ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「教育」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「教育」に関する情報が集まったページです。

製造業に特化、AI人材育成サービス登場 「顧客のAIプロジェクトと並走」
製造業向けAIサービスを提供するスカイディスクが、製造業向けのAI人材育成サービスを始めた。顧客の課題に合わせて教育プログラムをカスタマイズして提供する。(2020/2/19)

あのGoogleが「アナログ」に進出? “ボードゲーム”で学ぶネットの安全
ある意味でデジタルの「権化」ともいえるGoogleが、アナログな「ボードゲーム」を作ったという。「ネットリテラシー教育」の一環だそうだが、どのようなボードゲームなのか。ボードゲームデザイナーとしても活動している筆者がチェックする。【訂正】(2020/2/19)

兵庫県、県立高校に自動採点システム全国初導入 採点時間半分に
兵庫県教育委員会は、教職員の働き方改革の一環として、2020年度から記述式のテスト答案をPCで採点する「デジタル採点システム」を導入する。これにより、1クラスにつき3時間程かかっていた採点作業時間が半減する見込み。(2020/2/19)

文科省、ポケモンでプログラミング教育 企業と連携してカリキュラム開発へ
文部科学省は、小学校で4月に始まるプログラミング教育に向け、行政と企業が連携してカリキュラムを開発する「未来の学び プログラミング教育(みらプロ)2020」の概要を発表した。ポケモン社は、ゲーム制作の仕事の紹介やプログラミングの体験授業などを行う。(2020/2/19)

“かけ算”思考で! 藤原和博さんが語る「100万人の1人」になる方法 
教育、働き方など、多様なテーマの著作がヒットしている“教育改革実践家”の藤原和博さん。今回出版した、『100万人に1人の存在になる方法』では、将来の仕事人生に不安を持つ人に向け、希少価値の高いキャリアを積んでいくノウハウを惜しみなく披露している。(2020/2/18)

Eテレで教育番組「ポケモンぼうさいクラブ」 ポケモンと一緒に「まもる」「たくわえる」「きけんよち」を学ぼう
グレッグル大活躍の予感!(2020/2/13)

佐藤優が明かす ロシアスパイの教育とプロの掟
機密情報を入試していたのは、旧KGBの流れをくむロシア対外情報庁(SVR)の一員とみられる。(2020/2/11)

間近に迫るプログラミング教育必修化:
プログラミング教育必修化に向けた取り組み 大日本印刷が教科横断的な授業事例を公開
大日本印刷は、小学校で必修化されるプログラミング教育に関する取り組みを明らかにした。新宿区立落合第四小学校では、スマートスピーカーの仕組みを学ぶ教材を使用して、6年生を対象に「ネットワークを利用した双方向性のあるプログラム」の授業を行う。(2020/2/10)

不登校生徒ら支援にIT活用 大阪府、テレビ電話やVR導入へ
大阪府教育庁は、テレビ電話やVRなどの機器を活用して、不登校生徒や知的障害のある生徒を支援する「スマートスクール推進事業」をモデル校で実施する。(2020/2/5)

スペックは「議論して決定」:
1人1台のPCで教育のICT化を推進――日本マイクロソフトが「GIGAスクールパッケージ」を提供開始
日本マイクロソフトが、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」に準拠するPCやソリューションを一括提供するパッケージを発表。教育機関向けに販売を開始した。(2020/2/4)

スペック低くても「問題ない」 日本マイクロソフト、文科省“子ども1人にPC1台”対応パッケージ提供
日本マイクロソフトは「GIGAスクールパッケージ」を発売した。文部科学省の掲げる“子ども1人にPC1台”施策に準拠した教育用PCやクラウドサービスなどを通常より低価格で提供する。(2020/2/4)

マウスが「GIGAスクール構想」準拠の10.1型2in1タブレットPCを開発中 
マウスコンピューターは、「マイクロソフト教育サミット“世界標準で学ぶ”MSソリューションで取り組むGIGAスクール対策サミット」で文教向けノートPC新モデルの展示を実施する。(2020/2/4)

