ITmedia NEWS >
レビュー
» 2015年12月16日 17時18分 公開

2015年、コレ買いました――家電ライター・すずまりの場合長く使って良かったモノ(2/3 ページ)

[すずまり,ITmedia]

製品名:ソニッケアー ダイヤモンドクリーン HX9303/06

ソニッケアー ダイヤモンドクリーン(HX9303/06)。よく使うのはミニサイズの標準ブラシと舌磨きブラシヘッド

 1年ほど前に歯列矯正を終えてから、歯の裏側にずっと歯列を維持するためのワイヤーがついている。そのため、歯磨きに気を遣わなくてはならない。前歯の裏側は特に磨きにくく、気がつくと歯石ができており、毎回歯科衛生士さんに指摘を受けてしまう。意識していても磨き残しが発生しがちな場所だけに、よりしっかり磨けるようにと導入を決意したのが、電動歯ブラシというわけだ。

 ソニッケアーのダイヤモンドクリーンを選んだのは、モードと交換ブラシの多彩さもさることながら、グラスに入れるだけで充電できるスタイルと、携帯用のポーチが充電器も兼ねる点などが気に入ったからである。導入するにあたり、舌磨きブラシヘッドと、インターケアーブラシヘッドのミニサイズを1本プラスしてみた。

満足度

 電動歯ブラシ自体は初めてではないが、やっぱり便利! 特に歯茎の健康も気になる年齢だけに、音波式の振動はそれだけでマッサージ効果がありそうで気に入っている。ミニサイズのブラシはかなり小回りが利くし、歯の隙間もバッチリ。最後の仕上げにフロスや歯間ブラシは使っているが、明らかに前よりも歯垢がとれているので満足している。懸念していた裏側もしっかりカバーできていると感じている。

わが家のフルラインアップ。ヘッドが小さいほうが自分にあっているようだ
ボタンを押すごとにモードが変わるが、主に使うのは一番上のClean(左)。グラスに入れるだけで充電というところがツボだった(右)

もちろんグラスはグラスとして使える

 面白いのは、舌磨き。コーヒーの飲み過ぎなどで口の中が気持ち悪くなったときは、通常の歯磨きに加えて、舌も磨くとさっぱりするのだ。夜の歯磨きで舌も磨いておくと、翌朝口の中が爽やかで、口臭もかなり抑えられてる気がする。それまでは横着して、歯ブラシで舌の上を掃除することが多かった。どうしても刺激が強くなってしまうが、音波振動なら無理がない。

寝る前は歯と一緒に舌の掃除もしている

 唯一の不満は、交換ブラシが高いこと。これはかなり悩ましい。あとは旅行にもっていくには少々大きい気もする。USB充電ができるトラベルサイズが欲しくなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.