ITmedia NEWS >
レビュー
» 2018年01月26日 16時46分 公開

持って楽しく撮って楽しい悦楽のカメラ「ライカCL」 (4/4)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

 さて、面白いことに、このカメラを使っているとモノクロで撮りたくなる。ライカといえばモノクロ、というわけではないんだが、ライカで撮られた往年の名作のイメージが強いんだろう。

フィルムモードとしてカラー3種類モノクロ2種類が用意されている。これもFNにでも割り当てればさっと変更できる
モノクロ(ハイコントラスト)で森のスナップを。モノクロで撮るスナップにはカラーと違う味がある。特にこのモノクロは撮ってて気持ちいい(1/100秒 F2.8 -0.3 ISO100)

 雪の日のスナップもモノクロで。日没後なのでISO感度が上がっているが、若干のざらつきもモノクロだといい感じに。

雪の夕刻をモノクロで。ISO3200(1/80秒 F2.8 ISO3200)

 なお、シャッタースピードはメカシャッターで1/8000秒、電子シャッターにすると1/25000秒まで上げられる。

持って楽しく撮って楽しい悦楽のカメラ

 つまるところ、これ、小さくてめちゃカッコよくてスナップを撮って気持ちいいヤバいカメラである。

 さらにWi-Fi機能も付いててスマートフォンへの転送も可能だ。

 まあ、ボディだけで30万円以上するので誰にでもお勧めってわけではないし、何でも撮るぞってカメラでもない。

 でも首から提げたりバッグにいつも入れて、撮りたいシーンに出会ったときさっとスナップを撮り、撮影の感触ににんまりし、そのうつりににんやりすることに悦びを覚える悦楽のカメラだ。

 少なくとも、いつもモデルをしてくれてる女子大生が珍しく「このカメラ欲しい!」と目を輝かせ、ちょっと撮らせてといって何枚か撮っては「買えないけど欲しい」とにんまりし、あとからLINEで「あのライカいくらでしたっけ」とメッセージ送ってきて、「ああ、無理だー」と嘆いていたのは確かである。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.