ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「格差」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「格差」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

MVNOは減益・赤字企業が増加 東京商工リサーチ調べ
東京商工リサーチは、5月11日に「格安スマホ業者」業績調査を発表した。主要104社の売上高合計は2期連続で増収した一方、減益・赤字企業も増加しており企業間格差が広がっている。(2021/5/11)

オンライン授業導入に差、大阪市の小中
緊急事態宣言の発令に合わせ、大阪市立小中学校で26日から始まったICTを活用したオンライン学習。ICT活用が進む学校でオンライン授業が始まった一方、いつ始まるかも不明な学校もあるといい「学習の格差が広がるのでは」と懸念する声も出ている。(2021/4/28)

子どもにはかわいい星のトッピング、お母さんのは…… 親子の格差カレーが「愛情の表れ」「尊い」と話題
子どもが小さいうちは、親の主食は残り物。(2021/4/19)

TechTarget発 世界のITニュース
コロナ禍で「DX」の先進派と後進派に格差 Accentureが調査
Accentureが技術トレンドに関する調査レポートを発表した。調査レポートによると、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが企業のDXを加速させる一方で、企業間の収益の格差を広げた。(2021/4/15)

非正規雇用をめぐる現状【後編】:
基本給、住宅手当、賞与……その処遇格差は合理的? 「同一労働同一賃金の裁判例」から学ぶ判断基準
賃金を構成する基本給、家族手当、住宅手当、賞与、退職金について、最高裁の判断が示された事例を紹介します。(2021/4/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(76):
格差が広がるテレワーク。「働き方の変化に対応できない」と焦っているあなたへ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大で、働き方が大きく変わり始めています。しかし、「うちの会社、テレワークNGなんだ」と実践できなくて焦っている人、いませんか?(2021/4/14)

広テレやドコモらが協力して「遠隔バスケットボール教室」を開催 5Gで遠隔地から指導支援
広島テレビ放送(広テレ)やNTTドコモ中国支社など7社が、遠隔地でのスポーツ指導格差の解消を目的とした「遠隔バスケットボール教室」を実施した。5G回線を活用し、映像伝送技術やストリーミング配信技術を使いつつ、VRスポーツ指導コンテンツを配信した。(2021/3/23)

国内企業のAIへの取り組みに格差が広がる IDCがAI活用の成熟度調査を公開
IDCは、国内企業を対象にAI活用の成熟度を分析した「IDC MaturityScape Benchmark: Artificial Intelligence in Japan, 2021」を発表した。企業のAIの活用に関する成熟度を5つのステージに分類する。(2021/3/18)

2020年の睡眠時間、世界的に増加 ただし“格差”広がる 日本は……?
世界各国500万人分のデータから、運動や睡眠、年末の体重変化を分析し、2019年と20年のデータを比較したレポートを発表した。結果は?(2021/3/13)

5Gワゴン車で変える過疎地 Society 5.0社会の快適な暮らし
5G装備のワゴン車が地域に出かけ、行政や医療のオンライン相談や各種申請などを受け付ける出張型サービスの実証実験を、新年度から鳥取県が行う。高齢化や過疎化の進展で年齢や地域によって格差が生じている生活の質の改善につなげられるか注目される。(2021/3/2)

スピン経済の歩き方:
「女性社外取締役」が増えると、男女格差が広がる皮肉なワケ
オリパラ組織委員会の会長人事の議論が盛り上がるなか、民間企業では着々と女性の経営参画が進んでいる。不二家が女優の酒井美紀さんを社外取締役に大抜てきしたが、筆者の窪田氏は「女性社外取締役が増えれば増えるほど、男女格差が広がっていく」という。どういう意味かというと……。(2021/2/16)

宮城県は東北6県で最弱? 東北地方の寒さと雪を“四天王”風に表現したイラストで分かる格差がすごい
青森の圧倒的ラスボス感。(2021/2/9)

Google、賃金格差のあった女性やアジア系エンジニアに総計約260万ドル支払い
Googleは、女性や非白人従業員の賃金差別に関する申し立てで米労働省と和解する条件として、5500人以上の従業員と求職者に総計約4億円を支払う。(2021/2/2)

パンデミックがもたらした人事の課題【前編】
新型コロナで「男女間の賃金格差」が拡大? Gartnerが語るこれからの人事
企業活動に大きな混乱を引き起こした新型コロナウイルス感染症は今後、人事部門にどのような影響を及ぼすのか。Gartnerに聞いた。(2021/1/26)

