ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「格差」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「格差」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

働き方の見取り図:
「もっと働け」と強いる“女性活躍推進”のむなしさ 男女の格差なぜなくならない?
海外と比較しても大きいと言われる日本の男女間の賃金格差。女性活躍をさらに推進することで解決できる問題なのか?(2024/6/6)

過疎地域で育つ子どもたちの“しんどさ”と“機会の格差”とは 力と可能性を広げる子どもの居場所プロジェクトが支援募集中
徳島発のプロジェクトです。(2024/5/23)

高速道路「休日1000円」は失敗だったか 「高速サブスク化」のメリットとデメリット
高額な高速道路料金が「地域格差の正体」だとして、現行の走行距離に応じて課金される「距離制」を改め、普通車400円、大型車1500円など「定額制」で走り放題とする料金制度改革を、元トヨタ副社長の栗岡完爾さんと経営コンサルタントの近藤宙時さんが提言している。(2024/5/12)

建設業の人材動向レポート(54):
「2023年に建設業の平均年収は567万円、大手と中小の格差が拡大」建設業の給与動向
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、厚生労働省の「賃金構造基本調査」をもとに、2023年の建設業での給与動向を探った。(2024/5/9)

生成AIが鍵:
Gartner、2024年のサイバーセキュリティ予測トップ8を発表 ヒューマンエラーを減らすための取り組みが重要に
Gartnerは、2024年以降のサイバーセキュリティ予測トップ8を発表した。生成AIの導入によりサイバーセキュリティのスキル格差が解消され、従業員が原因のサイバーセキュリティインシデントが減少することなどを挙げた。(2024/4/1)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
賃上げ、景気回復の恩恵は「労働者のわずか3割」だけに――ニッポンの病根とは?
日々の報道では賃上げや株価上昇、景気回復がうたわれるがまるで生活に実感がない――そんな人が多いのではないでしょうか。それもそのはず、日本社会はずっと、ごく一部のエリートによるごく一部のエリート層をモデルにしたカタチで動いています。格差が広がる中、日本の病根に向き合うにはどうしたらいいのでしょうか?(2024/3/22)

過半数が「AIでより価値の高い仕事に時間を割ける」と回答:
セキュリティ担当者は「AIを業務に安全に導入するための知識や認識が組織に足りない」と感じている ISC2
ISC2は、AIがサイバーセキュリティ人材に与える影響について調査した結果を発表した。同社は「AIの専門知識とAIを活用した脅威の可能性に対処するための準備状況の間に格差が広がっていることが明らかになった」としている。(2024/3/1)

CIO Dive:
IT部門の「パンク寸前」問題 さらに拍車を掛ける“あのブーム”
従業員のスキル格差やコンプライアンス問題、データのサイロ化問題が企業のモダナイゼーションを遅らせている。さらに最近起きたあるブームによって、IT部門の悩みはさらに深刻化している。(2024/2/22)

CIO Dive:
ITバブル到来か? 年収2000万円以上稼げるスキルを紹介
スキル格差によって、企業は優秀な技術系人材に高額な報酬を支払うようになり、2023年の技術系人材の平均年収は2万ドル(約300万円)上昇した。あるスキルを持っていれば2000万円以上の給与を支払われるケースもあるようだ。(2024/1/29)

姿見え始めた「なにわ筋線」 大阪に人が集中して“人口格差”を懸念
令和13年に開業する新線「なにわ筋線」の姿が見えてきた。(2024/1/1)

2024年の賃上げ「実施」が8割 一方で企業規模による格差も
2024年の賃上げ動向を、各企業はどう考えているのか。東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2023/12/25)

漫画とゲームは「下の子だけOK」 “格差家族”で交友関係を失い育って悟った「幼少期の禁止行為の意味の無さ」
下の子も問題なく生活できているようで……。(2023/12/10)

庄司智春、“夫婦格差”を表す1枚の写真に共感続々 「あるだけマシですよ!」と哀愁漂う反響も
どっちがどっちのスリッパか一目でわかる。(2023/12/2)

米スターバックスの「男女格差対策」がすごい 日本企業でもマネできる一歩は
日本のジェンダー不平等は世界的に見て深刻な状況にあります。なぜ今、ダイバーシティ推進に力を入れる必要があるのか、また、社内のジェンダー不平等にどのように対応・開示していけばよいのか、米スターバックスの事例をもとに解説します。(2023/11/20)

