ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「高校」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

踊り手りりり、高校卒業を報告 制服姿に「こんなに大きくなったんだ!」「小学生の時に会ったのが懐かしい」
卒業おめでとうございます!(2024/2/21)

実は2月1日からメールが届いていないかも?  Gmailガイドラインで事業者、利用者が知っておくべきこと
神奈川県の高校出願システムでGmailドメインのアドレスにメールが届けられず、受験生による登録や出願に影響が出る問題が発生した。この問題は他の事業者にとっても他人事ではなお。一体、いまGmailを巡って何が起こっているのか。(2024/2/21)

半径300メートルのIT:
高校生が学ぶ「情報II」が“本気すぎる” 研修にも使える教材のポイントを紹介
高校生の授業科目である「情報II」で学ぶ内容が非常に本格的だと話題になっています。大学時代に「情報」を学んでいた筆者が早速読んでみたところ、確かに“全くあなどれない”内容でした。(2024/2/20)

Go AbekawaのGo Global!〜アリシアさん from マレーシア(前):
父のようなエンジニアなりたい そして少女は海を渡った
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はNTTデータ ニューソンでセキュリティ業務に携わるAlicia Lee(アリシア・リ)さんにお話を伺う。高校卒業と同時に来日を決めたアリシアさん。その背中を押したのは母の「やってみたら」という優しい助言だった。(2024/2/19)

青春をかけた高校生たちの熱き戦い! 「NASEF JAPAN 全日本高校eスポーツ選手権」決勝戦レポート
「NASEF JAPAN 全日本高校eスポーツ選手権」オフライン決勝戦が2月11日12日に開催された。全国高校からエントリーしたチームがトーナメント戦を勝ち抜き臨んだ本大会。種目は「リーグ・オブ・レジェンド」、「VALORANT」、「ロケットリーグ」だ。(2024/2/15)

LINEマンガ『喧嘩独学』がテレビアニメ化! 4月から「+Ultra」枠で放送開始
最弱高校生がけんか動画配信者として成り上がる。(2024/2/10)

「別人?」「お母さん泣くね」 母の紹介で美容院に来た男子高校生がイメチェン…… 超さわやかな髪型に称賛の声
約1万8000件の“いいね”を獲得。(2024/2/10)

なぜGmailだけ届かなかった? 高校出願システム問題、神奈川県に詳しく聞いた
高校入試のインターネット出願システムで「@gmail.com」にメールが届かなかった問題の経緯を県に取材した。「業者の設定に不備があった」と認めたが、設定のどこに問題があったかなど、詳細は分かっていないという。(2024/2/9)

IIFES 2024:
舞台が宇宙の作品も登場、高校生からベテランまで空飛ぶじゅうたん活用案集結
Beckhoff Automation(ベッコフオートメーション)は「IIFES 2024」の会場内において、「XPlanarアイデアソン2023」の最終発表会を開催し、最優秀賞など各賞を発表した。(2024/2/8)

新体制発足のF1チーム、新車カラーが“高校デビュー級”の激変「ゲーミングPCみたい」「個人的には大好き」
かなり派手だ。(2024/2/7)

VTuberへのプレゼントに“GPS発信器” 「あおぎり高校」が発表 プレゼントの受け付けを今後も停止に
VTuberグループ「あおぎり高校」をプロデュースするviviONは、所属VTuberへのプレゼントの中に隠れてGPS発信器が仕込まれていたと発表した。(2024/2/7)

人気Vtuberグループ「あおぎり高校」へのプレゼントにGPS発信器 運営元「刑事告訴を検討」
今後も継続してプレゼントは受付停止するとしています。(2024/2/7)

株式会社ジンジブ提供ホワイトペーパー:
PR:自社の魅力をどう伝える? 高校生の新卒採用で取り組むべき施策とその実践法
高卒採用を成功に導くには、最新の高校情報を入手し、根拠のある採用戦略を立てるのは当然のこと、高卒採用ならではの特性を理解し自社の魅力を伝えていくことが不可欠だ。効果的な施策やその実践をサポートするサービスを紹介する。(2024/2/1)

がん治療の副作用で髪にコンプレックスをもつ仏人高校生が、日本の美容室に行き…… 「泣きそう」と感動しっぱなしの劇的変化が170万再生
外見と内面の変化に注目!(2024/1/30)

