ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「女子学生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「女子学生」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

仙台育英学園、沖縄の通信制課程で教員が女子生徒にハラスメント行為…… 学校謝罪「あってはならない事案」
2014年に開校していました。(2024/2/15)

もぐす『恋と呼ぶには気持ち悪い』舞台化 乃木坂46柴田柚菜が内博貴を罵倒しまくる女子高生役で舞台単独初主演
内博貴「このような恋愛物語は、得意なジャンルだと自分では自負しております」。(2024/1/26)

中学生・高校生が将来なりたい職業 1位は?
LINEヤフーが運営する調査プラットフォーム「LINEリサーチ」は全国の中学生、高校生の男女を対象に、なりたい職業についての調査を実施。男子中学生・男子高校生・女子高校生の1位は「国家公務員・地方公務員」、女子中学生の1位は「教師・教員・大学教授」だった。(2024/1/15)

蔵出しブックレット
女子生徒が感じた「IT業界に女性が少な過ぎる」“根本的な理由”って?
女性がITの世界に進むことをためらうとすれば、その“根本的な原因”とは何なのでしょうか。コンピュータサイエンスを学ぶ、ある女子生徒の話を基に探ります。(2024/1/11)

17歳女子高生レーサーJuju、日本人女性初&最年少のスーパーフォーミュラ参戦 チーム代表も評価「非凡な才能」「ここからが本当の戦い」
すごい!(2024/1/10)

ブックレットダウンロードランキング(2023年)
女子生徒が感じた「IT業界に女性が少ない理由」は? RPAは消えてなくなる?
「経営とIT」「中堅・中小企業とIT」「医療IT」「教育IT」に関するTechTargetジャパンのブックレットのうち、2023年に新規会員の関心を集めたものは何だったのでしょうか。ランキングで紹介します。(2023/12/31)

女子高生に流行った「ルーズソックス」が戻ってきた! 再ブームの背景は?
1990年代後半に一大ブームとなった「ルーズソックス」だが、2021年頃に到来した「平成レトロブーム」を機に再び注目されている。20数年を経てルーズソックスは、どのように変化したのか。(2023/12/28)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【中編】
英国女子生徒のSTEM学習は不足しているのか? 「女子の方が優秀」の謎
IT業界に身を置く女性管理職は、業界で潜在的に続く「人材不足」や「多様性の欠如」といった問題は、教育制度と地続きだと考えている。英国の成績データから見える、コンピュータサイエンスの男女差は。(2023/12/25)

「やっば天才だわ」 女子高生がウルフカットに大変身…… 美容師の得意技に称賛の声
似合っている!(2023/12/24)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【前編】
英国の女子生徒がSTEM科目を敬遠する流れは、まだ続くのか
英国の卒業認定試験GCSEの結果によると、コンピュータサイエンスを受験する女子生徒の数は増加傾向を見せている。ただしIT業界に身を置く女性管理職は、女子生徒がSTEM分野を学ぶのを阻害する「壁」に課題を感じている。(2023/12/18)

弱音を吐けない限界OLが泣いた“女子大生の一言” ダメなところを認めてもらえるうれしさを描いたマンガに「癒やされた」「人間の面白さが詰まってる」
分かる……。(2023/12/20)

JC・JKが選んだ2023年の流行語 ヒト部門の1位は「ひき肉」 モノ部門は?
女子中高生が選ぶ、流行語は何か。AMFが調査結果を発表した。(2023/12/6)

“いつも寝ている猫っぽい女子生徒”の意外な素顔にドキドキ…… ラブコメマンガ『となりの猫と恋知らず』に「最高」「どストライク」の声
続きが読みたい……!(2023/12/9)

女子生徒のピンチに、幼なじみの男子がスカート姿で現れて…… 読むと胸がキュンキュンするマンガ『カッコいい女の子と12センチの約束』
突然スカートで現れても、頼りになる姿がカッコいい!(2023/12/4)

40歳の中島美嘉、マスク越しナチュラルメイクで見る者魅了してしまう 雰囲気激変してのかわいさに「若過ぎます」「女子高生かと」
ナチュラルメイクがキュート!(2023/11/12)

女性の技術者育成を目指すAWS【後編】
IT人材不足よりもまず「女子生徒の関心」が大事なのはなぜ?
AWSはIT人材を育成するための幾つかの施策に取り組んでいる。同社が奨学金制度や、女子生徒向けの教育プログラムを提供する狙いとは。(2023/9/30)

