ITmedia NEWS >
ニュース
» 2008年01月08日 12時35分 公開

2008 International CES:象も原寸大? パナソニックが世界最大150型PDPを披露 (2/2)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 このほか基調講演では、WiressHDを利用してハイビジョン動画の伝送とVIERAリンクをワイヤレス化するデモや、ネットワーク連携機能「VIERA CAST」のデモが行われた。

photophoto WiressHDのデモ。ミリ波を利用するため障害物による干渉も気になるところだが、坂本氏は自ら「手を振っても干渉しない」ことを示した。またカムコーダを置くだけでテレビに映像を伝送する連携機能も披露している。「これは来年の技術。ブースで見てほしい」(同氏)

 VIERA CASTでは、Bloomberg NewsやWeather Newsといった情報取得の他、Youtubeの動画を直接テレビで視聴したり、Googleが提供するオンラインアルバム「Picasa Web Album」の画像を参照するといったことが可能になる。「それだけではない。近々登場するワイヤレスLAN対応デジタルカメラなら、ホットスポットからPicasa Web Albumに直接アップできる」という。

photophoto Youtubeの人気動画「ピアノを弾く猫」をテレビで視聴できる(左)。Picasa Web Albumの画面(右)

 最後に「未来のビジョン」として紹介したのは、究極のデジタルハウスと言えそうな“ライフウォール”だ。壁一面が画面になっていて、しかもタッチスクリーン付き。指先で触れるだけで写真を額縁付きの絵画のように表示したり、景色を変えたりとインテリアをカスタマイズできる、いわばバーチャルリビングルーム。もちろん映し出した画面は指先の操作1つで移動可能。壁でチャットやビデオ会議だって行える。

photophoto 壁一面が画面になっている究極のデジタルハウス。窓の外が海底になる?

 「このようなデジタルハウスが新しい夢を見させてくれます。でも、果たして想像だけの世界でしょうか?」。150インチPDPを披露した直後だけに妙な含みを感じるセリフで、坂本氏は基調講演を締めくくった。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.