Special
» 2011年01月11日 00時00分 公開

38歳のラストサムライ、英語学習に挑むひょんなことから英語を勉強することになりました(5/12 ページ)

[PR/Business Media 誠]
PR

 私、スギモトはアイティメディア企画営業を行う男性38歳「誠世代」のサラリーマン。仕事は結構デキるほうと自負していますが、英語だけは避けて生きてきました。そう、私は日本大好き。海外になんか行ったことはありません。日本人なんだもの、日本にいれば生きていけるじゃないですか……。

 しかし最近、最愛の嫁が「パスポートの期限が切れるので海外旅行に行こう」と言いだしました。海外なんて行きたくない。というか、英語が話せない。「英語に抵抗があるんだよね〜」とうっかり会社で話していたら、この企画の“人柱”になることが決定。ロゼッタストーンなる英会話学習ソフトを使い、英語を勉強することになってしまいました。

 「ほかの英語学習法とは違う」「効果が実感できなかったら、30日以内なら返品OK」と、えらく自信満々なこのソフト。本当に英語が話せるようになるのか? 外国人恐怖症は克服されるのか? 本連載では、38歳ラストサムライ・スギモトの挑戦を長期レポートします。


 梅雨シーズン突入。スッキリしない天気が続きますが、みなさんいかがお過ごしですか?

 最近は嫁が大好きなBerryz工房の曲『付き合ってるのに片思い』を目覚ましに、日々さわやかな朝を迎えるスギモトです。「Wow Wow」や「Yeah Yeah」という歌詞が入っているので、朝から英語に親しめるというわけです(編注:日本語歌詞が95%を占める曲です)。

2010年6月 ロゼッタストーン5カ月目

 5月はレベル1のユニット3の終わりまで進んだが、6月に学習するユニット4のテーマは最近、自分から行くことがなくなった「ショッピング」だ。

 これまでいろいろと苦労してきたが、唯一の救いは「単語」で分からないことはなかったこと。しかし! ここにきて「grocery store」といった謎の単語群が容赦なく押し寄せてくる。発音も「jewelry」が「ジュエリー」ではなく「ジューリー」であることを知るなど、新しい発見が目白押し。新しいことを学ぶのに楽しみを感じていた一方、「a」と「an」の違いにまだ悩んでしまうのは予想外ではあったが……。

 テーマがショッピングなだけに、「euro」「pound」「dollar」といった通貨も出てきて、ちょっとした買い物気分にひたっていたのだが、私、海外に1度も行ったことがないため、「何で払います?」の問題で出てきた単語、「check」には戸惑ってしまった。「現金で払う」が正しいのだが、「チェック(確認)して払います」の意味だと本気で思っていたなんて、人には言えない……。

checkて何?

 また、「check」と「credit card」はwithの後に「a」が付くが、「cash」だけは付かないとか、「at」「on」「in」の使い分けなども出題されて混乱していた私だったが、ここで問題文に大きな変化が現れる。

 何と、会話で例文が出てこなくなったのだ。ここからは、絵を見ながら、会話文を覚えるという難しいスキルが要求されることになる。

例文表示なしでの会話が多くなってきた

分かる! 分かるぞ!

 のほほんと勉強しながら、「今の状態で外国の方と話せるのだろうか……?」とぼんやり思っていた私に、“その機会”は突然訪れた。2010年3月、仕事でエフエックス・オンライン・ジャパン社長(当時)のインタビューに同席することになり、「社長ってどんな人だろう?」とGoogleで検索したところ、以下のような画像が出てきたのだ。

ジェームズ・ガウ社長

 何と英国出身のジェントルマンではないか!

 アジア圏の人なら見た目も日本人に似ているし、「まだ気楽に話しかけられるかな……?」と思うのだが、ガウ社長は私の「ザ・外国人」のイメージど真ん中。ついでに、私が英語を勉強していることを知っている心優しい同僚からは「通訳いらないですよね?」とも言われたが……いるに決まってるじゃないか!

 当日は緊張しつつ対面。まずはあいさつだが、勇気を出して言ってみた。

 「Nice to meet you.」

 すると、ガウ社長も「Nice to meet you.」とニッコリ。おお! 通じてる! それにニッコリされた! この瞬間、私が抱えていたコンプレックスから開放され、「外国の人を見かけたら、目を合わさずさっと逃げる」という防御本能が氷解した。

 そして、インタビューが始まったのだが……分かる! 分かるぞ! ガウ社長が話している言葉はもちろん英語なのだが、何となく分かるのだ。「この単語知ってる」「疑問形だ」といったレベルではなく、何となく話している内容が分かるのだ。

 「こりゃすごい!」とインタビュー中、感動の渦に浸っていた私。しかも……、

スギモト My father used to work at Mazda. But, he has the stock of Toyota.

ガウ社長 HaHaHa!

 という笑い話までできる状態に。

次の挑戦は「旅行」だ!

 自信を得た私に、もはや怖いものはない。レベル1最後のマイルストーンもこの勢いで見事一発クリア。レベル1の有終の美を飾ることができた。

レベル1ユニット4のマイルストーン1

 突然の外国の方とのコミュニケーションもこなした私が、次に挑むのはレベル2のユニット1「旅行」。海外に1度も行ったことがない私にとって、「旅行」はかなりのハードルだが、ガウ社長のインタビューに同席していただいた女性英語スペシャリストの姿を目標に、私の挑戦はまだまだ続く。

ロゼッタストーン購入のご案内

ロゼッタストーン購入のご案内

 ロゼッタストーンは、レベル別でご購入いただくことができます。オンラインバージョンもございます。

 効果が実感できなかった場合、ご購入後30日以内なら開封していても返品が可能です(ロゼッタストーン・ジャパンからの直接販売によるCD版に限ります)。

 →詳細はこちらから

 →購入はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ロゼッタストーン・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:Business Media 誠 編集部/掲載内容有効期限:2013年3月31日