「仕方ない」も3割超……:
男女の賃金格差、6割が「仕方ないで済まず」 不満を訴えるリアルな声
ワークポート(東京都品川区)の調査によると、男女の賃金格差について、6割が「仕方ないと思わない」と回答したことが明らかとなった。20〜40代のビジネスパーソンは男女の賃金格差について、どのように考えているのか。(2023/11/15)

ハイブリッドワークの挑戦と舞台裏:
ユニ・チャームが見つけた「フリーアドレス最適解」 部署ごとシャッフルでどんな効果が?
コロナ禍を経てハイブリッドワークが浸透してきた。ユニ・チャームはコロナ禍で露呈した「コミュニケーション不足・格差」問題に対して、さまざまな面白い対策を取り入れた。同社が見つけた「ゆるやかなフリーアドレス」と自社専用の「内階段」の効果について聞いた。(2023/11/10)

英国のIT業界に「女性離れ」の波【中編】
女性が辞める理由と「賃金格差」の根深い関係 なぜIT業界は男性ばかり?
英国IT業界では女性労働者の業界離れが進行している。「DEI」の取り組みは拡大しているが、社会には「賃金格差」という根深い問題がある。(2023/10/24)

激しい日米“格差”:
普通のカフェが2人で1万円! ニューヨークで分かった「安すぎるニッポン」の現在地
物価が高いと有名なニューヨーク。著者が実際に行った経験を基に、日本との格差がどれくらいなのかを解説。まだまだ「安いニッポン」だが、手放しで喜べない理由もありそうで……。(2023/10/2)

男女の賃金格差、なぜ埋まらない? 「仕方ない」論が見落とす2つの視点
女性は男性よりも平均30.4%賃金が低い――。 格差を「仕方ない」とする人が見落とす2つの視点とは?(2023/9/22)

姉の帰宅は大喜びのハスキー、兄が帰ってきたら……? 180度違う塩対応に「思ったより格差がすごすぎて笑ったw」と笑いの声
あまりの落差に笑っちゃう。(2023/9/19)

建設業の人材動向レポート(50):
【独自調査】平均年収は増加傾向で全産業平均を上回るも、男女間の格差は広がる
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、建設業で就業している正社員の給与動向と推移についてリサーチした。(2023/9/14)

女性雇用がスキルギャップを埋める【第3回】
IT業界の男女報酬格差 その裏にある本当に解決すべき課題とは
IT業界は「男女平等にチャンスがある」と考える人もいる。だが調査によると平均年収は男女で大きく差が付いていた。その裏にある本当に解決すべき課題を紹介する。(2023/9/3)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
上級国民は週休3日へ 見捨てられる「3人に1人」の女性たち
政府による今年度の骨太の方針に「選択的週休3日制の普及」が盛り込まれた。週休3日制は決して悪いものではないが、格差が広がる中まさに取り組むべき施策なのだろうか? 「3人に1人の女性たち」にフォーカスし、見擦れられがちな働き方・休み方の格差について解説する。(2023/7/14)

役員報酬「従業員の40倍」 賃金横ばいの30年で、なぜ格差は開いたか
過去30年間にわたり、多くの国内企業は給与の引き上げに消極的でした。その一方で役員報酬は上がっており、格差が拡大しています。「役員は自分に都合よく報酬を設定している」との疑いの声は、本当なのでしょうか。(2023/7/6)

マネジメント力を科学する:
第15回:メンバーが「やる気」をなくす上司の10の言動。モチベーションアップの前に、社員の意欲低下を防ぐことこそが必要
やる気が失われたり、モチベーションが下がる原因として、上司の問題と組織の問題がある。特に社員に当事者意識、主体性があるかないか。その差がすごく企業力格差を生んでいる。(2023/6/27)

やさしいデータ分析:
[データ分析]分散/標準偏差 〜 給与の格差ってどれぐらい?
データ分析の初歩から応用まで少しずつステップアップしながら学んでいく連載の第4回。分布のばらつきの度合いを表す値として散布度を取り上げ、尺度や分布によって適切な散布度を利用する必要があることを説明します。今回は間隔尺度・比率尺度の散布度として使われる分散/標準偏差のお話です。(2023/6/15)

