Special
» 2011年01月11日 00時00分 公開

38歳のラストサムライ、英語学習に挑むひょんなことから英語を勉強することになりました(2/12 ページ)

[PR/Business Media 誠]
PR

 私、スギモトはアイティメディア企画営業を行う男性38歳「誠世代」のサラリーマン。仕事は結構デキるほうと自負していますが、英語だけは避けて生きてきました。そう、私は日本大好き。海外になんか行ったことはありません。日本人なんだもの、日本にいれば生きていけるじゃないですか……。

 しかし最近、最愛の嫁が「パスポートの期限が切れるので海外旅行に行こう」と言いだしました。海外なんて行きたくない。というか、英語が話せない。「英語に抵抗があるんだよね〜」とうっかり会社で話していたら、この企画の“人柱”になることが決定。ロゼッタストーンなる英会話学習ソフトを使い、英語を勉強することになってしまいました。

 「ほかの英語学習法とは違う」「効果が実感できなかったら、30日以内なら返品OK」と、えらく自信満々なこのソフト。本当に英語が話せるようになるのか? 外国人恐怖症は克服されるのか? 本連載では、38歳ラストサムライ・スギモトの挑戦を長期レポートします。


2010年3月 ロゼッタストーン2カ月目

 みなさま、こんにちは! 「ロゼッタストーン」で英語を勉強中のスギモトです。

 読者の方々の中には「どうせ続いていないんだろう?」と思われた方もいたのでは。しかし、私の決意はそんなにもろくはありません! というより、実はやってみると結構面白くて、おかげで挫折することなく続いている、というのが今のステータス。3月で無事に2カ月を経過しました。今月はどんな感じだったかというと……。

3月某日 スピーチ解析機能を知る

 ロゼッタストーンの英語は大分類で5つのレベル、その下に4つのユニット、さらにその下に4つのレッスンに分かれており、下図のように、自分の進み具合を確認できる。つまり私は今、レベル1のユニット1のレッスン4まで来ているということになる。

進度を確認できる。レベル1のユニット1は「言語の基礎」なので、あまり進んでいないということですが……

 そのレベル1のユニット1のレッスン4で、私は足止め状態に陥った。言語の基礎らしく、「table」の「ta」と「ble」を分けて発音するフェイズなのだが、この「ble」の発音でなかなかOKが出ないのだ。自分では言えているつもりなのに、全然OKが出ない。

 「ブル」「ブル」「ブル」「ブル」と何度も言っていると、嫁から「細かな発音がチェックできる“スピーチ解析機能”を使ったら?」とアドバイスをもらった。ユーザーズガイドを見てみると、なるほど、発音の細かな解析ができるようだ。説明書を読んでいない自分を恥じながら、早速使ってみた。

 使ってみると、確かに違う。画面右上の上がネイティブの発音、下が私の発音だ。グラフで見て違いを理解できるが、ここではもう1つ機能がある。私の発音が自分で聞ける、という機能で聞いてみると違いがより鮮明に分かった。

 ネイティブの発音との違いに気を付けつつ、発音してみると……おお、ついに「OK」が出た! 一度コツが分かると、以後はすぐにOKが出るようになって楽しい。

右上のグラフでネイティブの発音との違いを確認できる 右上のグラフでネイティブの発音との違いを確認できる

初めての“やりなおし”。屈辱の後には感動が……

 次は文法。ここで私は屈辱的なイベントを体験することになってしまった。どの場合が「has」で、どの場合が「have」になるのか分からず、大幅に間違えてしまったのだ。ようやく終わったと思ったら、次のような画面が出てきた。今まで出たことがなかったが、やり直しらしい。

屈辱的なやり直し

 しかし、もう一度やり直してみると、すんなりOK。自分の中でこれは「has」、これは「have」ということが直感的に理解できたような気がする。やり直しを宣告された時はショックだったが、逆にこの直感を得られたことに、自分でもかなり感動した。

 そうこうしているうちに、レッスン4のラスト「マイルストーン」にたどりつく。「このレッスンでとりあえず終わりか」と気合いを入れて開始すると……右からどんどん画像が流れてきて、紙芝居のように進んでいくではないか。どうやら私は犬を連れて、ピクニックに来ているという設定のようだ。紙芝居はどんどん進み2人の男女に出会い、にこやかに「Hello」と言われたその時……

 「ポン」

 これは、自分が話すタイミングで鳴る音。か、会話をするのか……。これには意表を突かれて、口と頭が付いてこなかったため、正解率は50%でやり直しに。しかし、もう一度やってみると、正解率100%でユニット1の有終の美を飾れた。結構楽しいじゃないか。

話しかけられたぞ! 話しかけられたぞ!

 このマイルストーンは慣れると非常に愉快だ。私がかつて英会話から逃走した大きな原因の1つは「パニックになって、口と頭が付いてこない」という経験がトラウマになっていたからだが、これを繰り返せば外国人との会話も慣れずにできる……気がする。少なくともピクニックに行って外国人に会った時と、テーブルを見つけた時は何とかなりそうだ。

 次はユニット2の「あいさつと紹介」だ。私の挑戦はまだまだ続く。

ロゼッタストーン購入のご案内

ロゼッタストーン購入のご案内

 ロゼッタストーンは、レベル別でご購入いただくことができます。オンラインバージョンもございます。

 効果が実感できなかった場合、ご購入後30日以内なら開封していても返品が可能です(ロゼッタストーン・ジャパンからの直接販売によるCD版に限ります)。

 →詳細はこちらから

 →購入はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ロゼッタストーン・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:Business Media 誠 編集部/掲載内容有効期限:2013年3月31日