ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年09月28日 17時44分 公開

今度はスポーツだ! 「CUBE WORLD」に新シリーズ登場

バンダイは、インテリアトイ「CUBE WORLD」の新シリーズ「SERIES4」を10月下旬に発売する。今度はスポーツをテーマにした4種類をラインアップ。

[ITmedia]

 バンダイ・プレイトイ事業部は9月27日、インテリアトイ「CUBE WORLD」の新シリーズ「SERIES4」を発表した。今度はスポーツをテーマにした4種類をラインアップし、10月下旬に発売する。価格は2個(2種)入りパックで4410円。

photo 「CUBE WORLD SERIES4」

 CUBE WORLDは、米RADICAが開発したインテリア玩具だ。1辺約4.7センチのキューブの中に「スティックピープル」(棒人間)と呼ばれるキャラクターが住み、アメリカンコミックのような生活を繰り広げる。またキューブには上下左右に金属接点があり、キューブ同士を接続可能。互いのキューブに出入りして一緒に遊んだり、ケンカしたりとモーションが飛躍的に増える。

photophoto 液晶スクリーンと後背面を除く残りの周囲4面には、表面に全て3個の金属接点がある(左)。キューブ同士を接続すると互いのキューブに出入りする

 1年ぶりとなる新シリーズは、スニーカーをイメージしたというカラフルなデザインだ。ラインアップは「PIVOT」(バスケットボール)、「KICKS」(フットボール)、「MAJOR」(野球)、「GRINDER」(エクストリーム)。PIVOTとKICKS、MAJORとGRINDERがそれぞれセット販売される。4種を接続するとスペシャルなアニメーションを見ることができるという。

photophoto リフティング中の「KICKS」(左)とマウンテンバイクに乗る「GRINDER」

 なお、キューブは最大16個まで接続できるため、シリーズ4の登場によりすべて異なるキューブで4×4の“キューブマンション”を建造できるようになった。

関連キーワード

バンダイ | 大人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.