ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「高校」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

工業高校のヤンキー男子がわちゃわちゃする日常が愛しい 漫画『只野工業高校の日常』単行本化
ちょっと怖そうな男子たちの真面目な一面がかわいい。(2020/1/17)

eスポーツで不登校を克服 ゲームを通して社会性を養う高校
eスポーツの専門コースを持つ大阪府のルネサンス大阪高等学校では、eスポーツを通じて、不登校や引きこもりだった生徒の社会復帰を後押ししている。ゲーム依存症などネガティブな面もあるが社会性を育む教材として使えるなど利点もあるため、今後の研究に期待が掛かる。(2020/1/15)

「そんな少女マンガみたいなことあるわけないでしょ」 少女マンガのような「運命」を引き寄せては自ら木っ端微塵にしていく女子高生の漫画が爽快
フラグクラッシャー誕生。(2020/1/12)

香川県、全国初ゲーム・インターネットなど依存症対策の条例検討 高校生以下は「平日60分/休日90分まで」
ゲームは1日1時間……。(2020/1/10)

投票用紙の代わりに“氷”を投票 高校生が作った投票サイト「アイスボート」が秀逸
議題への賛否について、リアルタイムに現状を示す仕組み。意見の移り変わりはグラフで時系列順に見られます。(2020/1/8)

「ヒロインとしてはこのままではマズイ!」 森七菜、祈りで雨をやませる“リアル天気の子”っぷりが話題に
全国高校サッカー選手権大会の応援マネージャーとして大活躍。(2019/12/31)

武器は「マウス」と「キーボード」:
高校生たちが青春をかける熱き戦い――「第2回全国高校eスポーツ選手権大会」決勝戦レポート
12月28日と29日の両日で、毎日新聞とサードウェーブが共催する「第2回全国高校eスポーツ選手権大会」の決勝トーナメントが開催された。この記事では、高校生たちが2つのPCゲームで火花を散らした模様をお伝えする。(2019/12/30)

「あ〜セフレ欲し〜」と漏らす女子高生の心の嘆き 恋愛トーク漫画のラストに待っていた本心が切ない
深山はなさんの単行本『一端の子』収録の“愛”の物語です。(2019/12/29)

「第2回全国高校eスポーツ選手権」の決勝大会が12月28日と29日に開催 EBiS303にて
サードウェーブと毎日新聞社は12月28日と29日に、全国の高校生を対象にした「第2回全国高校eスポーツ選手権」の決勝大会を、東京・恵比寿のEBiS303で開催する。観戦は無料で、公式サイトで申し込みを受け付けている。(2019/12/27)

「かわいいが詰まってる!!」「守りたい系ですね!」 りゅうちぇる、“あざとかわいい”高校時代の制服姿に恋するファン続出
ぺえさんからのツッコミが鋭い。(2019/12/23)

【漫画】進路に悩む女子高生が出会ったのは、公園に落書きする中年教師 飾らない言葉に「勇気もらった」「感動した」
大人になるってどういうこと?(2019/12/18)

オンラインゲームで長文を数万回投稿した高校生を書類送検 「勝てなかったので、腹いせでやった」
宮城県警は、オンラインゲーム上で迷惑行為を繰り返したとして千葉県の高校生を書類送検した。生徒は容疑を認め、「ゲームで勝てなかったので、腹いせでやった」と供述している。(2019/12/12)

河合塾がネット塾「河合塾One」スタート AIが生徒の学力を見極めカリキュラムを提示
河合塾OneがWebで高校生向けの学習コンテンツを提供するサービス「河合塾One」の提供を始めた。AIが生徒の学力を推定し、一人一人に最適化したカリキュラムを組み立てる。(2019/12/11)

『ONE PIECE』×カップヌードルCM ビビが女子高校生になる「ビビ篇」開始
転校するビビの仲間への思いを描きます。(2019/12/6)

日本の高校生、デジタル機器を「勉強には使わない」 国際調査で実態明らかに
2018年の国際学習到達度調査で、日本の高校1年生の8割が授業でデジタル機器を使っていないことが分かった。OECD加盟国中最も低い水準を示した一方、ゲームやチャットの利用率は最高となった。(2019/12/5)

生きたカエルを忠実に再現した人工カエルで解剖実験 フロリダ州の高校が世界に先駆け実施
授業の様子はLIVE配信されました。(2019/12/4)