IDC、国内IT市場の地域別予測を発表 2021年は地域格差が浮き彫りに
IDCは、2020年9月末時点のCOVID-19による影響を考慮して、国内IT市場の地域別予測をアップデートした。2020年は、インバウンドや観光需要の消失、製造業の停滞の影響を大きく受けて地域別で見ても各地域でマイナス成長だった。2021年どう改善されるのだろうか。(2021/1/19)

「これからの働き方」基本設計はどうあるべきか?
「緊急テレワークが“進む力”の格差をあぶり出した」MS西脇氏が語る新しい選択肢
緊急のコロナ禍対応で戦略よりも実務を優先せざるを得なかった企業では、対応が一段落した今、改めて「これからの働き方をどう設計するか」が課題となってきた。先行する企業によれば「変えないこと」の見極めが重要だという。その真意は。(2021/1/8)

「また地方格差」 ポケモンGOの「THE NORTH FACE × GUCCI」アイテム配布にプレイヤーから嘆きの声
ポケモンGOで1月5日から「THE NORTH FACE × GUCCI」のアバター用着せ替えアイテムの無償配布が始まりました。しかし配布場所が限定的だったため、SNSでは「また地方格差」と嘆きの声が上がっています。(2021/1/6)

都会にいては分からない、地方銀行のオンラインバンキングに嘆息した話
地方在住の小寺信良さんが、オンラインバンキングの地方格差について実体験を語る。(2020/12/24)

正社員調査:
2万人調査、コロナ禍で拡大する「テレワーク格差」――継続希望者は増加するも……
正社員のテレワーク実施率調査。横ばい傾向だが「格差」が拡大。大企業と中小で差が広がっている。(2020/12/17)

事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【前編】
DXの成功には「従業員のスキル向上と再教育」が不可欠な理由
デジタルトランスフォーメーションを推進する企業が自動化技術や人工知能技術といった最新技術を導入すると、いずれ「従業員のスキル格差」の問題に直面する。こうした問題を解決するために必要なアプローチは何か。(2020/12/15)

7割超の就活生が「コロナの影響を受けた」 オンライン就活で「地方就活生の格差是正」などポジティブな声も
2021年の新生活はどのようになっているのでしょうか。(2020/11/5)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
ボーナスは“特権”か 「低賃金で何が悪い?」正当化され続ける非正規格差
非正規社員の賞与や退職金を巡る判決があったが、すぐに議論は鎮火した。女性を低賃金で雇うことが当たり前になった時代から変わっていない。非正規労働者は増加し、貧困問題に発展しているのに「自己責任」で片付けてきた。雇用問題の在り方から議論が必要だ。(2020/10/23)

【特集】人材採用、育成のDX:
「新常態」で企業格差が広がる――日本の採用、育成のDXはなぜ遅れてしまうのか 成長のヒントを探る
テレワークを中心に新しい働き方の模索が続く一方、人材の採用や育成をどう「新常態」に合わせるのか。企業や組織の人材コンサルタントは「日本企業のDXの遅れは、採用や育成の面でますます欧米との格差を広げている」と警鐘を鳴らす。それはなぜなのか。また、採用や育成を見直したい企業は、どこから手を付ければいいのか。(2020/10/21)

マイナビ調査:
既卒学生の内定率34.4%、現役生と格差拡大――コロナ禍で就活後ろ倒し影響
既卒者の内定率は34.4%、コロナ禍で前年より減少。特に現役生との格差が拡大。採用活動の後ろ倒しが響く。(2020/10/15)

公務員のテレワーク率15.9%、デロイトの実態調査で判明 国・都道府県と区市町村で格差も
デロイトトーマツが公務員1000人に対して勤務の実態調査を行い、在宅勤務率が15.9%ということが分かった。内部システムへのアクセス環境を要因に挙げる回答者が多くを占めたほか、テレワーク実施を巡る国・都道府県と区市町村の格差も明らかになった。(2020/9/30)

テレワーク経験率、東京と地方で30ポイント超の“格差”
テレワーク経験率に東京と地方で30ポイント以上の差があることがリクルートキャリアの調査で分かった。同社はテレワーク未整備の企業に対し、「人材求心力と生産性の二重の低下のリスクを抱えることになる」としている。(2020/9/10)

「誰でも使えるシステムがすぐ必要だった」 オンライン授業迫られた文系大学の奔走 タイムリミットは2週間
新型コロナウイルスの影響を受け、オンライン授業の実施を迫られた小樽商科大学。教員内のITリテラシーに格差があり、シンプルで安価な配信システムを2週間で構築する必要があった。(2020/8/19)