医療機器ニュース:
VR遠隔医療教育ソリューションの活用へ、5Gでの低遅延配信に成功
クリーク・アンド・リバー社の子会社VR japanは、コニカミノルタジャパン、NTTドコモと共同で、360度映像を1秒以下の低遅延で配信することに成功した。VR遠隔医療教育ソリューションなどでの活用が期待される。(2020/2/4)

三谷商事、教育機関での“1人1台端末”に対応する「Chromebookオールインワンパッケージ」 1台5万円程度を想定
三谷商事は、文部科学省の「GIGAスクール構想」への対応を想定したChromebookセットパッケージを発表した。(2020/2/3)

テック・パワー、教育現場の導入に向くタブレット端末保管庫 GIGAスクール構想に準拠
テック・パワーは、保管しながらの充電にも対応可能なタブレット端末保管庫「TPS」シリーズを発表した。(2020/2/3)

製造マネジメントニュース:
経産省が「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」の申請受付開始
経済産業省は、IT、データ分野を中心とした専門的、実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」の第6回申請受付を、2020年1月14日から開始する。(2020/2/3)

メカ設計ニュース:
法人、教育機関向けにデスクトップ型レーザーカッターの取り扱いを開始
SB C&Sは、法人、教育機関向けにMakeblock製のデスクトップ型スマートレーザーカッター「Laserbox」の取り扱いを開始した。ボタンを押すだけで切断や彫刻ができ、専用ソフトと複数の安全機能が搭載されているため、誰もが安心して使用できる。(2020/2/3)

ひらがなだけの「えきのなまえマップ」、マピオンテックラボで公開 幼児教育を視野に新入社員が提案
ONE COMPATHが駅名を中心に表記がひらがなになった地図「えきのなまえマップ」を公開した。ベクトル地図を活用したサービス開発の一環。幼児教育を視野に新入社員が研修中に提案したアイデアを実現した。(2020/1/31)

マルウェアの「すり抜け」に根本的な対策を:
Menlo Security CEOが語る、リスクだらけのWebを浄化する最新技術
サイバー攻撃は年々増加、巧妙化しており、従業員への教育、啓発やアンチウイルス製品の導入だけでは対応が難しい。後追いで検知するのではなく、より根本的な対策はないだろうか?(2020/1/31)

エイサー、「GIGAスクール構想」仕様に準拠した学校導入向け11.6型2in1ノートPC
日本エイサーは、学習者用端末用の標準仕様に準拠した教育市場向け11.6型2in1ノートPC「TMB311R-31-A14P」を発表した。(2020/1/28)

香川のゲーム規制条例案、約半数が賛成との調査結果 「他の遊びのほうが脳の刺激になりそう」「今はゲームも職業になる時代」など賛否
「本来ならば各家庭で教育すべき事柄だが、共働き世帯などでは育児に時間をかけられず、条例で決めてもらえれば負担が減る」とする、悩ましい意見も。(2020/1/28)

VRニュース:
マルチプラットフォーム向け統合開発環境を学べる企業向け公式教育施設
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、公式教育施設「Unityトレーニングセンター 品川」を開設した。企業を主な対象とし、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」の各種トレーニングを実施する。(2020/1/28)

『ミクロの決死圏』のコンセプトも実現か
アポロ11号が「モノのインターネット」(IoT)の原点だった?
今や製造や医療、教育の分野に広がる「モノのインターネット」(IoT)。その原点は人類を月に送る「アポロ計画」のために開発された技術にあるという。それはどういうことなのか。(2020/1/26)

富士通、文教向けの防水10.1型Windowsタブレット「ARROWS Tab Q5010/CE」など法人PC計9モデルを発表
富士通は、教育現場での利用に適した10.1型Windowsタブレット「ARROWS Tab Q5010/CE」など法人向けPC計9モデルの発表を行った。(2020/1/23)

DOCOMO Open House 2020:
5Gでどんなビジネスが生まれる? 「DOCOMO Open House 2020」で見られるソリューション
「DOCOMO Open House 2020」では、幅広いパートナー企業と「協創」したさまざまな取り組みが数多く紹介されている。ドコモが考えている5G時代の新しいビジネスやサービスの中から一部を紹介しよう。警備、ゴルフ、教育、広告、漁業、医療のソリューションを見てきた。(2020/1/23)

