ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「芸能人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!国内芸能人・タレント→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で国内芸能人・タレント関連の質問をチェック

Z世代のなりたい職業ランキング、3位芸能人、2位保育士・幼稚園教諭 1位は?
デジタルネイティブのZ世代(1990年代半ば〜2000年代の初め生まれ)は、将来をどのように考えているのか。15〜21歳の女性114人になりたい職業を聞いたところ、1位は……。(2021/4/7)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「内輪だからいい」では済まない侮辱発言、ハラスメントが続く組織は“コミュニケーション能力が低い”
女性タレントの容姿を侮辱する演出を提案したとして、東京五輪の開閉会式演出の総合統括クリエイティブディレクターが辞任した。「内輪のことだから」と擁護する声もあるが、ハラスメントのほとんどは「内輪」で起きた出来事だ。こうしたハラスメントや差別発言は、無意識の思い込みと、コミュニケーション能力の低さから起こっている。(2021/3/26)

木村拓哉そっくり芸人・元木敦士、Cocomi&Koki,&工藤静香のものまねタレントと“家族写真” 「チームとして頑張りたい」
特徴捉えてる。(2021/3/25)

元チャイドル・吉野紗香、第1子男児の出産を報告 “タレント犬”だった愛犬の旅立ちも
たくさんの思い出の写真とともに伝えています。(2021/3/21)

「調子に乗って出したアイデア」 女性タレントをブタに見立てた五輪演出統括、謝罪文全文を公開
チームメンバーの批判を集め、撤回していたといいます。(2021/3/18)

ジミー大西をAI化 音声対話アプリ「携帯人間AIジミー」開発 ドコモの技術で
タレントのジミー大西さんを再現したAIとの音声対話を楽しめるアプリ「携帯人間AIジミー」がリリースされる。人やキャラとの対話を高精度に再現するというNTTドコモの技術を活用した。(2021/3/16)

「応援してくださっている皆様へ」 ゆりやん&ハマ・オカモトのにおわせ投稿に大勢が釣られてしまう
芸能人、今後ともよろしくお願いしがち。(2021/3/12)

仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
人気女優の演技レッスンがすごい。(2021/3/10)

「日本で注目されるの待ってた」 「NCT 127」YUTA、山Pや山崎賢人を抑え日本人男性タレント部門インスタフォロワートップ
若手ボーイズグループ「NCT 127」のメンバーとして活動。(2021/2/27)

Clubhouseに群がる芸能人 ルール違反の報道に藤田ニコルは「少しイラ」
音声SNSアプリ「Clubhouse」が人気を集めている。新し物好きの芸能人もこぞって参加しているようだが、どうやらYouTubeに乗り遅れたタレントたちの新天地となりそうな勢いだ。一方、Clubhouse内の会話を報道する週刊誌もあり「ルール違反」と指摘する芸能人もいる。(2021/2/16)

ジャニーズ事務所、所属タレントの名前を使ったクラウドファンディングに注意促す
非公式のプロジェクトについては、内容を慎重に確認するようにと呼びかけています。(2021/2/6)

城田優かと思ったら武井壮でした 勘違いされる芸能人あるあるに「混乱していたのでは」「どっちもいい漢」
こんがらがって参りました。(2021/1/18)

圧倒的勝ち組感 上地雄輔、だだっ広い自宅リビング公開 アンミカすらビビらせる
ザ・芸能人の自宅って感じ。(2021/1/7)

自衛隊出身タレント・かざり、初ダイエット本の魅了詰まったアザーカット 「自衛隊体操」で注目集める
凛々しさとかわいらしさの融合。(2020/12/28)

芸能人たちのクリスマスイブは? 本並健治&丸山桂里奈夫妻は自宅でディナー、加藤茶は妻にダウンジャケットをプレゼント
自宅でのんびり過ごす人が多そう。(2020/12/24)

TVとYouTube、コロナ禍で“相互乗り入れ”加速
2020年はYouTuberが頻繁にテレビ番組に登場した。逆にYouTubeに進出し新しいファンを開拓しているベテランのテレビタレントもいる。コロナ禍で人々のテレビや動画の視聴時間が増加し、この“相互乗り入れ”が急加速した一年となった。(2020/12/18)