中堅・中小企業のテレワーク、社員のITリテラシー格差が課題に 「Web会議が円滑に進まない」などの声
従業員数が100〜999人の中堅・中小企業では、社員のITリテラシー格差が課題になっていることが、デル・テクノロジーズの調査で分かった。Web会議ツールなどの習熟度に個人差があり、業務の進行を妨げているという。(2020/8/5)

「テレワークを今後も継続」は約半数、デル・テクノロジーズが中堅企業IT投資動向を追跡調査
中堅企業は直近の半年間で、テレワークの実施率が大幅に増加した。ただし「今後テレワークを継続しない」と回答した割合も高く、その理由は社員のITリテラシー格差にあった。(2020/8/5)

「課長とWeb会議をすると準備に10分かかる」:
今後も継続しない理由は「従業員のITリテラシー格差」 デル・テクノロジーズが中堅企業IT投資動向を追跡調査
デル・テクノロジーズは、中堅企業IT投資動向調査2020の追跡調査の結果を発表した。テレワークの実施率は大幅に増加したが、今後テレワークを継続しないと回答した割合も高かった。その理由は、「従業員のITリテラシー格差」にあるという。(2020/8/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
コロナ禍で“ぼろ儲け”の億万長者と困窮する労働者 格差大国にみる悲惨な現実
経済大国・米国の新型コロナによる影響は悲惨だ。大手IT企業のトップなど、コロナ禍で資産を大幅に増やした億万長者がいる一方、マイノリティーを中心に失業率が上昇、高リスクの現場で働かざるを得ない人も多い。貧富の差や健康格差がさらに広がっている。(2020/7/2)

思考停止は大敵:
コロナで広がる採用格差 「採用弱者」にならないために採用担当者が知るべきコト、やるべきコト
新型コロナでこれまで以上に広がっている採用格差。ウィズコロナ、アフターコロナで「採用弱者」にならないために、採用担当者が知っておくべきこととやるべきことはどんなことなのだろうか? 人事領域に詳しい高橋実氏が解説する。(2020/6/23)

LINE、オンライン診療サービスを今夏リリース LINE Pay連携や予約機能も検討 「医療格差を是正する」
LINEヘルスケアが、2020年夏をめどにオンライン診療サービスをリリースすると発表した。ビデオ通話での診療を軸に「LINE Pay」との連携や予約機能の搭載を検討するという。「LINE」内の新機能か新しいモバイルアプリとして提供し、医療費や待ち時間の削減、医療格差の是正などの実現を目指す。(2020/5/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナに苦しむ飲食店の“救済”に格差 カリスマシェフが指摘する重大問題
新型コロナの影響に苦しむ外食産業。家賃支援に関する与野党の法案が出そろったが、政府の対応が遅いので連鎖倒産の可能性を指摘する声も出てきた。(2020/5/19)

KAMIYAMA Reports:
コロナ後の世界 緊急事態から格差縮小へ
財政政策の重要性について、コロナ・ショックの前後で社会の認識が大きく変わる。財政政策を担当する政府と、金融政策を担当する中央銀行の重要性が増すだろう。「コロナ後」の人々は、政府の管理などを以前よりも信頼するようになり、“自由からの逃走”(権力への依存)の傾向が強まるかもしれない。また、GAFAなどと呼ばれるSNSの「プラットフォーマー」たちは、社会的存在意義が増すとみている。(2020/5/18)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
新型コロナ禍は“ガラケーおじさん”を進化させるのか?
新型コロナウイルスによってテレワークをする人が増えている。しかし、全社的なテレワーク体制に移行できない企業も存在する。会社間のITリテラシー格差の問題をどう解消すればいいのだろうか。(2020/5/1)

2.5万人緊急調査:
新型コロナ下、正社員と非正規の残酷な「テレワーク格差」明らかに
パーソル総研が全国のテレワーク状況を調査したところ、正社員と非正規で実施率に大きな差が出た。飲食・小売りに非正規が多い点などが背景にあるとみられる。(2020/4/17)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
現金給付一律“断念”の裏で……日銀「最大12兆円株購入」がもたらす2つの大問題
日銀はETF(上場投資信託)の年間買い入れ額を12兆円と、従来の6兆円から2倍規模にまで拡大することを決定した。日銀による巨額のETF買い付けは、さまざまな点で歪みを生じさせ得る。国民の経済格差拡大を助長、そして企業統治にも歪みを生じさせる。(2020/4/3)