Cybersecurity Dive:
企業の「OSSただ乗り」はもう限界 Log4jの悪夢から何を学ぶか
Tideliftの調査によると、OSSの主要な製作者に対する報酬の格差が明らかになり、ソフトウェアのサプライチェーンを適切に保護する方法についての疑問が呈されている。(2023/6/10)

オンライン大学「ZEN大学」 ドワンゴと日本財団が開学へ 「教育格差解消を」
ドワンゴと日本財団は、日本発の本格的なオンライン大学「ZEN大学」(仮称)を25年4月に開学する計画だ。(2023/6/5)

地方の情報格差を解消する「Wi-Fi」【前編】
「Wi-Fi」は“ネット接続が不十分”な地域の救世主になるのか?
世界のデジタルデバイド(情報格差)問題の効果的な解決手段として、業界団体が目を向けるのが「Wi-Fi」だ。具体的にどのような場面での活用が見込まれるのか。(2023/5/30)

最低限必要なお金は:
還暦を迎える人の貯蓄額に格差、平均はいくら?
PGF生命は、今年還暦を迎える1963年生まれの男女に「還暦人に関する調査」を実施した。現在の貯蓄額を聞いたところ……。(2023/5/11)

つみたてNISAの平均積立額は2.3万 新NISAでの予定は? 「年収格差」が明らかに
お金の診断・相談サービス「オカネコ」を運営する400F(東京都中央区)は、「オカネコ」ユーザーを対象に新NISAの利用意向について調査を実施した。その結果、現在つみたてNISAを利用している人の平均積立額は、2万3416円だった。また、新NISAの積立金額予定を聞くと、4万8665円だった。(2023/4/28)

リスキリングは「お金を理由に諦めた」──スキル取得にも“年収格差”の実態
昨今話題のリスキリング。企業・個人を問わず求められつつある取り組みだが、年収格差が生じているようだ。(2023/4/21)

社会人148人に調査:
「自分の年収は少ないよ」 現実と自己評価のギャップはいくら?
「自己評価」した年収と、実際の額とのギャップはどのくらいなのか。Job総研を運営するライボ(東京都渋谷区)は、148人の社会人を対象に「2023年 賃金格差の実態調査」を実施した。自己評価する年収の平均は732.6万円であったが、実際の平均年収は615万円であった。(2023/4/19)

AI技術の軍事利用【第3回】
「軍事用AI」の賛成国と反対国それぞれの見方と、解消できない“格差問題”
AI技術の軍事利用を巡り、各国の意見は割れている。この技術の実用化に賛成する国と反対する国それぞれの意見と、両者の間に存在する格差とは。(2023/4/18)

令和5年の法改正トリセツ:
男女の賃金格差がなかなか解消されない2つの理由 開示義務で風向きは変わるか?
令和5年から「男女の賃金格差の公表」が義務付けられました。背景には、格差がなかなか解消されないという課題があります。なぜ格差はなくならないのでしょうか? その理由を解説していきます。(2023/3/29)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
シリコンバレー銀行(SVB)破綻の衝撃! 米当局の“超法規的措置”が悪手といえるワケ
米シリコンバレー銀行(SVB)の経営破綻が波紋を呼んでいるが、果たしていったい何が問題なのか。あまり語られていない「格差」の観点から解説する。(2023/3/17)

親世代に聞いた:
84%が子育てに「地域間格差」を実感 求める支援策は?
トラストバンクは「子育て世代への政策と税金に関する意識調査」を実施した。84%が行政の子育て支援策を含む「子育て環境」に地域間格差を感じていた。求めている支援策は?(2023/3/13)

ママとパパに格差対応のワンコ、親族の手にはスリスリ→パパの手は? 予想通りの反応に「期待を裏切らないw」と爆笑
愛情の裏返しかな?(2023/3/6)

ITエンジニア、男女の平均年収はいくら?
ITエンジニアのための転職支援プラットフォーム「Forkwell」を運営するgroovesは、「ITエンジニアの男女間賃金格差」を調査した。(2023/2/27)