警察・自治体のタレント広報戦略変化 YouTuber起用も
情報発信の顔として、タレントなどの著名人を起用する警察や自治体は多い。著名人側もイメージアップにつながると協力に積極的だ。SNSの普及とともに、YouTuberやVOCALOIDキャラを起用するなど、その戦略にも変化が現れているようだ。(2020/12/14)

突然のヤマンバギャル! 朝日奈央、「MAX」新曲MVで女優として開花しそうになる「オチをつけようとすな」
あなたは立派なバラエティータレントだ。(2020/12/11)

VTuber支援の「upd8」、年末で終了 「事業的に継続が難しくなった」
Activ8が、バーチャルタレント支援プロジェクト「upd8」を12月31日に終了する。終了の理由は「事業としては力不足で黒字にできなかった」としている。(2020/11/2)

VTuberが歌声合成ソフト音源に CeVIO AI音源「可不」を冬発売
タレント事務所KAMITSUBAKI STUDIOが、歌声合成ソフト「CeVIO AI」向けにVTuber「花譜」をモデルにした音源「可不」を冬に発売する。(2020/10/12)

“イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
まぶしすぎる。(2020/10/8)

“ディープフェイクポルノ”初摘発 AIで演者と芸能人の顔を差し替え公開した疑い 千葉県警
警視庁と千葉県警が、“ディープフェイクポルノ動画”を公開したとして、男性2人を名誉毀損と著作権法違反の疑いで逮捕した。ディープフェイクによるポルノ動画を巡る逮捕は初。(2020/10/2)

VTuber「にじさんじ」事務所、タレントを誹謗中傷から守るチーム設置 通報も受け付け
VTuber集団「にじさんじ」のいちからが、所属VTuberやタレントをストーカー行為やネット上での誹謗中傷から守るための「攻撃的行為及び誹謗中傷行為対策チーム」を設置。ファンからの通報も受け付ける。(2020/9/1)

好きな芸能人にタメ口でリプライ→ブロック NGなSNS利用にダメ出しする『アスクミ先生に聞いてみた』16時間目
SNS上の相手との距離感、間違ってない?(2020/8/17)

手越祐也、著書の女性芸能人“実名記載”を謝罪 ジャニーズ時代は“守られていた”ことを「痛いほど痛感」
著書に女性芸能人の実名を列挙した理由をあらためて説明した手越さん。(2020/8/11)

三浦春馬さんの訃報に、西川貴教、斎藤工、小手伸也ら芸能人から追悼の声 「ブラッディ・マンデイ」共演の吉瀬美智子は「寂しすぎる」
ご冥福をお祈りします。(2020/7/19)

「ヘキサゴン時代とは大違い」 つるの剛士、大学初の試験結果が“おバカタレント”返上の好成績
保育士を目指して短大生となったつるのさんの初試験。(2020/7/11)

Nizi Projectの完結に「GLAY」TERU、指原莉乃ら芸能人も涙 「13人のみんなに本当にたくさんのことを教えてもらいました」
夜更かしした人も、しなかった人もとりあえず泣いた。(2020/6/26)

「キュンとした」「かわいさが異次元」 安達祐実、YouTuberの“一番大好きな芸能人から祝われるドッキリ”動画出演で神対応
女神ですね(ニッコリ)。(2020/6/23)

「誹謗中傷ログを自動保存」 弁護士事務所が有名人向けサービス 仕組みに疑問の声、一時停止に
アトム法律事務所弁護士法人は、タレントや有名人などに対する中傷ツイートを自動保存し、発信者に対して警告文を送付するサービスを始めた。しかし、「各方面から『Twitter内での表現を萎縮させる』との意見が来た」として、一時的にサービスを停止している。(2020/6/10)

「影分身の術スゴイ」「どちらが本物?」 小林幸子、そっくりタレントと“おうちデュエット”に反響
小林さんが自分とデュエットしてるのかと思った。(2020/6/5)

吉本興業とUUUMが資本業務提携 吉本所属タレントの約800チャンネルがUUUMと共同運営に
強力タッグ。(2020/4/28)

UUUMと吉本興業が資本業務提携 芸人YouTubeチャンネル強化やYouTuberのテレビ進出も
吉本興業に所属するタレントのYouTubeチャンネルを共同で運営する他、UUUM所属クリエイターのマスメディア進出などで協業する。(2020/4/28)