女性の技術者育成を目指すAWS【中編】
「女性がIT業界に来ない」のは“ある誤解”が理由だった?
AWSは女子生徒向けのIT教育プログラムを幾つか提供している。その背景には、IT業界における女性の技術者不足がある。その理由と、解決策とは。(2023/9/24)

小倉優子、“30代ラストのメイク動画”で披露したスッピンに見惚れる人々 「え…嘘!?」「何歳になってもずっと若者」
タレント兼、現役女子大生兼、3男児の母の小倉さん。(2023/9/23)

女性の技術者育成を目指すAWS【前編】
AWSの教育プログラムで「女子生徒が開発した有望アプリ」とは?
AWSはキャリア支援のプログラム「AWS GetIT 2023」を実施した。10代の女子生徒がITのキャリアに関心を持てるようにすることが目的だ。その具体的な中身とは。(2023/9/16)

宇都宮市、女子高生の“PRキャラ”を「公式ではない」と否定 運営側「非常にショック」と反論
運営側が反論する事態にいたっています。(2023/8/25)

「オオカミちゃん」出演女子高生TikToker、模試で慶応A判定の健闘も“不正”疑う声→反論「一切してないです」
誹謗中傷も受けたと明かしています。(2023/8/22)

四谷大塚、元講師が女子生徒盗撮で「責任を痛切に感じる」 教室内をリアルタイムで見られるシステム導入へ
「全社を挙げて再発防止に全力を尽くす所存です」と述べています。(2023/8/18)

コンドームの装着方法を実物で教えてくれた先生 女子高時代の性教育の思い出を描いた漫画に「素敵ですね」「羨ましい」
作者に当時の気持ちや、漫画を描くに至った思いなどを聞きました。(2023/7/13)

桜井日奈子、26歳の制服姿がまだまだ現役 「どこから見ても女子高生」「年齢詐称してない?」
本当に26歳?(2023/6/27)

山田孝之、インスタ再開設で女子高生みたいになる “いつものイケメン”とデート風景に「おじさん2人可愛すぎる」
山田さんの絶妙な笑顔いい。(2023/6/22)

現役女子大生、棒々鶏を調理→油で揚げた謎料理が爆誕してしまう フジ深夜の珍事にネットざわつく「奇跡」「意外においしいって?」
オーダーは通らなかったけれどおいしかったならオッケー!(2023/6/12)

“女子高生起業家”として話題になった椎木里佳、結婚披露宴を報告 自身で総合司会&プロデュースを担当
2022年12月に結婚を発表。(2023/5/24)

「じゅく」→「でんわ」の流れが最高に女子高生 高1のころの何気ないLINEがTwitterで2万いいね集める
これは青春。(2023/5/22)

LINERリサーチ調べ:
女子高生が選ぶ「流行しそうな食べもの」 3位「韓国ワッフル」、2位「2Dケーキ」、1位は?
LINE(東京都新宿区)は、全国の高校生を対象に、これから流行しそうだと思う食べもの・飲みものについて調査した。その結果、1位は「グミ」となった。(2023/5/21)

佐藤仁美、エステ帰りの無加工“どすっぴん”写真にファン驚愕 「きれいやないかい!」「女子高生かと思った」
ちゅるちゅるだ!?(2023/5/15)

「えぇ!?」「めっちゃ大人っぽい」 女子高生が流行りのヘアスタイルに変身したら…… 美容師によるイメチェンに大絶賛
本人も「別人ですね」と驚きつつも満足げ。(2023/4/17)

パワフルママだ! 小倉優子、39歳で白百合女子大へ入学 3児の子育て&仕事の両立に加え大学生活にも意欲
ゆうこりんが大学生に!(2023/4/1)

授業をサボりたい女子高生、秘密のマシンを起動するも失敗! まさかの理由に「やってる間にバレそう」ツッコミの声
なんだかクセになる作品です。(2023/2/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
女子生徒が感じた「IT業界に女性が少ない理由」
「女性にとってITは近寄り難い」――。コンピュータサイエンスを学ぶある女子生徒は、こう感じているという。それはなぜなのか。IT業界を志す女性が増えない“根本的な原因”とは。(2023/2/16)

「動画SNSは命がけ」な現役女子大生に聞いた“独断と偏見による流行アプリ3選”が生々しすぎた
今、若者の間ではどんなアプリが流行っているのか。筆者の妹に今まさに大学生の間で流行っているアプリは何か尋ねてみた。画像・動画編集アプリと韓国アイドルアプリが“キてる”らしい。(2023/2/10)

