ITmedia NEWS >
レビュー
» 2007年05月08日 13時47分 公開

いつも持ち歩きたくなる小型軽量デジ一眼――オリンパス「E-410」 (3/5)

[永山昌克,ITmedia]

 機能面の個性はライブビューに対応すること。背面の専用ボタンを押すと、内部のミラーとシャッター幕が開き、レンズから通った光が撮像素子に直接当たることで、リアルタイムの映像が液晶モニタに表示される。

photo 撮像素子によるライブビューに対応。構図のほか、露出やホワイトバランスのおおまかな事前確認にも利用できる

 そしてシャッターボタンを押すと、全押しと同時にAFが作動し、合焦後に撮影が行われる。撮る前にピントを合わせたい場合は、ライブビューの状態でAFLボタンを押す。すると、ミラーがいったんダウンしてAFが作動し、ピントが合うと再びミラーアップしてライブビューに復帰する。

 ライブビュー撮影ではシャッタータイムラグが長くなることや、ミラーがぱたぱた動くことは、慣れるまでは戸惑いを覚えるが、一眼レフ機の構造上仕方がない部分だ。それでもファインダーを覗かずに撮影できるライブビューのメリットは少なくない。ひとつは、ローアングルやハイアングルからの撮影がしやすくなること。液晶は上下左右ともに良好な視野角があり、カメラを胸や腰の位置、あるいは頭の上に構えて撮影したりできる。

 もうひとつは、マニュアルフォーカス使用時に厳密なピント合わせができること。ライブビュー画面内の好きな部分を7倍または10倍に拡大表示することで、撮像素子面の正確なピントをチェックできるようになる。三脚を使って、植物や静物をマクロ撮影する場合などに役立つだろう。黄金分割や方眼、目盛りなどの罫線をライブビュー上に表示することも可能だ。

 そのほかの機能として、秒間3コマの連写、20種類のシーンプログラム、RAWとJPEGの同時記録、ホワイトバランスの微調整、電子式と光学式を選べるプレビュー、高感度時のノイズフィルタ、長時間露光時のノイズリダクション、カメラ内での画像編集などに対応する。オートからマニュアルまでの一通りの機能が揃っているといっていい。

photo 上部左にストロボとドライブの各専用ボタンを装備する
photo CFとxDのダブルスロットを採用。バッテリーは薄型ながら持久力は良好

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.