1. オススメ番組情報が表示される「トピックス」に写真表示が加わる(従来はテキストのみ)

2. 9日以上先の番組情報が表示される「トピックス」から番組の視聴予約や録画予約が可能。SI情報(番組データ)と連携するため、番組の放送時間変更にも追従できる

3. パネル広告、テキスト広告の詳細画面に写真表示が可能になった

4. 放送局が編成を変更してから5分以内に最新の番組情報の取得が可能になった

5. 番組に関連する人物やキーワード情報から直接番組検索が可能になった

photophoto トピックス詳細(左)とパネル広告の詳細

 新Gガイドは、4月27日にまず関東・近畿・中部地区でサービスを開始。この夏を目標にTBS系列を中心とする全国32地区、32放送局と連携して全国展開を図る。また、上記の新機能以外にも多くの新しい機能を備えており、順次機能を追加していく方針だ。

 プラズマビエラ「PZ700」シリーズは、フルハイビジョンパネルを搭載したハイエンドモデル。42V型と50V型の2サイズを用意している(→発表記事)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.