ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年06月11日 17時01分 公開

パイオニア、Dolby TrueHDなどに対応したミドルクラスAVアンプ

パイオニアはAVアンプ「VSA-AX1AH」「VSA-1017AV」を発売する。HDMI 1.3aに対応したほか上位機種はDolby TrueHDとDTS-HD Master Audioに対応。

[ITmedia]
photo VSA-AX1AH

 パイオニアは6月11日、AVアンプ「VSA-AX1AH」「VSA-1017AV」を6月下旬より順次販売開始すると発表した。価格はDolby TrueHDとDTS-HD Master Audioに対応したVSA-AX1AHが14万円、VSA-1017AVが9万4000円。

 新製品は各部材のローインピーダンス化とモジュールの最小化を行い不要な輻射を低減するほか、各チャンネルの動作環境を同一として音質を高める「シンメトリカル・パワートレイン・デザイン」や、高周波ノイズの影響を低減するレイアウトなどを導入することで、音質を高めたミドルクラス7.1ch AVアンプ。

 両製品の最も大きな違いは、Blu-ray Discに採用されている音声フォーマットである、Dolby TrueHDとDTS-HD Master Audioへの対応。VSA-AX1AHはこの2つに対応したデコーダーを搭載しており、対応プレーヤーと組み合わせることで「マスター音質」を楽しめる。

 1080pまでのデジタル接続を可能にするHDMI 1.3aを両製品ともに搭載、デジタルビデオコンバーターによってさまざまな映像を出力できる。VSA-AX1AHはアナログ入力された映像をHDMIからデジタル出力することも可能だ。

photo VSA-1017AV

 時間という補正項目を加えることで、残響音にとらわれないマルチチャンネルのための音場を作り出す3次元自動音場補正システム「Advanced MCACC」のほか、マルチチャンネル再生時の低音ズレを解消する「フェイズコントロール」も備えている。VSA-AX1AHのAdvanced MCACCはハイエンドモデルと同様な9バンドエンベローブ補正が採用されており、より滑らかな補正を可能にする。

 フロントパネルにはUSB端子が用意されており、USBメモリや各種デジタルオーディオプレーヤーが接続できる。専用ケーブルが必要になるが、iPodも接続できる。iPodについては充電のほか写真/ビデオの表示にも対応する。そのほか、2本のフロントスピーカーだけで疑似的にサラウンド環境を作り出す「フロントサラウンド・アドバンス」、MP3など圧縮音源が圧縮時に失ってしまった成分を補正する「サウンドレトリバー」も搭載されている。

 VSA-AX1AHの出力はフロント×2/センター/サラウンド×2/サラウンドバック×2のいずれも180ワット(VSA-1017AVは各170ワット)。サイズはいずれも420(幅)×465(奥行き)×173(高さ)ミリ、15.3キロ。主な仕様は以下の通り。

製品名 VSA-AX1AH VSA-1017AV
実用最大出力 フロント×2/センター/サラウンド×2/サラウンドバック×2(いずれも180ワット) フロント×2/センター/サラウンド×2/サラウンドバック×2(いずれも170ワット)
音声入力 同軸×2/光デジタル×4/アナログ×8
映像入力 D4×2/コンポジット×5/コンポーネント×3/Sビデオ×5
HDMI 2(音声再生可能) 2(スイッチ)
USB 1
iPod専用端子 1
音声出力 光デジタル×1/アナログ×8(フロント×2/センター/サラウンド×2/サラウンドバック×2/ウーファー)
映像出力 D4×1/コンポジット×3/コンポーネント×1/Sビデオ×3
RS232C 1 ――
「VSA-AX1AH」
「VSA-1017AV」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.