ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年10月29日 13時42分 公開

シャープ、22V型でフルHDパネルの「AQUOS P」

シャープが液晶テレビ“AQUOS”の新製品「AQUOS P」シリーズを発表。業界初となる22V型・26V型のフルHDモデルを用意する。

[ITmedia]

 シャープは10月29日、液晶テレビ“AQUOS”の新製品として業界初となる22V/26V型でのフルHDパネル搭載機種を含む「AQUOS P」シリーズを11月22日より販売開始すると発表した。「LC-32P1-W」(32V型)、「LC-26P1-W」(26V型)、「LC-22P1-W」(22V型)の3製品が発売され、価格はいずれもオープン。実売想定価格はLC-32P1-Wが24万円前後、LC-26P1-Wが20万円前後、LC-22P1-Wが18万円前後。

photo AQUOS Pシリーズ。左から「LC-32P1-W」(32V型)、「LC-26P1-W」(26V型)、「LC-22P1-W」(22V型)

 新製品はいずれもフルHD(1920×1080ピクセル)液晶パネルを搭載。これまで同社のフルHD解像度を持つ液晶テレビでは32V型が最小サイズだったが、新製品の投入でさら小型化が進んだことになる。ちなみに、同社はCEATEC JAPAN 2007にて22V・26V型のフルHD液晶テレビを参考展示しており、PC用キーボードを収納できるスタンドデザインなども新製品はそのまま実装している。

 小型・高精細という特徴を活かすため、前述のキーボード収納可能なスタンドデザインのほか、PC表示中にテレビ画面を小窓で表示する2画面機能(小画面のサイズは2段階切り替え可能)、端子・ボタン類の前面集中レイアウトなど、PC接続時の使い勝手を高める機能が用意されている。

 インタフェースはHDMI×2(AQUOSファミリンク対応)やD5入力×1などのほか、PC接続用にDVI-DとD-Sub15ピンを1系統ずつ用意。i.LINK(TS)S400も2系統用意されており、カムコーダーなども接続できる。チューナーはCATVパススルー対応の3波対応デジタルチューナーおよびアナログチューナーを搭載。液晶の輝度は400カンデラ/平方メートルで、視野角は上下左右176度。コントラスト比はLC-32P1-Wが2000:1、LC-26P1-Wが1500:1、LC-22P1-Wが1200:1。

 テーブルスタンド装着時のサイズは、LC-32P1-Wが803(幅)×279(奥行き)×582(高さ)・18.5キロ、LC-26P1-Wが668(幅)×279(奥行き)×509(高さ)・15.5キロ、LC-22P1-Wが570(幅)×271(奥行き)×448(高さ)・9.7キロ。

関連キーワード

AQUOS | シャープ | フルHD | 液晶テレビ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.