高い自動車ローンを変える クラウドローンが、銀行とユーザーをマッチングさせるプラットフォーム開始
自動車ディーラーなどでクルマを買うときに、提示されるローンに申し込む人は多いだろう。しかしその金利は実は高いことを知っているだろうか。金融系スタートアップのクラウドローンは、1月23日から、個人がマイカーローンや教育ローンを組むときに、複数の銀行との間でマッチングしてくれるサービスを開始した。(2020/1/23)

NTT、タイトーなどと組みeスポーツへ参入 秋葉原UDXに専用施設をオープン、「闘神祭」の主催も
NTTアドなどの関連会社とスカパーJSATも参加。おのおのが得意分野を担い、イベントの運営や人材教育などを行います。(2020/1/21)

今必要なスキルは“ネットの情報を見極める力” 国際学力調査で見えた課題
2018年に行われたOECDの国際学力到達度調査における日本の「読解力低下」が一部で波紋を広げている。川村学園女子大の田中孝一教授は、読解力を伸ばすにはネットの情報を見極めるための教育が必要だと指摘する。(2020/1/21)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
全国の小学生がプログラミング教育を受ける時代に、「Lチカ」できて感動した話
初めてのラズパイ。(2020/1/20)

「プログラミングよりも別のことを……」という声も:
「家族に教えてほしい」が最多 MMD総研が小中学生のプログラミング教育に関する意識調査
MMD総研が実施した「2020年1月 小中学生のプログラミング教育に関する意識調査」の結果によると、小中学生の半数以上が「学校以外でプログラミングを学びたい」と回答し、学校以外では家族に教えてほしいと考えている人が最も多かった。(2020/1/20)

「トミカ」誕生50周年 トヨタ、日産、ホンダのデザイナーがマジ参加した「特別記念トミカ」がすごそうだぞ
ぼくらの正しい教育玩具ですからね。(2020/1/17)

マルウェアの「すり抜け」に根本的な対策を:
PR:Menlo Security CEOが語る、リスクだらけのWebを浄化する最新技術
サイバー攻撃は年々増加、巧妙化しており、従業員への教育、啓発やアンチウイルス製品の導入だけでは対応が難しい。後追いで検知するのではなく、より根本的な対策はないだろうか?(2020/1/8)

4月スタートの小学校プログラミング教育、準備完了は約7割 都道府県でばらつき
文部科学省は、小学校で必修化されるプログラミング教育について、市町村教育委員会の準備状況を発表した。19年11月の時点で、基礎的な指導体制が整っている教育委員会は73.5%であることが分かった。(2020/1/10)

30年のノウハウを凝縮:
シンフォニーマーケティング、B2Bに特化したマーケティング人材育成プログラムを企業向けに提供開始
教育研修プログラム「Symphony Marketing Master」の提供を開始。(2020/1/9)

IBM Watsonと連携するロボットで「健康や食」に関するAI人材の教育プログラム――北海道情報大学、2020年度から提供へ
北海道情報大学では、日本IBMとの連携により、「IBM Watson」を活用したAI教育プログラムを開発。ボール紙ロボット「TJBot」を用いて、「健康や食」に関するアドバイスをするロボットの制作も組み入れた。同大学がテーマとする「食の保健機能研究」を基盤に、地域・社会に貢献できるAI人材の育成を目指す。(2020/1/10)

画像から人物の骨格を推定、ディープラーニング活用の無料サービス
画像から人物の骨格を自動で検出するAIツールを、ユーザーローカルが無償で公開。スポーツや医療、教育分野などでの活用を見込む。(2020/1/9)

リコーの全力投球RPA、数万人の従業員を動かした7つの起爆剤
現場の困りごとを解決したい――社外の事業者に頼らず、完全な内製でRPAに挑んだリコー。全社一丸で取り組んだ結果、1000人以上の社員がロボット開発の教育を受けたという。RPAへの高いモチベーションを生み出した「7つの起爆剤」とは。(2020/1/9)

半径300メートルのIT:
2020年の日本を揺るがす“ITの転換点”2つ、あなたは言えますか?
2020年、日本のIT分野に2つの大きな“転換点”が訪れるのをご存じでしょうか? 1つ目はWindows 7のサポート終了。2つ目は小学校におけるプログラミング学習の必修化です。「たかが子どもの教育内容じゃないか」と思うなかれ。なぜこの2つが重要なのか、今振り返っておきましょう。(2020/1/7)