外国人労働者の約6割が知らない「同一労働同一賃金」制度導入 国籍や年齢での理不尽な格差に疑問も
今年4月1日からの実施を前に、日本にいる外国人に調査。(2020/3/26)

不信感、諦めが目立つ現場の声:
同一労働同一賃金で得するのは非正規社員ではなく「会社」や「業者」? 不当な“搾取”や月収激減の実態が明らかに
エアトリが同一労働同一賃金に関する調査結果を発表。非正規社員の意見からは「諦め」や「不信感」が目立った。中には「派遣料金が10%以上アップしたのに、派遣への還元は3%」という声も。本当に、不合理な待遇格差を改善できるのか。(2020/3/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
安倍首相の根拠なき“英断”で浮かび上がる「階級社会・日本」の縮図
新型コロナウイルス対策で始まった臨時休校に伴う保護者への補償について、企業の従業員と、フリーランスや自営業者の“格差”が議論になっている。今回の騒動で「階級社会」が表面化。アンダークラスの人たちがさらに苦境に立たされることになるかもしれない。(2020/3/13)

今日のリサーチ:
日本の女性は学歴や所得にかかわらず最も悲観的で自信がない――LinkedIn調査
「仕事で実現したい機会に対する意識調査(Opportunity Index 2020)」から、男女格差に焦点を当てた結果を発表しました。(2020/3/6)

データで変わる女子テニス【前編】
資金難の選手にもデータを使う権利を 女子テニス協会「分析システム開放」の訳
女子テニスの選手やコーチはデータを活用して、対戦相手の戦術の傾向を明らかにできるようになった。一方で実力に伴う資金力の差が、さらなる格差を生む懸念がある。その打開策を模索するWTAがSAPと組んだ狙いとは。(2019/12/30)

頭脳放談:
第235回 Intelの量子ビット制御チップが量子コンピュータ格差を生む?
Intelからまた量子コンピュータに関する発表があった。ただ、今回の製品は、量子デバイスではなく、特殊な半導体だ。この製品の意味するところは何なのか、考えてみる。(2019/12/23)

早い? 遅い?:
男女格差の解消には約100年かかる? 日本は121位にランクダウン
グローバル・ジェンダー・ギャップは政治分野で縮小したものの経済面は拡大傾向。世界的な男女格差の解消は99.5年後になると世界経済フォーラムが予想している。(2019/12/17)

ヤフーとLINEの統合にみる生存戦略 情報経路の“世代間ギャップ”が次世代サービスを変える
身近にある“情報格差“。サービスを設計するときは、世代による“情報への接触方法”の違いを考える必要がある。(2019/12/10)

就活だけでなく就職後も苦労……:
「世代間格差」が明らかに? 人生、仕事への満足度、ともに「氷河期世代」が突出して最低 対照的に満足度が高かった世代は……
PGF生命が「人生の満足度に関する調査2019」の結果を発表した。人生、仕事とともに「就職氷河期世代」の40代が突出して低かった。つらい時代を乗り越えて就職しても、その後の満足度が低くとどまっているようだ。対照的に、両方とも高い満足度を感じている世代は?(2019/12/5)

やっぱり外資系企業は報酬が高い?:
課長の平均年収は932万円、部長は? 外資との「格差」も明らかに
日本で活動する企業の報酬状況が発表。日系企業と外資系企業合わせて679社が参加した。調査結果では課長職や部長職の平均年収も明らかになった。日系企業と外資系企業の報酬格差も合わせて発表し、特に役職者以上で顕著な開きがあった。(2019/12/3)

データが変えるミュージアムのユーザー体験【後編】
稼げるミュージアムは芸術や科学だけでなく「データ」を理解する
博物館や美術館(ミュージアム)の運営にデータ分析は重要な鍵になる。大規模ミュージアムではデータに関心を示すが、そうでないミュージアムも多く、情報格差が広がっている。(2019/11/11)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
カネがなければ諦めろ? “身の丈”に合わせる英語民間試験導入は廃止すべき理由
萩生田文科相の「身の丈」発言も問題視された、大学入試への英語民間試験導入が延期になった。家庭の経済力による機会の格差が、学力、そして“生きる力”に直結する日本社会で、今回の制度導入は貧困世帯の子どもの命をないがしろにするようなものだ。(2019/11/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。