山市良のうぃんどうず日記(167):
1人暮らしを始める大学生のために、遠隔地から親ができるPCサポート
筆者の3人いる子どものうち、一番上はもう大学2年生。遠方で1人暮らしをしています。大学入学時に必要ということでWindows 10のノートPCを買い与えました。PCは高校時代から使っていますが、Windowsに詳しいというわけではありません。今回は、PCの安定運用のために筆者が用意した、日常的な更新の簡素化とリモートメンテナンス環境について紹介します。Windowsを使い慣れていて、来春、大学生を遠方に送り出す予定がある親御さんには、参考になるかもしれません。(2019/12/4)

“まるで実写”の3D女子高生「Saya」、声を得て女子高の授業に登場 会話を通して「AIとは何か」教える
Sayaがりんなの技術を導入して会話ができるようになった。その能力を使い、リアルな女子高生と話した。(2019/11/30)

「女子高生の無駄づかい」ドラマ化記念のアニメ一挙放送決定 いかに信じられないドラマ化なのかその目で確認してみよう
これを……これをアニメ化するんか!(2019/11/28)

「女子高生の無駄づかい」が実写ドラマ化 バカ役の岡田結実、女子校への“淡い夢“を「ぶち壊していきたい」
あのさー、凄いこと聞いちゃったんだけど。女子無駄が実写化だって。(2019/11/28)

女子高生×バイクの青春ラノベ『スーパーカブ』がアニメ化進行中! 主人公のキャラクターデザインも発表
アニメの監督は「BORUTO -ボルト-」の藤井俊郎さん。(2019/11/20)

マシーナリーともコラム:
『クロマティ高校』野中英次の原点にして名作『課長バカ一代』がついに電子書籍化されたのでみんな読んでください
え、これ実写ドラマ化されるの!?(2019/11/19)

女子高生と鰭脚類の学園生活……! アザラシと本気で恋愛する女性向けゲーム「あざ恋」登場
今度は鰭脚類(ききゃくるい)との恋愛へ。(2019/11/15)

ユニコーンガンダムの段ボール工作が信じがたいハイクオリティ 高校生が文化祭のため2年がかりで作り上げた力作
これが“可能性の獣”か……。(2019/11/13)

スマホ片手に体育の授業 ARゲームを教育に取り入れた高校
筑波大学附属高等学校がスマートフォンのARゲームを使った体育の授業を報道陣に公開した。きっかけは生徒が作った企画書。スマートフォンを片手に武道場を走ったり、飛び跳ねたりする。(2019/11/12)

好きな人の時間を止められる女子高生、実は…… 意外な(?)真相にキュンキュンする漫画
完全にかわいい。(2019/11/10)

言葉にできない良さ フードコートでひたすらおしゃべりする女子高生を描いた漫画に「超好き」「尊い」と絶賛相次ぐ
身近なことにしか興味はないけど、身近なことのためには一生懸命生きてる感じ。(2019/11/9)

いよいよ発足:
eスポーツ、高校でも普及するか 全国高等学校eスポーツ連盟が乗り越えるべきハードルと見習うべき「米国モデル」
全国高等学校eスポーツ連盟(JHSEF)が11月1日に発足。eスポーツに関する啓発活動などを交え、保護者や教師などに存在する「eスポーツ=ゲーム」という認識を払拭(ふっしょく)していくという。海外にを移すと、米国では学術的調査やビジネスとの関連付けで着々と加盟校を増やしている。(2019/11/8)

“教育現場でのeスポーツ”を支える「全国高等学校eスポーツ連盟」が正式に設立
毎日新聞社とサードウェーブは、一般社団法人全国高等学校eスポーツ連盟の設立を発表した。(2019/11/7)

高校でのeスポーツ普及を後押し 全国組織「全国高等学校eスポーツ連盟 」設立
毎日新聞とサードウェーブが、高校eスポーツの全国組織「全国高等学校eスポーツ連盟 」を設立した。eスポーツクラブの設立を支援したり、全国大会を開いたりする他、eスポーツの利点と課題を研究する。(2019/11/7)

高校生画家の「色鉛筆で50時間かけて描いた犬」がため息が出るほどリアル……! 超絶技巧がつまった犬の絵に称賛集まる
今にも飛び出てきそう!(2019/11/6)

大阪の高校生「海洋ゴミ回収ロボ」で世界大会へ
追手門学院大手前高校(大阪市中央区)の生徒が、海に浮かぶごみだけを取り除く「海洋ゴミ回収ロボット」を開発した。8月に兵庫県西宮市で開かれたコンテストの国内大会で最優秀賞を獲得し、11月には世界大会に出場する。(2019/10/28)

こんな展開想像できるか! “イケメン2人に言い寄られる女子高生の漫画”に「なんだこれは」「狂ってる」の声
何が狂ってるってこれ広告なんだよな。(2019/10/25)

人気の強制「修羅場」道場に密着【前編】:
ANA社員が「女子高生バレーチーム」の監督に!? 謎の人材育成プログラム「文武両道場」に潜入
企業から派遣された受講生が2日間にわたってバレーボールチームを監督として率い、マネジメント能力を高める「文武両道場」という人材育成プログラムがある。全日本空輸(ANA)やそのグループ会社、横河レンタ・リース、日本財団、茨城県などの社員や職員が参加したこのプログラムに密着した。参加企業の狙いはどこにあるのか?(2019/10/24)

「ハルクじゃねえか」 ロック様、15歳当時の姿にファンどよめき 秘密捜査員扱いされた高校生活明かす
15歳の概念が壊れる。(2019/10/20)

村上世彰N高特別授業【後編】:
村上世彰が金融教育を通じて伝えたいこと
会社の研修の一環として「金融教育」を導入する企業が増えている。社員一人ひとりがお金の知識を付け、家計を安定させ、仕事に集中できる環境を作ることが経営課題にもなっている。そんな中、村上世彰氏は自ら金融教育にかかわり、N高投資部での講義に取り組んでいる。村上氏が高校生に金融教育をする背景、若い時からお金と向き合う意義に迫るとともに授業の内容もお届けする。(2019/10/26)

村上世彰のN高特別授業【前編】:
村上世彰が「金融教育」に取り組む狙い
会社の研修の一環として「金融教育」を導入する企業が増えている。社員一人ひとりがお金の知識を付け、家計を安定させ、仕事に集中できる環境を作ることが経営課題にもなっている。そんな中、村上世彰氏は自ら金融教育にかかわり、N高投資部での講義に取り組んでいる。村上氏が高校生に金融教育をする背景、若い時からお金と向き合う意義に迫るとともに授業の内容もお届けする。(2019/10/22)

「小学生でこの顔立ち!?」「小学生に見えない」 アンミカ、12歳ごろの“幼少期ショット”が驚きの大人っぽさ
高校生くらいに見える。(2019/10/10)

松井秀喜、“星稜ユニ”で「とんねるず」石橋貴明と2ショット 「星稜松井だぁー!」とファン大歓喜
松井さん、高校生から変わっていない。(2019/10/8)

「魔法科高校の劣等生」第2期「来訪者編」2020年テレビアニメ化決定 さすがはお兄様です
劇場版から3年を経て帰ってくる。(2019/10/6)

香港で警官に撃たれた高校生、無事に手術を終えたと現地メディア 警察は正当防衛を強調
混乱が続いています。(2019/10/2)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(5):
機械学習の精度を左右する「データ加工」の基礎知識――「攻めのデータ加工」=「特徴量エンジニアリング」編
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。前回から2回に分けて「データ加工」の手法を紹介します。今回は「攻めのデータ加工」です。(2019/10/2)

女子高生の防災ライフ 「防災対策部」の活動描いた漫画『ぷれっぱ!』発売
ゆるっと防災が学べる。(2019/9/28)

PR:高校生とAIが現代にモーツァルトをよみがえらせた そこには人とAIが共存可能な未来が見えた
(2019/9/20)

ビジネス書の同人即売会が誕生 9月28日に東京都立産業貿易センター 台東館にて開催
デイリーポータルZ、ピコトン、きういはうす、現役高校生が出展予定。(2019/9/17)

「こんな高校生活送りたい」 野球部を応援する女の子への初恋を描いた漫画が甘酸っぱくてほろ苦い
初恋は実らないとはよく言いますが……。(2019/9/16)

『ONE PIECE』×カップヌードルCMの「ナミ篇」開始 ナミが航海士を目指す女子高生に
航海士を目指して勉強するナミの学生生活が描かれます。(2019/9/13)

元・女子高生AI「りんな」は、人間の歌声を手本にボイトレ 開発者が明かす裏話
日本マイクロソフトのAI「りんな」の歌声は、「本当にAI? 人間の声では?」といわれるほど。影武者の人間がいるわけではなく、音声合成で作り上げた歌声を使っているという。開発者が「りんなのボイトレ」の舞台裏を明かした。(2019/9/13)

高校生のときに「多分病んでて描きまくってたうさぎ」を親がハンカチに刺しゅう → 6万いいねが集まる人気に
かわいい!(2019/9/12)

眠れない高校生2人の“夜のおたのしみ会” 退屈な夜を乗り切る少年少女を描いた漫画に猫と青春が詰まってる
石川県・能登で暮らす高校生が主人公です。(2019/9/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。