ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年10月02日 22時00分 公開

CEATEC JAPAN 2007:「BDは安心安全」「HD DVD、本当に売ってるの?」――BDA (1/2)

Blu-ray Disc Association(BDA)が、CEATECのBDAブースでプレスセッションを開催。さまざまなデータをもとに、数の論理で「BD圧勝」を高らかに宣言した。

[西坂真人,ITmedia]

 Blu-ray Disc Association(BDA)は10月2日、CEATEC JAPAN のBDAブースでプレスセッションを開催。BD(Blu-ray Disc)関連のハード/ソフトベンダー代表者が集まり、さまざまなデータなどをもとに次世代メディアとしてのBD優位性をアピールした。


photo ソニー西谷清氏(ソニー コーポレート・エグゼクティブSVP)

 ソニーの西谷清氏(ソニー コーポレート・エグゼクティブSVP)は冒頭の挨拶で「本格的なハイビジョン時代が到来した。さまざまなメーカーからBD新製品が続々と発表されており、国内では5社からプレーヤー、レコーダー、カムコーダーなどのBD関連製品が登場している。準備は整った」と、着実にラインアップを充実させているBD製品群に自信を見せる。

 「今年の年末は、テレビ、録画するもの、映画ソフト、すべてがハイビジョンで楽しめる時代になる。最近の日本のキーワードは「安心安全」。たいへん多くの企業に賛同を得ているBDフォーマットは、ハイビジョンという次世代メディアを担う“安心安全”のフォーマットといえる」(西谷氏)


photo 松下電器産業の小塚雅之氏(松下電器産業 蓄積デバイス事業戦略室 室長)

 続いて登場した松下電器産業の小塚雅之氏(松下電器産業 蓄積デバイス事業戦略室 室長)によるプレゼンは、かなり過激に進行。BD/HD DVDそれぞれの陣営の企業ロゴを配した表を作成し、さまざまな観点から両陣営の勢力マップを紹介した。

 「相変わらずHD DVDは、残念ながら東芝さんとマイクロソフトさんしかいませんが、BD側は(メーカーロゴが)置けないくらいいっぱい」(小塚氏)

photophoto
photophoto CEATECでの商品化状況。左が2006年で右が2007年
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.