ITエンジニア 女性の平均年収490万円、男女間賃金格差は?
 転職支援プラットフォーム「Forkwell(フォークウェル)」を運営するgrooves(東京都港区)は、「ITエンジニアの男女間賃金格差」の調査を実施し、結果を発表した。エンジニアの平均年収(全世代)は、男性600万円、女性490万円となり、男女間賃金格差は81.7ポイントだった。(2023/2/18)

節電テック:
電気代、東電は関電の〇割増し
今回のトピックは前回に続き「電気代の地域格差」です。値上げを発表した東京電力と、その予定がない関西電力では現状どのくらい差があるのでしょうか。(2023/2/14)

男女5000人に聞いた:
女性が感じる職場のジェンダー格差 「男女で賃金に差」「子育てとの両立が困難」を上回る1位は?
Indeed Japanは、働く上でのジェンダーに関する違和感を募集する「#これでいいのか大調査」を実施した。女性が職場のジェンダーギャップを感じた経験を聞いたところ「生理で休むと言いづらい」との回答が最多となった。(2023/2/16)

10人採用したが、10人離職も:
大手の賃上げで広がる格差 人材流出に苦しむ中小企業、採用難にどう対応する?
物価高に伴い、賃上げを実施する大手企業が増えてきました。賃上げする体力のない中小企業はどう対抗すればいいのでしょうか?(2023/2/14)

節電テック:
電気代、地域格差広がる 東電は九電の〇割増し
今回のトピックは「電気代の地域格差」。家庭用電気料金の値上げを申請した会社とそれ以外の会社の地域ではどのくらい差が生じるのでしょうか。(2023/2/11)

平均年収は男性が600万円、女性が490万円:
女性エンジニアに立ちはだかる「60万円の壁」 groovesが男女間の賃金格差に関する調査結果を発表
groovesは、「ITエンジニアの男女間賃金格差」についての調査結果を発表した。男性賃金の中央値を100として算出する男女間賃金格差は81.7ポイント。エンジニアが転職した際の昇給幅でも、男女間の差が大きいことが分かった。(2023/2/9)

アソビュー代表ら、発起人4名が会見:
見過ごされる子どもの“体験格差” 3年間で1000人に体験機会提供へ、プロジェクト発足
1月26日、「子どもの体験格差解消プロジェクト」が発足。同日記者会見を実施した。社会情勢の変化や家庭環境などの要因から、「体験格差」が深刻化している。25年3月末までの3年間で、困難を抱える子どもたち1000人への体験機会を提供する。(2023/1/26)

先進国で最低レベル:
女性社員が茶くみや菓子配り 「ジェンダー格差」の背景にひそむ日本社会の「同調圧力」とは?
女性社員にのみ朝晩の掃除をさせる。飲み会で上司の空いたグラスに気付かないと「女子力がない」と評価される――。2020年代の日本に存在する、職場のジェンダー格差のほんの一例だ。性別による仕事の押し付け、不当な評価。誰もが「おかしい」と感じているのに状況が一向に改善されないのは、一体なぜなのか。背景を探ると、日本社会に特有の「同調圧力」の正体が浮かび上がる。(2023/1/27)

採用の真実とウソ:
広まる「採用格差」 中小企業と学生が、ますます苦しむことになる理由
2024年度卒の就活から採用直結型のインターンシップが解禁される。これをきっかけに「採用格差」が広まり、中小企業と学生が、ますます苦しむことになる可能性が高い。それはなぜか?(2023/1/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
増えるのは給料だけなのか? ユニクロ「年収最大4割増」「初任給30万」を素直に喜べないワケ
物価上昇、実質賃金の目減りなどが深刻化する中、ユニクロなどを運営するファーストリテイリングが、大幅な賃上げを発表して話題となった。足元では大企業のボーナス伸び率が過去最大となるなど、格差社会の深刻化を感じさせるニュースが増えている。さらには差別的なネットミームも流行しているようで……。(2023/1/13)

調査レポート:
H&Companyが建設業の離職理由と給与動向を調査「中小企業の給与水準向上が離職を食い止める糸口に」
H&Companyは、建設技術者の離職理由と給与動向について分析し、レポートにまとめた。その結果、建設業の離職理由として「収入が少ない」が最多となったが、平均年収は、他産業と比較して約70万円高い一方で、大手企業と中小企業の年収格差が大きいと分かった。(2022/11/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。