バーチャルタレント「キズナアイ」が独立 新会社「Kizuna AI」設立
Activ8からキズナアイのプロデュース・マネジメント事業を分社化します。(2020/4/24)

芸能人“自撮り繋ぎ”浜辺美波、中村倫也、神木隆之介へ 池田エライザ&橋本環奈も参戦で「神リレー」と話題
映画「屍人荘の殺人」で共演した浜辺美波さん、中村倫也さん、神木隆之介の3人がそろう。(2020/4/16)

「宝を奪ったコロナが憎い」「志村早すぎるよ」 ドリフメンバーが志村さん逝去にコメント ネットでは多数の芸能人から悼む声
所属事務所を通してコメントを発表しました。(2020/3/30)

志村けんさん亡くなる ネットに悼む声広がる
新型コロナウイルスに感染し、3月20日から入院していたタレントの志村けんさんが29日夜に亡くなった。ネット上では志村さんを悼むコメントがあふれている。(2020/3/30)

「親も参加できず」「全員体温を測り、マスク着用」 つるの剛士、スザンヌら“芸能人パパ&ママ”が厳戒態勢の卒業式を報告
先生方は本当に大変だ。(2020/3/19)

渡辺直美、YouTubeチャンネル開設 いきなり7時間40分超えの長時間配信でファンの度肝を抜く
芸能人で生配信メインは珍しい。(2020/3/16)

「やっぱ芸能人はオーラがすごい」 桐谷美玲、TikTok初降臨でティーンのカリスマ・山之内すずとの“美女コラボ”に反響
女神降臨。(2020/3/6)

「困ってる人の足元みてる感じ……」 秋野暢子、マスクを60枚8000円で高額購入 中には送料2万円の商品も
芸能人のマスク事情いろいろ。(2020/2/25)

ヒロミが55歳の誕生日 1人バースデーで“あるもの”を自分自身へプレゼントし「こんな55憧れるな〜」「チョイスがプロすぎ」の声
軽トラを乗り回す芸能人。(2020/2/13)

頭いい子が生まれそう! 東大タレント・八田亜矢子、第1子妊娠を報告「期待と不安が半々」
夫は東大の同級生。(2020/2/10)

アイドルグループ「嵐」のチャンネルも人気:
インフルエンサーパワーランキング2019が発表 HIKAKIN、はじめしゃちょーを抑えてトップに輝いたのは?
2019年中のインフルエンサーに関するランキングが発表。チャンネル総再生回数のトップには東海オンエアが輝いた。HIKAKIN、はじめしゃちょーはそれぞれ7位、6位で世代交代か。19年は芸能人のYouTube進出も目立った。(2020/1/20)

成人の日に花が咲いた! 永野芽郁、大原優乃、西野未姫ら、新成人タレントが振袖姿で輝きを放つ
やっぱり振袖は最高だな。(2020/1/13)

「このお仕事してるから仕方ないとは思ってるけど」 ゆきぽよ、盗撮被害訴え自粛を呼びかけ
たびたび芸能人から被害について言及されています。(2020/1/10)

連載「オタクの幸せ」:
署名、公開質問状、調査、そしてオリジナル声優復帰へ “映画版の声優が芸能人問題”を乗り越えた「シンプソンズファンクラブ」12年間の記録
【完全版前編】互いの顔も知らず、映画業界への伝手もなかったファンがなぜ奇跡を起こせたのか。(2019/12/26)

森昌子、48年の芸能人生の終止符 「とても幸せな歌手生活でした」と最後のメッセージを届ける
長い間おつかれさまでした!(2019/12/28)

芸能人の逮捕・起訴相次ぐ〜違法薬物は「他者危害」
自己責任では終わらない。(2019/12/13)

就職支援サービスも登場:
芸能人にも「セカンドキャリア」を “事務所圧力”に公取委が見解 「転職支援サービス」も
SMAPや「のん」さんの件で話題となった事務所の圧力。公取委も問題視し、新たな策をまとめ始めた。また、活動を続ける場合だけでなく、引退後の「セカンドキャリア構築」も課題になっている。そんな中、新たに登場した“エージェント”サービスも。(2019/11/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。