「どこが悪い」「窃盗だ」――教諭の給食パン1000個持ち帰り、SNSで波紋広がる
廃棄予定だったパンなど学校給食の残りを「もったいない」と自宅に持ち帰っていた教諭を教育委員会が懲戒処分としたことがSNSなどで話題になった。教諭を擁護する声も多く、教育委員会は残食を減らす仕組みや、処分の方法について検討し始めた。(2019/12/27)

VR:
建築業の実写VR安全研修を共同開発、ジョリーグッドとメッド
ジョリーグッドとメッドコミュニケーションズは、建築現場における安全教育を実写VRで行える「建設業向けVR安全研修ソリューション」を開発した。作業現場の危険箇所や不安全行動に対する作業員の意識を醸成し、事故防止へつなげるコンテンツとして、元請け企業などに向けて販売していく。(2020/1/6)

【第2回】気鋭の経営者が語る「失敗の法則」:
「成功はアート、失敗はサイエンス」――倒産寸前の会社を再建した『破天荒フェニックス』、OWNDAYS田中修治社長が語る「会社経営失敗の法則」
2020年がいよいよ幕を開けた。多額の債務を背負い、債務超過で倒産寸前だったメガネ製造販売チェーンの「OWNDAYS」を30歳のときに買い取り、10年足らずで再建を果たした田中修治社長のインタビューを前後編でお届けする。後編となる第2回目では、OWNDAYS再建時に大切にしていた考え方に迫っていく。人材採用や社員教育など話は多岐にわたった。(2020/1/4)

Computer Weekly製品ガイド
離職率や教育コストを下げる起点となるVoE(従業員の声)
従業員の愛着やモチベーション向上に積極的な企業が、従業員の声を集約する技術やプログラムへの関心を高めている。(2019/12/27)

プライバシー保護の善しあしが企業の評価基準に:
レノボのCOO、Gianfranco Lanci氏が「2020年以降のテクノロジートレンド」を予測
レノボのGianfranco Lanci氏は、2020年以降のテクノロジートレンドを予想した。5Gや折りたたみデバイス、教育へのAR(拡張現実)/VR(仮想現実)の浸透、クラウドゲーミングの普及などを挙げた。(2019/12/26)

徹底したデータ分析と社員教育でリピーターは驚異の「9割」 人生変えるストレッチ
急成長を遂げているストレッチ専門店。“イタ気持ちいい”施術の裏には、徹底したデータ分析と社員教育があり、なんとリピーター9割という驚異的な数字に結びついている。(2019/12/25)

「将来つきたい職業」ランキング、男子1位は?
学研教育総合研究所は「将来つきたい職業」ランキングを発表した。全体ランキングをみると、1位は?(2019/12/25)

東工大が全院生にデータサイエンスとAI教育実施、20年度から ヤフーらと連携
東京工業大学が全ての大学院生を対象とした、データサイエンスとAIの教育を行う。2020年4月にスタート。ヤフーなど国内外の企業と連携する。(2019/12/25)

レノボCOOが2020年以降の10大テクノロジートレンドを予測
5Gや折りたたみデバイス、教育へのAR(拡張現実)/VR(仮想現実)の浸透、クラウドゲーミングの普及などを挙げた。(2019/12/25)

ジェンダーギャップ指数2019で集計ミス? 日本は本当は何位だったのか
「教育」の項目が不自然に下がっているという指摘が。(2019/12/18)

大学・高専向けにPBL教育者を養成する「PBL導入プログラム」 課題解決型AI教育の実現へ――NECが2020年7月に提供開始
NECは、課題解決型のAI人材教育に向け、大学と高等専門学校でPBL(Project Based Learning)を担う講師を養成する研修プログラム「PBL導入プログラム」を2020年7月から開始する。AIに関する専門知識、データ利活用プロセスなど、PBL教育に必要な知識の習得を目指せる。(2019/12/18)

怖いもの知らずの新入り子ネコに先輩ネコの教育的指導ッ! 新しい家族とにぎやかに暮らす漫画が楽しい
強気なのは、ビビりを隠すため?(2019/12/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。