“男性社会”からの変化が急務
「コンピュータを学ぶ女子」をIT業界が渇望する“シンプルな理由”はこれだ
“男性社会”であり続けたIT業界は、コンピュータサイエンスを学ぶ女子学生の増加に期待を寄せているという。その背景には何があるのか。(2023/1/30)

「2秒で腹壊すよ!」女子高生が寒くても生足なのは校則のせい? “指定の靴下以外は禁止”の理不尽な校則を漫画家が批判
根性で生足してるのではなく、そうせざるを得ない校則の存在が……?(2023/1/27)

「もうきついって言われました」みちょぱ、24歳の女子高生制服姿 ファンには好評「憧れてたギャルJK」「大人っぽい女子高生」
夫・大倉士門さん「ええやないかい!」(2023/1/25)

「明日から学校まで歩こう」と約束した女子高生→翌朝…… 「ダイエットは明日から」の無限ループに共感しかない
あ、明日からやるから……!(2023/1/20)

大船「ちから弁当」(780円):
現役女子大生のユニークな発想が詰まった期間限定駅弁「ちから弁当」とは?
大船には、10年にわたって継続している地元の大学とのコラボ駅弁があります。ことしはどんな駅弁になったのでしょうか?(2022/12/24)

「セキュリティ女子」育成に注力する英国【前編】
女子中学生に「セキュリティ」の魅力を伝授 “セキュ女”育成イベントの中身は
非営利団体CyNamは、セキュリティ業界を目指す女子生徒を増やすためにキャリア形成支援イベントを開催している。どのようなイベントなのか。(2022/12/23)

コンピュータサイエンスを学ぶ女子生徒の憂鬱【第4回】
コーディング好きの女子生徒が「大学でコンピュータを学びたいとは思わない」訳
小学生の頃から独学も交えて「コンピュータサイエンス」を学び続けてきた、ある女子生徒は、大学ではコンピュータサイエンスの学位を取得する気がないという。その理由とは。(2022/12/16)

本田望結、久しぶりの高校制服ショットがやっぱり最強 雪の青森からのダブルピースに「めっちゃ可愛い」「同じ高校なら毎日告白」
そういえば現役の女子高生だった。(2022/12/14)

25歳になった“女子高生起業家” 椎木里佳が結婚を発表 お相手は「中学校からの先輩であり、起業家の後輩」
なお夫が妻の姓に変わるとのこと。(2022/12/13)

コンピュータサイエンスを学ぶ女子生徒の憂鬱【第3回】
コンピュータサイエンスを学ぶ女子生徒が感じた「IT業界に女性が少ない理由」
「コンピュータサイエンス」の授業を受講する、ある女子生徒は、女性が「ITは近寄り難い」と感じるのには理由があると感じている。それは何なのか。(2022/12/9)

コンピュータサイエンスを学ぶ女子生徒の憂鬱【第2回】
コーディング好きの女子生徒が「コンピュータサイエンス授業」を楽しめない理由
自ら選んだ「コンピュータサイエンス」の授業が詰まらない――。コンピュータサイエンスへの関心を深めてきた女子生徒が、そう思った理由は何なのか。(2022/12/2)

24卒女子学生に聞く人気の就職先 上位のIT企業は?
2024年に卒業予定の大学生・大学院生に人気の就職先はどこか──就職情報サイトを運営する学情(大阪市)がこんな調査結果を発表した。結果を男女別に集計。女子の1位は?(2022/11/30)

女子高生が好きなキャラクター 3位「ミッフィー」、2位「ドラえもん」、1位は?
JSコーポレーションが女子高生が好きなキャラクターを調査。3位「ミッフィー」、2位「ドラえもん」だった。(2022/11/30)

コンピュータサイエンスを学ぶ女子生徒の憂鬱【第1回】
ラズパイにもScratchにも無関心だった女子生徒が“コーディング好き”になった訳
大学進学に向けて「コンピュータサイエンス」の科目を学ぶ、ある女子生徒は、小学生の頃はコンピュータサイエンスの授業が嫌いだったという。そんな彼女の考え方が変わったきっかけとは。(2022/11/26)

Go AbekawaのGo Global!〜Umme Habiba Mim(前):
女子高生のころは、カエルの解剖が好きでした
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はBFTのUmme Habiba Mim(ウッメ ハビバ ミム)さんにお話を伺う。化学に物理、宇宙が大好きな根っからの理系女子なウッメさんはなぜ日本を目指したのか。(2022/11/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。