インタビュー
» 2014年10月29日 08時00分 公開

生産台数9000万台超! ホンダのスーパーカブがスゴい仕事をしたら“世界で”売れた(7/7 ページ)

[土肥義則,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

スーパーカブがなければ

現在、日本で販売されているスーパーカブのほとんどは中国でつくられている。写真の熊本工場(2008年撮影)では、一部の車種だけ生産している

土肥: 最後にひとつ聞かせてください。ある人はこう言っていました。「スーパーカブがなければ、今のホンダはない」と。この意見についてはどう思われますか?

広報: そう思いますね。歴史を振り返ると、1958年にスーパーカブが誕生して、翌59年にはロードレース「世界選手権(WGP)マン島T.T.レース」に初めて参戦しました。このレースは「世界一過酷」と言われていて、会社としては「レースに勝てば、世界一になれるきっかけになるのではないか」と考えていました。レースに参戦するには膨大な資金が必要になるわけですが、その費用はスーパーカブでもうけたお金を使っているんですよね。

 また、1964年の東京オリンピックが開催されたときに、F1に初参戦しました。F1に参戦するのにも莫大な資金が必要になりますが、そこでもスーパーカブでもうけたお金を使っているんですよ。当時のホンダはまだクルマをつくっていなかったので、F1に参戦しながら同時にクルマの開発を進めていました。そうしたことができるのも、スーパーカブがあったからなんですよね。なので「スーパーカブがなかったら、今のホンダはなかったでしょう」

(終わり)

編集部よりお知らせ:

世界で売れてる、日本発のヒット商品

「made in Japan」――。かつては“格下”の響きがあったが、今は違う。日本発のヒット商品が次々に生まれ、世界の仲間入りを果たした。国境を越えた商品は、どのように誕生し、なぜ浸透したのか。Business Media 誠ではその謎に迫っていくために特集「世界で売れてる、日本発のヒット商品」をスタートする。


前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -