コラム
» 2009年05月22日 07時00分 公開

給与明細を他人にぶっちゃけたら……その先どうなる?(3/3 ページ)

[中村修治,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!
前のページへ 1|2|3       

日本版「晒工資」の行方

 「給与明細を他人にぶっちゃける」という行為は、格差社会の結果としての行為なのだが、ぶっちゃけあっている本人たちは無意識だとは思うが、その先には共産主義・社会主義が待っている。日本の資本主義経済が、ここ数年、進化を遂げなかった結果が日本版「晒工資」であるのではないだろうか?

 阪急グループ創始者の故小林一三さんは、「お金」についてこんな格言を遺している。

 「金がないから何もできないという人間は、金があっても何もできない」

 給与明細をぶっちゃけてバッシングしたり、他人をうらやんだりしている間は、何も起こらない。むしろ、資本主義経済を後退させている。我々が、格差社会を「給与=お金」のことだと思いこみ、その「明細」のチェックに余念がなくなったら、労働意欲や向上心は絶対削がれる。変革の意欲なんて生まれてくるわけがない。

 格差社会は、意欲の差が生み出している。「政官財」の利権を守る意欲の方が、常に国民の変革意欲より高いから、何も変わらない。お金がないからって、給与明細をぶっちゃけていては、この格差社会の思うツボなのだ(中村修治)

 →中村修治氏のバックナンバー

前のページへ 1|2|3       

Copyright (c) INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -