ITmedia NEWS >
レビュー
» 2018年01月26日 16時46分 公開

持って楽しく撮って楽しい悦楽のカメラ「ライカCL」 (2/4)

[荻窪圭,ITmedia]

 上面には電源とシャッター以外は電子ダイヤルが2つだけ。撮影モードダイヤルもない。

 ダイヤルの間には小さく液晶モニターが付いており、上から見るだけで設定が分かる。

特徴的なのが2つの電子ダイヤルと中央のモニター

 このダイヤルが面白い。ダイヤルの中央はボタンになっているのだ。

 普段は右のダイヤルが絞りやプログラムシフトやシャッタースピード、左のダイヤルが露出補正。

 左ダイヤルのボタンを押すと撮影モードが変わる。PASMの他、シーンモードも動画モードも用意されている。

 右ダイヤルのボタンはカスタマイズ可能。

 ボタンを押してダイヤルを回すと指定した機能を実行できるわけだが、長押しすると設定しておいた機能の一覧が表示されるので、そこから使いたい機能を選べるのである。慣れると非常に楽だ。

ダイヤルの中央がボタンになっている点に注目。
このように最大5つまで機能をセットできる。

 背面はモニターが中央にある設計で、右には十字キー、左には3つのボタンのみ。

背面から。モニターの左に3つのボタン。右に十字キーがあるだけと超シンプル。モニターはタッチパネル付きだ。

 モニター左のFNボタンには右電子ダイヤルと同様に複数の機能を自由に設定できる。

 FNと右ダイヤルの2つをうまく使えば最小限のボタン+ダイヤルで操作できるという仕組みだ。

 さらに特筆すべきはファインダー。

 Eye-Resファインダーと名づけられたEVFで非常に大きくて見やすい。

大きくて見やすいファインダー。EVFのクオリティーがここまで上がったので、内蔵したのだという。

 しかもハイアイポイントなのでメガネをかけて覗いても隅まできれいに見える。

 これは良い。

 デザインからもファインダーのクオリティーからも、ファインダーを覗いて撮るのが楽しいカメラだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.