学生がお金を稼ぐためにしたいこと 3位「難関資格の取得」、2位「副業」、1位は?
主に高校生を対象に「お金」をテーマに実施した調査結果が明らかになった。お金を稼ぐためにしたいことや、親と学費の相談をした時期などを調査した。(2024/1/28)

データに隠された真実:
県外に出た高卒生はどこへ行くのか 毎年「社会現象」が起きている
高校を卒業して県外に進学、就職する若者たちは、どこへ向かっているのでしょうか。(2024/1/27)

もぐす『恋と呼ぶには気持ち悪い』舞台化 乃木坂46柴田柚菜が内博貴を罵倒しまくる女子高生役で舞台単独初主演
内博貴「このような恋愛物語は、得意なジャンルだと自分では自負しております」。(2024/1/26)

神奈川県、教委管理のメアドを受験生623人に提供 「@gmail.com」に届かず高校出願に支障
(2024/1/26)

再発した「高校出願システムからGmailに届かない」問題 出願期間スタート後にまた
神奈川県の公立高校入試のインターネット出願システムで、「@gmail.com」ドメインのアドレスにシステムからのメールが届かない問題が、1月24日に再発した。(2024/1/25)

データに隠された真実:
地域差ってあるの? 高卒生の「現役進学率」「就職率」を探ってみた
2022年度の大学への現役進学率を可視化してみました。高校所在地の都道府県別にまとめましたが、地域差はあるのでしょうか。(2024/1/25)

受験票を見せるときっぷ代がタダに ある鉄道会社の高校入試応援キャンペーンに反響多数 受験票忘れの予防にも効果
「受験生にやさしい」「すごいサービス」などの声。(2024/1/23)

先生だってクイズしたい! 全国の“高校教師の頂点”決める「全日本高校先生クイズ選手権」が放送決定
クイズの出題範囲は「学校にまつわるもの全て」。(2024/1/23)

中2から高校卒業まで自撮りを続けたら…… 驚きの5年間の成長記録に「あどけなさが消えていく」
成長の軌跡。(2024/1/23)

森香澄アナ、現役JK時代の“制服プリクラ”がモテ無双 「謎のサングラス流行ったよね?」
高校時代から強い。(2024/1/20)

「高校出願システムからGmailに届かない」問題10日で解消も、「キャリアの迷惑メールフィルターにかかる」問題発覚
神奈川県の公立高校入試のインターネット出願システムで、「@gmail.com」ドメインのアドレスにシステムからのメールが届かない問題が10日経ってようやく解消した、が……。(2024/1/19)

48歳人気芸人、カツアゲ&山に埋められた高校時代 当時の卒アル写真に「イジメられ顔じゃない」「イケメン」
ヤンキーに山に埋められた話が有名なチャンス大城さん。(2024/1/18)

「高校出願システムのメール届かない」問題 志願者・保護者向けフローチャート、神奈川県が公開
神奈川県は、公立高校入試の出願システムのメール受信障害について、対応方法をまとめたフローチャートを公開した。(2024/1/18)

高校出願システム「Gmailに届かない」問題 一部で届くよう対応も、障害まだ解消せず 神奈川県
神奈川県の公立高校入試のインターネット出願システムで、「@gmail.com」ドメインのアドレスにシステムからのメールが届かない問題で、条件を満たす一部の受験生について、@gmail.comアドレスでもメールが届くようになった。(2024/1/17)

高校入試の出願システム、Gmailにメール届かず……神奈川県、受験生に「@gmail.com以外のアドレス使って」
神奈川県の公立高校入試のインターネット出願システムで、「@gmail.com」ドメインのアドレスにシステムからのメールが届かず、受験生が出願用アカウントを作成できない問題が起きている。(2024/1/16)

PR:高校の授業でPCが必要に 長く使えるスペックの条件は? 教育現場のBYODを徹底解説
(2024/1/19)

中学生・高校生が将来なりたい職業 1位は?
LINEヤフーが運営する調査プラットフォーム「LINEリサーチ」は全国の中学生、高校生の男女を対象に、なりたい職業についての調査を実施。男子中学生・男子高校生・女子高校生の1位は「国家公務員・地方公務員」、女子中学生の1位は「教師・教員・大学教授」だった。(2024/1/15)

17歳女子高生レーサーJuju、日本人女性初&最年少のスーパーフォーミュラ参戦 チーム代表も評価「非凡な才能」「ここからが本当の戦い」
すごい!(2024/1/10)

アバターで通える通信制高校が登場 文化祭もスポーツ大会もVRで
アオミネクストは9日、学校法人青叡舎学院の勇志国際高等学校に向け、アバターで通える通信制高校のシステムを構築したと発表した。勇志国際高等学校は「メタバース生」の募集を始めている。(2024/1/9)

高校生のころから「おせち」を手作りしている人が話題 華々しい料理の数々に「すごすぎる」「おいしそう」の声
おせち料理を手作りしているだけですごい……!(2024/1/8)

「おぱんちゅうさぎ」は“高校数学レベルの数式”で描ける……!? まさかの発想に「ただの天才か」「本当にすごい」
「これ系で理解できたの初めて」との声も。(2023/12/29)

女子高生に流行った「ルーズソックス」が戻ってきた! 再ブームの背景は?
1990年代後半に一大ブームとなった「ルーズソックス」だが、2021年頃に到来した「平成レトロブーム」を機に再び注目されている。20数年を経てルーズソックスは、どのように変化したのか。(2023/12/28)

北川景子「20年前と本当に変わらない!」 アラフォーとなった“元セーラー戦士”たち、わっちゃわちゃな同窓会の舞台裏
沢井さん「高校の同級生のような感覚」(2023/12/27)

「やっば天才だわ」 女子高生がウルフカットに大変身…… 美容師の得意技に称賛の声
似合っている!(2023/12/24)

話題のジェンダーレス水着はその後どうなったのか 高校1年生が支持したワケ
2022年に発表され大きな話題となったジェンダーレス水着。試験的に数校で採用された後、改良した商品を発売している。教育現場にはどの程度浸透しているのだろうか。(2023/12/22)

「モバイルSuica」通学定期券で保護者による代理チャージが可能に 2024年3月16日から
2023年3月から中学生/高校生向けの通学定期券を購入できるようになった「モバイルSuica」だが、2024年3月からは保護者の持つクレジットカードによる通学定期券へのプリペイド残高チャージが行えるようになる。(2023/12/18)

「“好き”を分かち合える関係」「自分の世界を大切にしたい」 盆栽を通じて絆が深まる高校生の恋愛マンガに約7.3万いいね集まる
自分が好きなものを大切にする2人の姿がステキ。(2023/12/19)

窪塚愛流、国宝級イケメンランキングに「悔しいぃぃ」 高校の同級生が堂々1位に輝く
同級生だったのか。(2023/12/15)

小中高校生が選ぶ2023年の漢字 3位「恋」、2位「推」、1位は?
ニフティは「小中高校生が選ぶ2023年の漢字」を発表。2023年を表す漢字1位は、昨年と同じく「楽」が選ばれた。(2023/12/13)

「大人と大人になる人全員に読んでほしい」「高校生のころの自分の思いと重なる」 “あのころそばにいてほしかった大人”の姿が心に刺さるマンガ『スクールバック』
ある高校の用務員・伏見さんを主人公とする「サンデーうぇぶり」連載作品。(2023/12/16)

「クレデンシャルをSlackに書くな高校校歌」freeeが公開 なぜ作った
ああクレデンシャルをSlackに書くな高校、創設の歴史──。(2023/12/6)

修学旅行の帰り道、指切りした2人の約束の行方は “田舎の高校”の青春を描いたマンガ『深夜高速にふたり』に約9.5万いいね集まる
『はたらく細胞LADY』作画・乙川灯さんによる作品。(2023/12/8)

人気急増の通信制高校 不合格者続出、なぜ?
通信制高校に進学する生徒が急増している。増加する不登校生徒の受け皿となり、新型コロナウイルス禍でのオンライン授業の普及で進路の多様化が進んだことも背景にあるようだ。一方で……。(2023/12/1)

「劇場版ハイキュー!! 」音駒高校メンバー8人のプレーを切り取った新ビジュアル
両校総勢17種類のキャラビジュが出そろう。(2023/11/30)

「劇場版ハイキュー!!」、“攻めの烏野”レギュラー9人のアクションビジュアル公開
12月1日から販売されるムビチケカード型前売券には烏野高校、音駒高校総勢17種類のキャラクタービジュアルが描かれる予定。(2023/11/28)

高校生が撮影したウツボの貴重な姿に反響 「魚もバクチをするんやな」「凄い動き。あの身質が分かる」
シュルンシュルンと移っていきます。(2023/11/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。